スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

今日の一冊(47)『「いのち」の重み』

日曜なのに今日から出張です。ホテルの部屋で書いています。

「いのち」の重み 小児科医と臨床宗教師が語る「心の処方箋」

「いのち」の重み 小児科医と臨床宗教師が語る「心の処方箋」

細谷 亮太, 大下 大圓
1,540円(12/06 05:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

40年間、聖路加国際病院小児科で難病の子どもたちと向き合ってきた小児科医細谷亮太氏と、日々悩み苦しむ人たちに献身的に寄り添う飛騨千光寺住職(臨床宗教師)大下大圓氏との対談。

米国やカナダでは医療の現場に牧師さんがいて、末期がんの患者の気持ちにより添う活動をしています。しかし、日本では病院では心の問題にまで対処してくれません。大下大圓氏は臨床宗教師として、日本でも患者の心の問題に寄り添う活動をしています。

難病を抱えて小児科病棟に入院している子供でも、自分のいのちがあと少ししかないことを丁寧に伝えると、しっかりと考えて自分のいのちを見つめた生活をするようになるといいます。

「告知は、大人よりもこどもの方が受入れやすい」と細谷医師は言います。こどもの権利条約には、こどもへの告知を促す条項があるのだとも。昔はこどもにがんの告知をすることはとんでもないことでしたが、今はこどもの権利として普通に告知しているそうです。

なぜヒーリングはがん患者に生きる希望を与えるのか

にはスピリチュアルケアに取り組む看護師の活躍が載っており、末期のすい臓がんで病院から見放され、在宅医療になった80代の女性のことが書かれています。

彼女は若い頃、気功を習っていたことがわかり、ぜひ気功を教えてくださいとお願いしたところ、徐々に彼女に変化が現れて肯定的な言葉が出るようになりました。食事の量も増え、起き上がって絵を描くまでになりました。人が、“自分が誰かの役に立っている”と感じることは、生きる上でとても大切なことなのだと感じた瞬間でした。自分の社会的な役割を見出せたことで、彼女の目には光が戻っていたのです。

がん患者への精神的な支援の輪がもっと広がってほしいものです。

がんは魂の修行中

大下氏は「平均寿命の8割に達したら合格だと思え。元気なお年寄りばかりがクローズアップされるが、現実はそう簡単ではない」として、釈迦が言われた「自己執着」を捨てる大切さを説きます。

自己執着の原因は渇愛(生殖・生存・死への本能的な欲求)であり、渇愛があるから苦が生じると説いた釈迦は、苦は消滅させることができるという真実を説いたのです。その状態が「涅槃」。

だから、がんになった今は、涅槃に到る魂の修行中と考えれば良いのだと語っています。なかなか難しいですけどね。

「死」について自分なりに納得のいく考えを持つことは大切だし、別に仏教を学ばなくても可能だと思います。難病のこどもでも到達できることなのですから。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 日常診療に即した膵癌ガイドラインに 日本膵臓学会のホームページに『膵癌診療ガイドライン2016(案)のパブリックコメント募集』が載っています。まぁ、患者の立場から専門的なコメントなど出せるはずもないのですが、「癌E […]
  • 少量の酒でもがんリスク増加:さて呑兵衛はどうする?少量の酒でもがんリスク増加:さて呑兵衛はどうする? 呑兵衛には気になる、少量のお酒でも癌になるリスクが増加するとの報道がありました。 生涯アルコール消費量とがんのリスク 1日ワイン1杯程度の少量のアルコールでも10 […]
  • ポアンカレ予想ポアンカレ予想 22日のNHKスペシャル『100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~』を興味深く見た。 数学者を100年間悩まし続けてきた『ポアンカレ予想』を証明したといわ […]
  • ガンの患者学研究所 (1) 久し振りに安保徹氏に関することです。安保徹氏は非常に分かりやすい(トンデモ)人物です。『安保免疫理論と上野式代替医療でガンは治る―なぜ三大療法でガン患者は治らないのか?』から何カ […]
  • 抗がん剤のタイアップ記事、薬事法違反の疑い抗がん剤のタイアップ記事、薬事法違反の疑い 読売新聞に次のような記事が載っています。 抗がん剤記事に製薬会社が金銭…薬事法違反か がん患者向けの雑誌に掲載された記事が、薬事法で禁じられた抗がん剤の広告にあたる可能性があ […]
  • 薬をすべて変更しました薬をすべて変更しました 大森:鷲神社の酉の市 DP1 Merrill F2.8 1/40秒 […]
  • どうしてこんなに危機感がないんだろう?どうしてこんなに危機感がないんだろう? 新型コロナウイルス感染者数、死者数が連日 曜日ごとの最高を更新しています。 そんな状況なのに、一か月後に緊急事態宣言が解除されたらばGOTO […]
  • 振り込め詐欺の電話?振り込め詐欺の電話? 「キノシタさんでしょうか。こちらは警視庁振り込め詐欺○○センターです」「お住まいの地域に振り込め詐欺を誘導する電話が多くなっています」「そのための対策をこれからお伝えし […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す