タルセバを膵がんの治療薬として申請

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

中外薬品が、タルセバを膵がんの治療薬として申請すると発表しました。ジェムザール以外の有効な抗がん剤として治療の選択肢が増えることはありがたいことです。

抗悪性腫瘍剤「タルセバ(R)」
膵がんに対する効能・効果追加の承認申請について

 中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/社長:永山 治](以下、中外製薬)は、上皮増殖因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤 -販売名『タルセバ(R)錠25mg、同100mg』(以下、「タルセバ(R)」)の、膵がんに対する効能・効果追加の承認申請を厚生労働省に行いましたのでお知らせします。

 「タルセバ(R)」は、がんの形成・増殖に重要な役割を果たすたんぱく質の働きを抑制する薬剤です。日本では、「切除不能な再発・進行性で、がん化学療法施行後に増悪した非小細胞肺癌」を効能・効果として承認されています。

 進行・再発膵がんに対しては、海外で行われた主要な第III相臨床試験(PA.3)において、「タルセバ(R)」を標準的な化学療法であるゲムシタビンと併用することで、主要評価項目である全生存期間ならびに副次的評価項目である無増悪生存期間が統計学的に有意に延長することが示されました。これにより、海外では既に膵がんに対する一次治療薬として承認されています。

 中外製薬は、がん領域を重点領域の一つとして位置付けています。膵がんは治療薬の選択肢薬剤が非常に少ないがんの一つであり、年間の国内死亡者数は23,000人以上と推計されています。中外製薬は、この治療の難しい膵がんに対する新たな治療選択肢を患者さん・医療関係者に提供できるよう、承認取得に向けて取り組んでまいります。
                                           以上

●タルセバ(R)について
 「タルセバ(R)」は、がんの形成・増殖に重要な役割を担う上皮増殖因子受容体(EGFR)を標的として開発された低分子の医薬品です。2004年11月に進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)の治療薬として米国で、2005年9月には欧州で承認されています。また、膵がんでは、2005年11月に米国、2007年1月に欧州で承認され、がん治療に貢献しています。
 国内では、「切除不能な再発・進行性で、がん化学療法施行後に増悪した非小細胞肺癌」を効能・効果とし、1日1回の経口投与による治療薬として2007年12月に発売されました。

関連情報
エルロチニブ(タルセバ)Wikipedia
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M000010/200704269957/_prw_open.html
やぶいぬ応援団

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 副作用は軽視しがちだから・・・副作用は軽視しがちだから・・・ TS-1の添付文書の副作用の項には5)重篤な腸炎(0.5%):出血性腸炎、虚血性腸炎、壊死性腸炎等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、激しい腹痛・下痢等の症状があらわれ […]
  • どーもの休日 膵臓がんで、生まれた歳も同じ1948年の近藤彰さんは、ブログ「どーもの休日」を書かれていた方。最後のブログにはこう書かれていた。 すい臓がんの末期患者になってから始めたこのブログ […]
  • オプジーボ難民オプジーボ難民 免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」が非小細胞肺がんに対して使えるようになりました。それ自体は喜ばしいことなんですが、あまりにも高い薬価で、肺がん患者の85%を占める非小細胞 […]
  • 今日の一冊(4)近藤誠のリビングノート 「今日の一冊」はおすすめの本を書いていますが、ときには「お勧めでない」本も紹介してみます。 近藤誠のリビングノート […]
  • タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (1)タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (1) エルロチニブ(タルセバ)が承認されることになり、膵癌に適用される抗がん剤は、ゲムシタビン(ジェムザール)、TS-1に次いで始めて分子標的薬が使えるようになった。1月にNHK「福祉 […]
  • ペプチドワクチン講習会 市民のためのがん治療の会ペプチドワクチン講習会 市民のためのがん治療の会 「市民のためのがん治療の会」のことは、このブログでもたびたび取り上げています。福島原発事故以来、北海道がんセンターの西尾院長の活躍もこのサイトでご存じのことかと思います。 この会 […]

タルセバを膵がんの治療薬として申請” に対して1件のコメントがあります。

  1. kouchan より:

    すみません。丸田浩先生の記事を拝見して、投稿してしまいました。

  2. キノシタ より:

    kouchanさん。
    >記事を拝見して、Bio30しか方法はないと思っております。
    って、私の記事ではBio30に触れたことがないですが・・・。
    そもそも、私はBio30なるものがどういうものなのか、まったく知りません。

  3. kouchan より:

    長男(平成27年11月で8、体重は27㎏)がレックリングハウゼン病です。左腕に腫瘍ができ、痛みがあります。病院では、切除すると左腕にしびれが残るか、ほんの少し麻痺が残るといわれました。そこで、Bio30を試してみたいのです。液体は、飲みにくいみたいで、カプセルやタブレットも販売されているみたいですので、この方法も考えています。カプセルやタブレットは、Bio30の含有量を調節しづらいと思われますが、いかがでしょうか?液体なら、ノンアルコールタイプで、はちみつをたくさん混ぜて飲ませるしか考えられません。なんとか飲ませる方法は、ございませんか?記事を拝見して、Bio30しか方法はないと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  4. massan より:

    私は昨年四月に、膵臓がんの手術を受け、術後六ヶ月ジェムザールをやりましたが、今年四月リンパ節に転移再発が見つかり、再度ジェムザールを二クール受けるも効果なく、保険適用の残る抗がん剤TS1を丁度一ヶ月飲み終えたところです。TS1の効果はまだ不明ですが、主治医からこれで効果がなければもう打つ手はないといわれています。記事を拝見して、NZ特産のプロポリスBio30をぜひ試してみたいと思いますが、何か方法がありますか、どうぞよろしくお願いいたします。

  5. Hiroshi Maruta より:

    私は医者ではなく、薬学者 (分子薬理学者) ですが、主にすいぞう癌や大腸癌など
    の「PAK」という発癌性酵素(キナーゼ)に依存した癌 (癌の7割以上を占め
    る!) の特効薬開発をめざして、海外 (欧米や豪州) で長らく研究を続けています。
    私の略歴については、下記のネット欄 (3回にわたる対談)をご参照下さい!
    http://www.cyclochem.com/interview/007_01.html
    丸田 浩(66、豪州メルボルン永住)
    PAKを特異的に遮断する廉価な (一日たった百円!) NZ特産のプロポ
    リス エキス (Bio 30)について、もし関心があったら、一度メールを下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です