スポンサーリンク

今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』

LINEで送る
Pocket

DP2M4668


 

有名病院の有名腫瘍内科医の先生は、抗がん剤を60%以下まで減量することはまかりならん。それは人体実験になる、とおっしゃいます。武蔵小杉の勝俣医師、前回の記事で取り上げた日赤の里見清一先生もおなじ考えです。

しかし、セカンドラインの抗がん剤治療には、少数の例を除いてエビデンスはないですよね。では、武蔵小杉や日赤でも人体実験をやっているのですか?

その点、地域の臨床現場で日々患者と向き合って入医者は、より現実的です。今回取り上げた加藤隆佑医師は『抗がん剤治療を受けるときに読む本』で、「辛い抗がん剤はがん細胞を育てるだけです」と言い切ります。

最低量である60%まで減量しても、まだ副作用がひどい場合は、更に減量します、と明確です。「投与量は副作用を基準にして決める」のです。

アルコールに強い人も弱い人もいるのに、一律に「ダブルを3杯呑みなさい。2杯までなら減らしても良いです」はおかしいでしょ。抗がん剤もこれと同じで、副作用に強い人も弱い人もいる。少量でも酔う人もいれば、いくら呑んでも酔わない人もいる。一律に決めるのはおかしい。無理をしないで、抗がん剤治療を続けることが大切である。

治療のために生きているのではなく、自分らしい生活をより長く送るために治療を受けている、のだということを忘れないで。

まだまだ良いことを書かれているので紹介する。

  • がんが自然に消えることもある。加藤医師は2つの症例を経験している。自然退縮は500人に一人起きるという説もある。
  • がんを進行させないためにも、食事療法を取り入れるべきである。それもがんの初期からが望ましい。
  • がんの再発を予防したいのなら、生活習慣を大きく変える必要がある。食生活の改善、運動、ストレスの軽減など。
  • 抗がん剤を止めるタイミングを考えておきなさい。
  • 治すために辛い副作用に耐えるという考えは危険です。
  • 軽い運動、リハビリで免疫力を上げ、副作用を和らげる。
  • 自分の死の迎え方について考えておきなさい。

代替療法についても柔軟な考えを持っているようです。

私自身は代替療法に生涯をかけて取り組んでいる医師からトレーニングを受けたとき、代替療法を主軸にして良くなる人を多く見てきました。当初、私は代替療法には否定的な立場だったのですが、考えが変わりました。

基本は標準療法を主軸とし、その上で代替療法を一部取り入れても良いでしょう。ただし、代替療法だけに頼るのは危険です。

私の考えともほとんどの部分で一致しています。

加藤医師は、

現役医師による! 抗がん剤治療相談室』というブログも開設しています。

お勧めの一冊です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • メディネット、抗原ペプチドを用いた樹状細胞ワクチンの臨床試験を開始メディネット、抗原ペプチドを用いた樹状細胞ワクチンの臨床試験を開始 樹状細胞ワクチン臨床試験のニュースです。東京大学とHSP105抗原ペプチドを用いた樹状細胞ワクチンの臨床試験を開始  株式会社メディネット(以下、「メディネット」)は、東京大学医 […]
  • 膵臓がんは足が速いから膵臓がんは足が速いから 先日相談させていただいた方は、まだ五十歳になったばかり、中学生や高校生のお子さんがいます。 胃のあたりが痛いからと、かかりつけの病院に行って超音波検査をしたら、膵臓がんの疑 […]
  • 退院しました。退院しました。 仁淀川:浅尾の沈下橋。仁淀ブルーが美しい。 本日、10日目で退院となりました。やれやれです。病名は「癒着性イレウス」(要するに”糞詰まり”)、2年前の11月と同 […]
  • 甲状腺がんの疑い?甲状腺がんの疑い? 今日は1年ぶりのがん研、定期検査でした。血液検査の結果: HbA1cがまた高くなっている。7.8%。先月地元の病院では7.0だったので徐々に悪くなっている。治療方針を変えるべ […]
  • 三連休に三昧三連休に三昧 この三連休は音楽三昧だった。「三昧」というのは「悟り」と関係がある言葉だそうだ。ヒンドゥー教で『瞑想』が深まり、精神集中の深まった状態が本来の意味、これを拡大解釈して「読書三昧」 […]
  • 今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔 岩木一麻の小説に『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』という作品がありましたが、こちらは中村祐輔先生が、ゲノム医療やリキッド・バイオプシー、ネオアンチゲンについて解説した著作です […]
  • 白根山噴火-日本列島は火山の活動期白根山噴火-日本列島は火山の活動期 白根山(正確には本白根山)が噴火して、1名の自衛隊員の方が亡くなりました。 白根山は火山性微動が観測されて、何年か前にも立入禁止でしたが、元白根山については、そうした兆候はなく […]
  • テレビを見る、笑わない、昼寝は死亡率を上げるテレビを見る、笑わない、昼寝は死亡率を上げる 女性セブン2019年10月17日号からの記事らしいですが、 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です