スポンサーリンク

「一日一万歩」は健康に悪い!

LINEで送る
Pocket

DP3M3272


よく一日一万歩歩け、と言いますが、かえって健康にはよくないという説があります。
「1日1万歩で健康になる」は大きなウソだった

東京都健康長寿医療センター研究所 運動科学研究室長の青栁幸利氏の話です。

  • 「1日1万歩」を目指す、という考えをやめていただきたい
  • 運動のしすぎは、健康効果がないどころか、健康を害することに。なぜなら、免疫力が低下するから
  • 「ほどほどの運動」こそが、あなたの健康に対する「万能薬」
  • 「ほどほど」の運動とは……
    1日24時間の総歩行数=「8000歩
    そのうち中強度の運動(歩行)を行う時間=「20 分
    この2つを組み合わせた数字です
  • 中強度の運動(歩行)とは、「なんとか会話ができる程度」の速歩き
  • 朝のウォーキングはよくない。なぜなら、朝起きた時、人の体は「カラカラの状態」だから。水分がカラカラの状態ということは、血液がドロドロの状態。この状態で血液が無理に流れようとすると、心疾患や脳卒中が起こるリスクが高くなる。

下は私の先月と今月のウォーキングの記録ですが、ときどき一万歩を越えています。一万歩歩くのには1時間半ほどかかります。普通は毎日は無理でしょう。

Wailking

車で旅行に行ったときには、ほとんど歩数が伸びていませんね。雨の日にも同じ。平均時速が5km/hほどですから、ずっと「やや中程度の歩行」です。もう少し緩急をつけても良さそうです。

ま、一ヶ月に108km歩いているのだから、良しとしましょう。

なにごとも「ほどほど」にです。食事療法も抗がん剤すらも。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です