「がん治験情報サービス」が始まります。

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。

がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内

近年では、肝臓や膵臓など消化器系のがんに関する治験も盛んに行われていることをご存知ですか?

「がん治験情報サービス」は、がんの種類やステージをご登録いただくと、条件に合った治験情報がある場合に、メールやお電話でご連絡させていただく「無料サービス」です。ご家族や近親の方も登録いただけます。

「がん治験情報サービス」3つの特徴

  • あなたに合った治験をご紹介します(ご家族の方も登録できます)
  • 登録は「無料」です
  • 治験専門担当者が親身に対応します

治験はがん患者さんにとって治療の選択肢

治験はがん患者さんにとって治療選択肢のひとつとなりますが、

  • 探し方がわからない
  • 自分にあっているのかわからない
  • どんな薬剤なのかわからない
  • どこで参加できるのかわからない

といった声が多いのも事実です。

このブログでも、3回に分けて「臨床試験(治験)の探し方」をアップしていますが【下の「このブログの関連記事」です】、こちらから能動的に探しに行かなくてはなりません。

登録しておけば、条件が合う治験を知らせてくれるのは楽ですね。

【がん治験情報サービス】無料登録はコチラから

ただ、「膵臓がん」で登録しようとすると、現在の分類ではなく、2016年以前の古い分類が表示されてきます。

旧分類と新分類は下のようになっているのですが、新分類で説明されている膵臓がん患者にとっては困ったものですね。

2016年6月以前の旧分類

新分類

がんの大きさ(広がり具合)とリンパ節転移の数から、該当するものを選ぶことで対応すれば大丈夫かなと?

※注意するのは、「初発時のがんの状態」となっている点です。再発・転移してステージが変わっても、最初のステージで登録となっています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 臨床試験(治験)の探し方(1)臨床試験(治験)の探し方(1) 予後の厳しい膵臓がんでは、医師から「標準治療ではもうできることがありません。あとは緩和です」と言われる方が少なくありません。 しかし、諦めきれない。まだこんなに元気なのに何 […]
  • 臨床試験(治験)の探し方(2)臨床試験(治験)の探し方(2) 治験へのアクセスが良くなった 従来は、どこでどのような臨床試験が行なわれているのかは公表されることがありませんでした。そのため、次のような弊害が指摘されてきました。 […]
  • 臨床試験(治験)の探し方(3)臨床試験(治験)の探し方(3) 臨床試験の段階 新薬の臨床試験(治験)は次の段階を経て行なわれます。 通常は第Ⅲ相試験の後に新薬として承認されます。私たちが参加できるのは、主としてⅠからⅢ相試験 […]
  • 帯津良一のホメオパシーを批判する帯津良一のホメオパシーを批判する 書店に五木寛之と帯津良一の『健康問答』が平積みになっていた。「健康問答―平成の養生訓 」と「養生問答―平成の養生訓 」だが、文庫本になる元は同じ平凡社から2007年に出版された『 […]
  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンスのある食事 […]
  • 基礎研究を充実して、免疫系の秘密に迫る基礎研究を充実して、免疫系の秘密に迫る 本庶さんは常々、このままでは若手の基礎研究者が育たない。文部省の科学研究費は少なすぎるし、すぐに応用につながる研究だけに目が向いているという趣旨の発言をしています。 オ […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
  • 今日の一冊(62)『がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点』   聖路加病院精神腫瘍科の保坂先生の著作です。精神腫瘍学とは、 昔は、がんが心にもたらすダメージについての研究が多かったのですが、次第に、「心の状態が […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です