今日の一冊(47)『「いのち」の重み』

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

日曜なのに今日から出張です。ホテルの部屋で書いています。

「いのち」の重み 小児科医と臨床宗教師が語る「心の処方箋」

「いのち」の重み 小児科医と臨床宗教師が語る「心の処方箋」

細谷 亮太, 大下 大圓
1,540円(12/05 02:42時点)
発売日: 2016/03/30
Amazonの情報を掲載しています

40年間、聖路加国際病院小児科で難病の子どもたちと向き合ってきた小児科医細谷亮太氏と、日々悩み苦しむ人たちに献身的に寄り添う飛騨千光寺住職(臨床宗教師)大下大圓氏との対談。

米国やカナダでは医療の現場に牧師さんがいて、末期がんの患者の気持ちにより添う活動をしています。しかし、日本では病院では心の問題にまで対処してくれません。大下大圓氏は臨床宗教師として、日本でも患者の心の問題に寄り添う活動をしています。

難病を抱えて小児科病棟に入院している子供でも、自分のいのちがあと少ししかないことを丁寧に伝えると、しっかりと考えて自分のいのちを見つめた生活をするようになるといいます。

「告知は、大人よりもこどもの方が受入れやすい」と細谷医師は言います。こどもの権利条約には、こどもへの告知を促す条項があるのだとも。昔はこどもにがんの告知をすることはとんでもないことでしたが、今はこどもの権利として普通に告知しているそうです。

なぜヒーリングはがん患者に生きる希望を与えるのか

にはスピリチュアルケアに取り組む看護師の活躍が載っており、末期のすい臓がんで病院から見放され、在宅医療になった80代の女性のことが書かれています。

彼女は若い頃、気功を習っていたことがわかり、ぜひ気功を教えてくださいとお願いしたところ、徐々に彼女に変化が現れて肯定的な言葉が出るようになりました。食事の量も増え、起き上がって絵を描くまでになりました。人が、“自分が誰かの役に立っている”と感じることは、生きる上でとても大切なことなのだと感じた瞬間でした。自分の社会的な役割を見出せたことで、彼女の目には光が戻っていたのです。

がん患者への精神的な支援の輪がもっと広がってほしいものです。

がんは魂の修行中

大下氏は「平均寿命の8割に達したら合格だと思え。元気なお年寄りばかりがクローズアップされるが、現実はそう簡単ではない」として、釈迦が言われた「自己執着」を捨てる大切さを説きます。

自己執着の原因は渇愛(生殖・生存・死への本能的な欲求)であり、渇愛があるから苦が生じると説いた釈迦は、苦は消滅させることができるという真実を説いたのです。その状態が「涅槃」。

だから、がんになった今は、涅槃に到る魂の修行中と考えれば良いのだと語っています。なかなか難しいですけどね。

「死」について自分なりに納得のいく考えを持つことは大切だし、別に仏教を学ばなくても可能だと思います。難病のこどもでも到達できることなのですから。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ビタミンDは免疫系を活性化するビタミンDは免疫系を活性化する またまたビタミンDに関する研究成果です。このところ多いですね。大腸がんに関する研究ですが、もちろん膵臓がんへの効果も期待できます。 ビタミンDは免疫系を活性化するこ […]
  • 臨床試験の信頼度、エビデンス臨床試験の信頼度、エビデンス エビデンスの階層 がん治療において、EBMやエビデンスという言葉に出くわすことがあります。医療者は、これらの言葉を安易に使わないように気をつけていますが、インターネット上では頻 […]
  • ウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できるウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できる 膵臓がんにウコンは効果があるのでしょうか。ウコンががんに効果があるという科学的な報告をまとめてみました。 ウコンの有効性が次々に明らかに 2010.11.4の産経ニュ […]
  • 福田総理が辞任福田総理が辞任 ブログを書こうとしたら、テレビで福田総理辞任の記者会見が始まりました。驚きましたが、一面「やっぱりか」という気持ちもあります。 定率減税を廃止して庶民の生活苦を作り出すきっかけを […]
  • 「結果」を「目的」にする過ち「結果」を「目的」にする過ち 河津にて チェロのレッスンももう15章に入り、五度音程を同時に押す(ソとレ)とか、ピチカートで早いパッセージを弾くエクササイズになりました。このエクササイズでは […]
  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンスのある食事 […]
  • 食品安全委員会答申の欺瞞性食品安全委員会答申の欺瞞性 10月27日に食品安全委員会の答申が出た。「健康影響が見いだされるのは、生涯の累積でおおよそ100ミリシーベルト以上」との評価だそうである。遅まきながら、と言うのは答申の全部に目 […]
  • 巾着田の曼珠沙華巾着田の曼珠沙華 日高市の巾着田へ曼珠沙華を撮影に行ってきました。 雨続きなので、開花情報とにらめっこしながら「今日しかない」と覚悟して、早朝4時半に出発。6時過ぎに巾着田に着いたのですが、既に […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です