データベース『製薬会社と医師』がオープンしました。

Web交流会のご案内

【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

以前に「3人に1人の医師に製薬会社マネーが」との記事を書いていますが、

これらの記事で紹介していた、製薬会社から謝礼をもらっている医師のデータベースができました。

マネーデータベース『製薬会社と医師』

さっそく何人かを検索してみましたが、凄いデータベースですね。

私の主治医の1人も、5万円程度の講演料を3回いただいていました。

全体では8割が講演料です。これが悪いということではありません。1回の講演に5~10万円程度なら、交通費も含まれている場合もあるだろうし、講演の準備を考えたら割に合わないということもあります。(私も5万円の講演料をいただいたことが1回だけありますが、二日の時間を割いているので、割に合う仕事ではないという気もしました)

このデータベースには年間で数百万円を超える医師が結構いますね。やはり外科医よりも内科医が多いようです。製薬企業が出すお金ですから、当然ですが。

もちろん、大多数の医師はやましいことをしているわけではありません。

しかし、年間で数百万円の謝礼となると、その先生が勧めてくる薬は、本当に患者のためを考えて最適な薬を進めているのか、製薬会社に対して何らかの”忖度”はないのかと考えてみるための参考程度にはなると思います。

アメリカや欧州でも、製薬会社と医師の癒着が問題になり、告発する書籍も出ているのです。さらに保険会社が医療の内容に厳しく査定をする制度になっています。一方で、日本にはそのような制度がありません。透明性の確保のためにも、こうしたデータベースは国民皆保険の日本では是非とも必要でしょう。

あなたの主治医の製薬会社との付き合いの程度を調べてみてはどうですか。思いがけないデータが得られるかもしれません。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 医療費に関するウソ医療費に関するウソ 明月院門前のアジサイ、クラシックブルーで現像 国保の保険料通知が届いた。年収は減ったはずなのにまた上がっていた。 医療費について政府やマスコミが流している […]
  • 映画「あなたへ」を観て映画「あなたへ」を観て DP2 Merrill F9.0 1/500秒 ISO200 映画「あなたへ」を観た。 刑務所の指導技官 […]
  • がんは遺伝子の異常以外でも、エピジェネティックに生じるがんは遺伝子の異常以外でも、エピジェネティックに生じる 近藤誠氏の「がんもどき理論」の根幹は、がんは遺伝子の病気であり、遺伝子は細胞分裂で子孫に継承されるのだから、発生の初期に転移するかどうかは決まっている、というものです。が […]
  • 今日の一冊(2)『ヴァイオリニストの音楽案内100』 クラシックのCDを批評、紹介した書籍は数多くあり、私も宇野功芳、福島章恭、中野雄の『クラシックCDの名盤』シリーズや、礒山雅の『バロック音楽名曲鑑賞事典 […]
  • 原発の再稼働、バカなこと言うな原発の再稼働、バカなこと言うな このところ地震が多い。今日も13:40頃に福島沖でM5.5(実際はM5.0)の地震があった。Signalnowexpressをインストールしてあって、緊急地震速報がパソコンの画面 […]
  • 腫瘍マーカーの試薬取り違え腫瘍マーカーの試薬取り違え 国立がん研究センター東病院で、4年間にわたって、腫瘍マーカーに使う試薬をよく似た名前のものと取り違えていたと、産経新聞が報道。 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の臨床検査 […]
  • 癌で死ぬことはそんなに悪いものじゃない癌で死ぬことはそんなに悪いものじゃない 膵臓がんを告知されて、いよいよ覚悟を決めなくてはならなくなった。決して強がっているわけではないが、このように考えた。 いまや日本人の男性なら2人に一人、女性は3人に一人は癌 […]
  • 13回目の「がん記念日」13回目の「がん記念日」 2007年の今日、超音波検査で膵臓に影が見つかり、怒涛のような日々が始まった「私の膵臓がん記念日」です。 13回目です。結局このブログも13年間続けて書いてきたことになりますね。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です