シュレベールの箴言(4)

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
6月19日10:00AMまで参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

病気に対する正しい知識を持ち、体と心をケアし、健康増進に必要な情報を与えられている人々は、がんと闘うため、体の重要な機能を作用させることができる。

誰もが奇跡的な回復の話を耳にしたことがある。余命数ヶ月と宣告されたにもかかわらず、数年間、場合によっては数十年間も生きた人の話だ。(シュレベール自身も20年間生きた)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校で、生検によって前立腺がんの診断が確立した患者93名を二つのグループに分け、手術を受けずに腫瘍の変化を見守る治療法を行った。

一つのグループは定期的にPSA検査だけを受け、もう一方のグループは、ビタミンE,C、オメガ3脂肪酸等のサプリメント、菜食量法、ウォーキング30分を週に6日、ヨガ、呼吸法、瞑想、段階的リラクゼーションのプログラムを実践した。

その結果、PSA検査だけのグループでは1年後49名のうち6名の腫瘍が悪化し、手術することになったが、あとのグループからは悪化する患者は1人も出なかった。のみならず、ほとんどの患者の腫瘍が縮小していたのである。

生活スタイルの改善とがんの進行の停止との間に何らかの関連があることは、明かである。

がんの統計では、ただ医師の診断を受け入れるだけの患者と、自分の体が生まれつき持っている防衛力を引き出す患者との違いが分からないのである。

自然の防衛力を働かせるための、シンプルな4つのルールとは、

  • 発がん物質のデトックス
  • がんに対抗できる食生活
  • 適度な運動
  • 精神的な平穏

である。

がんを治す自然のアプローチ法というのは存在しない。だが、避けようのない運命というものも存在しない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(101)「ステージ4をぶっ飛ばせ!」今日の一冊(101)「ステージ4をぶっ飛ばせ!」 ステージ4でも、明るく前向きに生きている患者が増えている 元聖路加国際大学病院の精神腫瘍科部長であった保坂隆先生の最新の著作です。私が読んだ他の著作も同時に挙げておきます。 […]
  • シュレベールの箴言(5)シュレベールの箴言(5) 自然治癒力を高める方法はいくつかあるが、その切り札を全てそろえたからといって、あらかじめ勝負に勝つことが保証されているわけではないのです。 […]
  • 今日の一冊(89)『統合医療の真実』今日の一冊(89)『統合医療の真実』 著者の篠浦伸禎氏は、都立駒込病院で脳神経外科部長を務める脳外科医です。脳外科と統合医療? どんな関係があるのか? 関係なさそうだけど? […]
  • 補完代替医療と『がんの統合医療』補完代替医療と『がんの統合医療』 補完代替医療と統合医療 補完代替医療と統合医療は違うものなのか。違うとすればどこが違うのか。 シュレベールの『がんに効く生活』は副題が […]
  • 今日の一冊(77)『免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ』今日の一冊(77)『免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ』 『すい臓がんカフェ』でも何人かの方から質問されましたが、ケトン食に挑戦しているがん患者も多いことと思います。 ケトン食ががんを消す […]
  • 今日の一冊(9)『がんを生きよう』今日の一冊(9)『がんを生きよう』 この本は"絶対"のお勧めです。 がんを生きよう―あなたのT細胞が治療の主役ですposted with ヨメレバ 伊東恭悟 医学と看護社 […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です