スポンサーリンク

シュレベールの箴言(4)

LINEで送る
Pocket

病気に対する正しい知識を持ち、体と心をケアし、健康増進に必要な情報を与えられている人々は、がんと闘うため、体の重要な機能を作用させることができる。

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

ダヴィド・S. シュレベール
2,420円(08/02 17:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

誰もが奇跡的な回復の話を耳にしたことがある。余命数ヶ月と宣告されたにもかかわらず、数年間、場合によっては数十年間も生きた人の話だ。(シュレベール自身も20年間生きた)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校で、生検によって前立腺がんの診断が確立した患者93名を二つのグループに分け、手術を受けずに腫瘍の変化を見守る治療法を行った。

一つのグループは定期的にPSA検査だけを受け、もう一方のグループは、ビタミンE,C、オメガ3脂肪酸等のサプリメント、菜食量法、ウォーキング30分を週に6日、ヨガ、呼吸法、瞑想、段階的リラクゼーションのプログラムを実践した。

その結果、PSA検査だけのグループでは1年後49名のうち6名の腫瘍が悪化し、手術することになったが、あとのグループからは悪化する患者は1人も出なかった。のみならず、ほとんどの患者の腫瘍が縮小していたのである。

生活スタイルの改善とがんの進行の停止との間に何らかの関連があることは、明かである。

がんの統計では、ただ医師の診断を受け入れるだけの患者と、自分の体が生まれつき持っている防衛力を引き出す患者との違いが分からないのである。

自然の防衛力を働かせるための、シンプルな4つのルールとは、

  • 発がん物質のデトックス
  • がんに対抗できる食生活
  • 適度な運動
  • 精神的な平穏

である。

がんを治す自然のアプローチ法というのは存在しない。だが、避けようのない運命というものも存在しない。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • CTの結果、異常なし セカンドオピニオンCTの結果、異常なし セカンドオピニオン 先月5月27日に撮ったCT検査の結果を聞くため癌研に。 結果は異常なし。 統計的にいえばそろそろ再発、あるいは転移をしてもおかしくはない時期なので(一年で50%が再発)心配をして […]
  • オンコパネルが検出遺伝子数を拡大オンコパネルが検出遺伝子数を拡大 現在保険診療で適用可能な遺伝子パネル検査には2種類あります。NCCオンコパネルとFoundationOneですね。 調べることができる遺伝子数はNCC […]
  • 糖質制限食のディベートー勝負あり 12月2日の「肥満とがん&糖質制限食」で紹介した第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)でのディベートの報告が、江部先生のブログにアップされています。この学術集会 […]
  • ビタミンD、メラトニンは新型コロナウイルス感染症の重篤化を防ぐ。トランプ大統領も摂取ビタミンD、メラトニンは新型コロナウイルス感染症の重篤化を防ぐ。トランプ大統領も摂取 トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したというニュースの続報で、ビタミンD、メラトニンを服用したと報じられています。 ホワイトハウスのショーン・P・コンリー医師によ […]
  • Eテレ:登場!がん治療を変える新薬Eテレ:登場!がん治療を変える新薬 17日に放映されたEテレ […]
  • AIを使って膵臓がんを早期発見AIを使って膵臓がんを早期発見 自覚症状がなく、見つけにくい膵臓がんですが、ステージ0やⅠで早期発見されれば、生存率は大きく向上します。 日本では「尾道方式」などの現場での工夫がされていますが、ア […]
  • 食事療法の基本的考え方食事療法の基本的考え方 また、久留米大の関連情報です。 「久留米大学ペプチドワクチン事務局」のサイトの「よくいただくご質問」ページがあり、「がんワクチン外来Q and A […]
  • 光免疫療法、先駆け指定に光免疫療法、先駆け指定に 「先駆け審査指定制度」は、対象疾患の重篤性など、一定の要件を満たす画期的な新薬などについて、開発の早期段階から対象品目に指定し、薬事承認に関する相談・審査で優先的な取扱いをするこ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です