スポンサーリンク

データベース『製薬会社と医師』がオープンしました。

以前に「3人に1人の医師に製薬会社マネーが」との記事を書いていますが、

これらの記事で紹介していた、製薬会社から謝礼をもらっている医師のデータベースができました。

マネーデータベース『製薬会社と医師』

さっそく何人かを検索してみましたが、凄いデータベースですね。

私の主治医の1人も、5万円程度の講演料を3回いただいていました。

全体では8割が講演料です。これが悪いということではありません。1回の講演に5~10万円程度なら、交通費も含まれている場合もあるだろうし、講演の準備を考えたら割に合わないということもあります。(私も5万円の講演料をいただいたことが1回だけありますが、二日の時間を割いているので、割に合う仕事ではないという気もしました)

このデータベースには年間で数百万円を超える医師が結構いますね。やはり外科医よりも内科医が多いようです。製薬企業が出すお金ですから、当然ですが。

もちろん、大多数の医師はやましいことをしているわけではありません。

しかし、年間で数百万円の謝礼となると、その先生が勧めてくる薬は、本当に患者のためを考えて最適な薬を進めているのか、製薬会社に対して何らかの”忖度”はないのかと考えてみるための参考程度にはなると思います。

アメリカや欧州でも、製薬会社と医師の癒着が問題になり、告発する書籍も出ているのです。さらに保険会社が医療の内容に厳しく査定をする制度になっています。一方で、日本にはそのような制度がありません。透明性の確保のためにも、こうしたデータベースは国民皆保険の日本では是非とも必要でしょう。

あなたの主治医の製薬会社との付き合いの程度を調べてみてはどうですか。思いがけないデータが得られるかもしれません。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(119)『がんと腹水治療』今日の一冊(119)『がんと腹水治療』 大量のがん性腹水を安全かつ迅速に処理可能な改良型の腹水治療システム(KM-CART)を開発した松崎圭祐先生の著作です。 KM-CARTとは 松崎先生は、東京都豊島区に […]
  • 『新しいチェロ奏法』 インフルエンザもやっと治った気がする。下痢で4日間で体重が3キログラム減になった。62キロから59キロ。これがダイエットなら大成功なんでしょうが。 チェロ弦を替えました。ゴフリラ […]
  • モーツァルトと脳内物質ドーパミン 音楽療法という分野があり、特にモーツァルトの音楽には糖尿病が治った、血圧を下げる、がん細胞の増殖を抑える、などの効果があるという説があります。多くの書籍でも紹介され、音楽療法 […]
  • Eテレで『夜と霧』Eテレで『夜と霧』 DP2 Merrill F5.0 1/200秒 ISO200 NHK Eテレの「100分 de […]
  • そうか、もう君はいないのかそうか、もう君はいないのか 作家の城山三郎さんの妻容子さんに対する遺稿のタイトルです。妻の容子さんが肝臓がんで亡くなるまでの思い出でもある。 ほのぼのしたいい夫婦だ。容子さんが高校生で城山さんが学生 […]
  • 医師がオススメの「がん体験者ブログ」に紹介されました。医師がオススメの「がん体験者ブログ」に紹介されました。 佐藤典宏先生の YouTube で、「がん体験者ブログ […]
  • スーパーシステムとしての免疫系スーパーシステムとしての免疫系 免疫は「複雑系」であるとして、「もともとは単一の細胞の自己複製から始まって、自ら多様なものを作り出し、その相互関係を介して自己の行動様式を決めている免疫は、より高次の複雑系として […]
  • 彼岸花の命は短い-道元の死生観彼岸花の命は短い-道元の死生観 2007年に膵臓がんの手術後、快気祝いにと伊豆の修善寺に一泊で旅行しました。奮発して老舗の新井旅館に泊まったのですが、近くの散策路で一輪の彼岸花が大木の幹に咲いているのを見つけた […]

コメントを残す