甲状腺がんの検査、異常なし

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日はがん研有明で甲状腺がんの検査結果を聞きます。良性だとはいわれているが、甲状腺がんは細胞の増殖が遅いので、長く検査を続けた方が良いのいうので、1年毎に検査しています。

今朝の台風15号の影響で、首都圏の鉄道はほぼ止まっています。首都高もあちらこちらで通行止め。

これじゃ看護師も医者も出勤できるのかと心配で、早めに車で家を出ました。

案の定、病院の待合室も人が少なく、受付も数人という状態。ここまで来ることのできない患者も多いのでしょう。

受付を済ますと、すぐに「中待合室にお入りください」とPHSが告げてきます。中待合室に入ると数分で呼びだされて診察が始まりました。

先生を補助する看護師も出勤できず、先生が直接呼びだしを行っています。

先生は「昨年と比べて大きくもなっていませんから心配いらないでしょう。1年後に検査しましょう」でお終い。

  • 所見:甲状腺。左葉上部に石灰化を伴った楕円形結節を認める。辺縁に血流シグナルを認める。
  • 大きさは5×5mm(前回6×5×3mm)
  • 頸部に有意なリンパ節腫脹なし。声帯麻痺を所見なし。
  • 診断:腺腫様甲状腺腫、左葉上部の結節は微小乳頭癌否定できず。

ま、心配いらないでしょう。

一階のロビーでがん研写真部が写真展をやっていました。病院長も2つの作品を出展しています。

なかでも、写真部の顧問を務めている、写真家 井上浩輝氏の「白いエゾリス」が目を惹きました。

北海道の冷え込みが最も厳しくなる2月、真っ白なエゾリスがいるという噂を耳にして僕はその現場へ向かいました。彼らの活動が始まるのは早朝。でもその時間はもっとも冷え込む時間です。氷点下20度近い寒さだったでしょうか。その中でひょこっと姿を見せたのがこの子でした。本当にいる!そして何より、他のエゾリスたちがこの子を区別することなく、いっしょに厳寒の冬の朝を謳歌しているのです。 写真家:井上浩輝

帰りの道路も結構渋滞していました。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 百年に一度の歴史的瞬間に生きている 日経平均株価の今日の終値が7162円と、26年ぶりの大安値になった当報じられ ている。サブプライムローンに端を発した世界の金融危機がここまできた。 「恐慌」とは「すべてが […]
  • パソコン通信25周年パソコン通信25周年 Niftyが25周年記念に昔のパソコン通信を体験できるコーナー「Welcome to […]
  • 京都大学医学部附属病院に最新鋭ピンポイント放射線装置 京都大学医学部附属病院から高精度放射線治療装置を受注 2008年4月の市場投入以来、5台目の受注 三菱重工業は、京都大学医学部附属病院から最新鋭の放射線治療装置(線形加速 […]
  • 病院の休日病院の休日 昨日で点滴も終わり。病院での週末は退屈だ。ノートPCを持ってきたので、インターネットラジオで音楽を楽しんでいる。 この病院に入院するのは11年前の直腸がんのとき以来だが、いま […]
  • ためしてガッテン 掛川茶 12日放映のNHK「ためしてガッテン」の影響で、インターネットの販売サイトでも掛川茶が飛ぶように売れているようです。在庫切れの店舗も出ているようで、テレビの影響は本当にすごいです […]
  • 再び国会前へ再び国会前へ 今日14日は18:30から「強行採決反対・安倍政権退陣要求国会包囲大行動」 一粒の砂になるべく、早めに出かけて、17時半ごろ国会前に着いたが、既にたくさんの人。今週が強行採決の山 […]
  • 小さき花小さき花 京都東山にある建仁寺は、臨済宗建仁寺派の総本山ですが、俵屋宗達の国宝「風神雷神図」があるお寺(現在は京都国立博物館に寄託)といった方が分かりやすいかもしれません。若き道元も入宋す […]
  • 牛が殺処分されるなら、同じ内部被ばくした福島県民は・・牛が殺処分されるなら、同じ内部被ばくした福島県民は・・ 復興構想会議の委員である玄侑宗久さんが、6月13日のブログ「雪月花」で、会議へ「緊急動議」(記事中のPDFファイル)を提出したと書いている。 福島県内の母親7人の母乳から微量のセ […]
LINEで送る
Pocket

甲状腺がんの検査、異常なし” に対して3件のコメントがあります。

  1. タカハシ より:

    キノシタ様、はじめまして。
    主人が、先週受診した大学病院の人間ドックの腫瘍マーカーで異常値(CA19-9が424という結果でした。最初は主人も気が動転してしまい、基準値の400倍と聞き間違えており、昨日もう一度大学病院に電話確認したら10倍超の数値でした。)が出たと、病院より連絡をもらい、早めの精密検査を勧められました。
    ただ、大学病院の予約は2週間後からしか予約取れずでして、、、その間、ネットで色々調べても不安は募るばかりでした。
    そんな中、こちらのブログに辿り着き、伊藤医院さんですぐに診察して貰ってキノシタ様が早めに行動されていたのを読み、早速、伊藤先生に今日検査して頂きました。
    結果、腫瘍は見つからず、膵炎を起こしていたのでは?と診断されました。
    伊藤先生、とても分かりやすく説明していただき、本当に有り難かったです。
    その場で判断されながら造影剤CTを撮って頂き、診断もとても早かったです。
    一応、来週に大学病院受診の予定ですが、気持ちがとても軽くなりました。
    キノシタ様のブログに救われました。
    どうも有難うございました。

    1. キノシタ より:

      タカハシさま。
      大田区あるいはお近くにお住まいなのでしょうね。
      CA19-9は膵臓がん以外でも高い値になることがあります。膵炎が一番多いです。
      伊藤医院なら予約も当日でOK。CTの結果もその場で分かりますから、足の速いと言われる膵臓がんにとっては、本当にありがたい存在です。

      伊藤先生の診断ならまちがいないと思いますが、念のために大学病院でも診察していただいた方がよろしいですね。
      ブログの記事がお役に立てて嬉しいです。

      1. タカハシ より:

        キノシタ様
        自宅はさいたまなのでそこまでは近くはないのですが、近くで検索しても設備が整っていてすぐに診断してくれる病院を見つけることが出来ませんでした。
        大森は少し遠いですが、また何かありましたら、伊藤先生に診て頂きたいと思っています。
        キノシタ様のブログには沢山の情報が載っていて、勉強になりました。
        佐藤先生の本も購入して読みました。
        本当にとても心強かったです。
        有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です