「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


データベース『製薬会社と医師』がオープンしました。

以前に「3人に1人の医師に製薬会社マネーが」との記事を書いていますが、

これらの記事で紹介していた、製薬会社から謝礼をもらっている医師のデータベースができました。

マネーデータベース『製薬会社と医師』

さっそく何人かを検索してみましたが、凄いデータベースですね。

私の主治医の1人も、5万円程度の講演料を3回いただいていました。

全体では8割が講演料です。これが悪いということではありません。1回の講演に5~10万円程度なら、交通費も含まれている場合もあるだろうし、講演の準備を考えたら割に合わないということもあります。(私も5万円の講演料をいただいたことが1回だけありますが、二日の時間を割いているので、割に合う仕事ではないという気もしました)

このデータベースには年間で数百万円を超える医師が結構いますね。やはり外科医よりも内科医が多いようです。製薬企業が出すお金ですから、当然ですが。

もちろん、大多数の医師はやましいことをしているわけではありません。

しかし、年間で数百万円の謝礼となると、その先生が勧めてくる薬は、本当に患者のためを考えて最適な薬を進めているのか、製薬会社に対して何らかの”忖度”はないのかと考えてみるための参考程度にはなると思います。

アメリカや欧州でも、製薬会社と医師の癒着が問題になり、告発する書籍も出ているのです。さらに保険会社が医療の内容に厳しく査定をする制度になっています。一方で、日本にはそのような制度がありません。透明性の確保のためにも、こうしたデータベースは国民皆保険の日本では是非とも必要でしょう。

あなたの主治医の製薬会社との付き合いの程度を調べてみてはどうですか。思いがけないデータが得られるかもしれません。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す