スポンサーリンク

甲状腺がんの検査、異常なし

今日はがん研有明で甲状腺がんの検査結果を聞きます。良性だとはいわれているが、甲状腺がんは細胞の増殖が遅いので、長く検査を続けた方が良いのいうので、1年毎に検査しています。

今朝の台風15号の影響で、首都圏の鉄道はほぼ止まっています。首都高もあちらこちらで通行止め。

これじゃ看護師も医者も出勤できるのかと心配で、早めに車で家を出ました。

案の定、病院の待合室も人が少なく、受付も数人という状態。ここまで来ることのできない患者も多いのでしょう。

スポンサーリンク

受付を済ますと、すぐに「中待合室にお入りください」とPHSが告げてきます。中待合室に入ると数分で呼びだされて診察が始まりました。

先生を補助する看護師も出勤できず、先生が直接呼びだしを行っています。

先生は「昨年と比べて大きくもなっていませんから心配いらないでしょう。1年後に検査しましょう」でお終い。

  • 所見:甲状腺。左葉上部に石灰化を伴った楕円形結節を認める。辺縁に血流シグナルを認める。
  • 大きさは5×5mm(前回6×5×3mm)
  • 頸部に有意なリンパ節腫脹なし。声帯麻痺を所見なし。
  • 診断:腺腫様甲状腺腫、左葉上部の結節は微小乳頭癌否定できず。

ま、心配いらないでしょう。

一階のロビーでがん研写真部が写真展をやっていました。病院長も2つの作品を出展しています。

なかでも、写真部の顧問を務めている、写真家 井上浩輝氏の「白いエゾリス」が目を惹きました。

北海道の冷え込みが最も厳しくなる2月、真っ白なエゾリスがいるという噂を耳にして僕はその現場へ向かいました。彼らの活動が始まるのは早朝。でもその時間はもっとも冷え込む時間です。氷点下20度近い寒さだったでしょうか。その中でひょこっと姿を見せたのがこの子でした。本当にいる!そして何より、他のエゾリスたちがこの子を区別することなく、いっしょに厳寒の冬の朝を謳歌しているのです。 写真家:井上浩輝

帰りの道路も結構渋滞していました。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • プラセボ効果プラセボ効果 どうってことのない写真だけど、チョット気になる。 「癌」と「がん・ガン」、実は使い分けが必要なのですが、私のブログでは「見た目」を大事にして、混在しています […]
  • CTの結果、異常なし セカンドオピニオンCTの結果、異常なし セカンドオピニオン 先月5月27日に撮ったCT検査の結果を聞くため癌研に。 結果は異常なし。 統計的にいえばそろそろ再発、あるいは転移をしてもおかしくはない時期なので(一年で50%が再発)心配をして […]
  • 予防原則-過去の過ちから学ぶこと フロンがオゾン層を破壊して皮膚がんが増えると、使用を制限するためのモントリオール議定書が結ばれようとしたとき、日本政府は「科学的に証明されていない」として批准をせず(のちに批准) […]
  • アブラキサンの話題、2題アブラキサンの話題、2題 アブラキサン(nab-パクリタキセル)が本年度中に膵癌に保険適用になりそうですが、海外(邦訳)と国内の臨床試験の結果が出ています。 進行膵臓癌を対象にしたMPACT試験の解析更新 […]
  • 今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』 死はやってくる 「死は受入れられない」。 釈迦が説く生老病死から人間は決して免れることができないのだから、たとえ悟りをひらいた名僧、高僧だって死は恐怖であるは […]
  • 血糖値はコントロールできている血糖値はコントロールできている 先日の糖尿病管理をお願いしている先生の診察日、HbA1cは6.1%(NGSP)でした。 9.2→6.8→6.4→6.1と回を追うごとに改善しています。6.3以上が「糖尿病の疑い」 […]
  • 腰痛の常識が変わるーこれで治そう腰痛の常識が変わるーこれで治そう 腰痛の常識が変わる 2013年に、NHK「クローズアップ現在+」で『腰痛 2800万人時代 ~変わる“常識”~』が放映されています。それによれば、 通常、脳の側坐核という […]
  • 原発御用大賞原発御用大賞 「原発御用大賞」なるサイトがある。原発御用学者として誰が一番ふさわしいかを、学者・文化人・政治家の三分野で投票しましょうという趣旨だ。 実はノミネート対象者を募っているとき […]

甲状腺がんの検査、異常なし” に対して3件のコメントがあります。

  1. タカハシ より:

    キノシタ様、はじめまして。
    主人が、先週受診した大学病院の人間ドックの腫瘍マーカーで異常値(CA19-9が424という結果でした。最初は主人も気が動転してしまい、基準値の400倍と聞き間違えており、昨日もう一度大学病院に電話確認したら10倍超の数値でした。)が出たと、病院より連絡をもらい、早めの精密検査を勧められました。
    ただ、大学病院の予約は2週間後からしか予約取れずでして、、、その間、ネットで色々調べても不安は募るばかりでした。
    そんな中、こちらのブログに辿り着き、伊藤医院さんですぐに診察して貰ってキノシタ様が早めに行動されていたのを読み、早速、伊藤先生に今日検査して頂きました。
    結果、腫瘍は見つからず、膵炎を起こしていたのでは?と診断されました。
    伊藤先生、とても分かりやすく説明していただき、本当に有り難かったです。
    その場で判断されながら造影剤CTを撮って頂き、診断もとても早かったです。
    一応、来週に大学病院受診の予定ですが、気持ちがとても軽くなりました。
    キノシタ様のブログに救われました。
    どうも有難うございました。

    1. キノシタ より:

      タカハシさま。
      大田区あるいはお近くにお住まいなのでしょうね。
      CA19-9は膵臓がん以外でも高い値になることがあります。膵炎が一番多いです。
      伊藤医院なら予約も当日でOK。CTの結果もその場で分かりますから、足の速いと言われる膵臓がんにとっては、本当にありがたい存在です。

      伊藤先生の診断ならまちがいないと思いますが、念のために大学病院でも診察していただいた方がよろしいですね。
      ブログの記事がお役に立てて嬉しいです。

      1. タカハシ より:

        キノシタ様
        自宅はさいたまなのでそこまでは近くはないのですが、近くで検索しても設備が整っていてすぐに診断してくれる病院を見つけることが出来ませんでした。
        大森は少し遠いですが、また何かありましたら、伊藤先生に診て頂きたいと思っています。
        キノシタ様のブログには沢山の情報が載っていて、勉強になりました。
        佐藤先生の本も購入して読みました。
        本当にとても心強かったです。
        有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です