スポンサーリンク

サイモントン療法でがんを治す

サイモントン療法とは

サイモントン療法は、イメージ療法の一つと言われています。サイモントン療法協会のサイトには次のように紹介されています。

サイモントン療法は、米国の放射線腫瘍医で心理社会腫瘍医であるカール・サイモントン博士 ( O. CARL SIMONTON, M.D.)により開発された、がん患者さんとご家族(または支援者) のための心理療法です。 近年では、がんのみならず、ストレスに起因するさまざまな病気に対してサイモントンのプログラムが提供されています。

米国にて、学会認定の放射線腫瘍医として、がん治療の第一線で活躍していたサイモントン博士は、臨床で患者さんの治療を重ねるにつれ、診断と治療が同じでも、成果が出て健康を取り戻す患者さんと、全く成果が出ずに死を迎える患者さんとに分かれるという矛盾に直面します。
ここで、患者さんの精神・心理状態、またそれにともなう生きる姿勢が、病気や治癒の過程に影響を与えることを認識します。希望をもって治療や日常生活に取り組む患者さんと、絶望感に苛まれながらそうする患者さんとのあいだに、大きな回復の差を見たのです。その後、がんと心の関係に関する研究を行い、そのことを実証しました。
NPO法人 サイモントン療法協会のホームページより)

サイモントン療法は当初、「がんのイメージ療法」でその名が知られるようになりましたが、イメージ療法はプログラムの一部であり、多角的・包括的、かつ体系的に健康へのアプローチがなされています。また、より洗練されたプログラムの拡充を図るべく、日々改良が重ね続けられています。

サイモントン療法は、1960年代のアメリカで、放射線腫瘍医のカール・サイモントン博士によって生み出されたものです。現在のサイコオンコロジーの基礎のひとつにもなっています。

患者さんの心の状態が治癒の過程に与える影響を研究し、心へのアプローチが身体にどんな効果を表すかを調査したところ、身体的治療だけを受ける場合よりも、病状がゆるやかになることが明らかになりました。それまで身体的な治癒にばかり向けられていたがん治療は、大きく変化するようになったのです。

自分で始めるサイモントン療法

サイモントン療法とは、アメリカの精神腫瘍学の権威である、カール・サイモントン博士が開発したプログラムで、がん患者さんとそれを支える人たちの癒しがテーマです。 近年、心や感情が身体に及ぼす影響は科学的に解明されていますが、この本の中では、患者が日々の治療で受けるストレスに対し、「ビリーフワーク」や「イメージ療法」などを用いて効果的に、そしてさまざまなアプローチで治療へと導きます。

サイモントン療法協会では、セミナーを開催していますが、自分で行うこともできます。

サイモントン療法――治癒に導くがんのイメージ療法(DO BOOKS)

サイモントン療法――治癒に導くがんのイメージ療法(DO BOOKS)

川畑 伸子
2,750円(01/22 14:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

この本に付属しているCDを使えば、簡単にサイモントン療法のイメージ療法を行うことができます。

CDの内容をスマートフォンや携帯音楽プレーヤーに保存し、毎日寝る前などの30分ほどをそのために使います。

サイモントン協会のサイトには、自分で実行するためのDVDやCDも販売されています。

付属のCDで足りなければ、これらの教材を手に入れることもお薦めです。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 患者会に参加することで生存率が高まる患者会に参加することで生存率が高まる 「患者会」あるいはオフ会に参加することはどのような効果があるのか、考えてみます。もちろん、同じ膵臓がん患者として、どのような治療法をやっているのか、副作用対策はなど、これ […]
  • 糖質22gの、すき家のロカボ牛麺糖質22gの、すき家のロカボ牛麺 血糖値管理ではお昼の外食に悩みます。たまには奮発していきなりステーキに行きますが、毎日は無理です。 そこですき家の牛丼ライト(ご飯の代わりに豆腐)にしています。柚子の香りが […]
  • スポーツは健康に悪いスポーツは健康に悪い 錦織選手の活躍が注目されています。すばらしいテクニック、プレッシャーに負けない強靱な精神、なによりも笑顔が良い。しかし、スポーツ選手は常に怪我とも闘わなくてはならない。 昨日も […]
  • 九重親方の治療法は間違っていたのか? 元千代の富士、九重親方が膵臓がんの転移で亡くなりました。61歳は早すぎます。毎年行っている昨年6月の健康診断で膵臓がんが見つかり、7月に手術するも、他の臓器に転移していたそうです […]
  • がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善 全がん協から、がんの生存率調査が発表されましたね。マスコミでも報道されています。 昨年に続いて2度目の調査です。あいかわらず膵臓がんの生存率は低いですが、昨 […]
  • 日本癌学会、OTSが朝日新聞に抗議声明日本癌学会、OTSが朝日新聞に抗議声明 朝日新聞は傷口が大きくならないうちに、謝罪をした方がよいのになぁ。OTSは「医学的誤り・事実誤認はおろか、ねつ造と判断せざるを得ない重大な問題が多数含まれ」と指摘していますが、「 […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』にご参加、ありがとうございました『膵臓がん患者と家族の集い』にご参加、ありがとうございました 当日の朝の天気予報でも、雨は昼過ぎには上がり、晴れ間も見えるというようなことを言っていましたよね。 5ヶ月ぶりとなった膵臓がんの集い、会場は大田区産業プラザ PIO […]
  • 国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験 光免疫療法(近赤外線免疫療法)がいま話題になっています。 11月12日の『第3回がん撲滅サミット』に、開発者である米国立保健研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が講演し、参 […]

コメントを残す