シュレベールの箴言(5)


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

大事なものの追求を先延ばしにしてしまっては、結局、大事なものを一度もきちんと手にすることがないまま、人生は指のあいだをすり抜けていってしまう

資格を取って、良い仕事に就き、成績を上げて昇進し、家を建て、子どもを育て、ローンを払って・・・老後を安泰に暮らす。

こんなことを考えて、今日を明日の準備のために費やしていては、いつ本物の人生を味わうんだろう。

だが、治らないがんになると、こうした奇妙な錯覚やためらいを一掃してくれる。

なにしろ、残された時間が有限だということに、愚かにも、やっと気がつく。

それでも、一縷の奇跡を信じて、治療に貴重な時間を費やす患者もいる。奇跡を信じても良いんだよ。治療のことを考えるのも必要だ。でも、そればかりじゃ、明日のために今日を生きているだけ。今日という時間はするりと逃げ去ってしまう。

がんは、人生がいかにはかないものであるかを感じさせ、だから貴重なのだと、人生の価値を味わわせてくれるのだ。

シュレベールは死の4週前まで、自分の人生やがんとの闘いをふりかえり、検討を加え、すべてのがん患者への「遺言」として書き残しました。それが『さよならは何度でも ガンと向き合った医師の遺言』です。

がんの「奇跡的な治療法」は存在しないし、100パーセントの成功はありえない。私の例は、それだけでは科学的実験にはなり得ない。『がんに効く生活』で提示しているのは、何万にも上る統計的データ、科学的文献に基づいているのだから。自然治癒力を高める方法はいくつかあるが、その切り札を全てそろえたからといって、あらかじめ勝負に勝つことが保証されているわけではないのです。

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

ダヴィド・S. シュレベール
2,420円(06/03 10:45時点)
発売日: 2009/02/21
Amazonの情報を掲載しています

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • シュレベールの箴言(9)シュレベールの箴言(9) 副作用の少ない自然の解決策があれば、私たちは体のなかの炎症を抑えることができる。自然の解決策とは、炎症を促進する毒素を生活環境から排除すること、がんに対抗できる食物を摂取すること […]
  • 今日の一冊(89)『統合医療の真実』今日の一冊(89)『統合医療の真実』 著者の篠浦伸禎氏は、都立駒込病院で脳神経外科部長を務める脳外科医です。脳外科と統合医療? どんな関係があるのか? 関係なさそうだけど? […]
  • 今日の一冊(9)『がんを生きよう』今日の一冊(9)『がんを生きよう』     この本は"絶対"のお勧めです。 久留米大学がんワクチンセンター長の伊東恭悟先生が、最近上梓された『がんを生き […]
  • シュレベールの箴言(7)シュレベールの箴言(7) どんなことが起ころうとも、自分の健康のあらゆる面を最大限大切にしようとすること道を選んだことを、わたしは幸せに思うだろう。 なにより大切にしなければならないのは、健康であり […]
  • シュレベールの箴言(1)シュレベールの箴言(1) シュレベールの『がんに効く生活』から、名言・箴言などを集めて、シリーズで紹介します。 補完代替医療(統合医療)を考えるなら、『がんに効く生活』はぜひ読んでおきたい一冊です。 […]
  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」がんが自然治癒した人の「9つの共通する実践事項」 がんは摩訶不思議な病で、自然治癒することがたまにあることは、よく知られている。しかし、それを系統だって研究しようとする研究者は、最近ではいなかった。何故だろうかと不思議に思ってい […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です