「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


緊急事態宣言:長~い休みに新しいことをやってみる

昨夜駅のタクシー乗り場には長い行列ができていました。

タクシー待ちのお客の行列ではなく、客待ちのタクシーの行列です。

駅の構内をはみ出して、1000 m 先の大きな通りにまで、車が数珠繋ぎになっていました。こんな光景は今まで見たことがありません。タクシーの運転手さんも、これでは生活していけないのじゃないですか。

これから先も、経験したことのない事態が次々に襲ってくるのではないか、そんな危惧の念をいだきました。

薬の在庫はまだ余裕があるのですが、非常時ですから少し多めに確保しておこうと、2箇所の病院に行ってきました。

待合室に患者は少ないです。

どちらの病院も待ち時間ゼロで診察、投薬。薬局も2箇所行ったのですが、トータルで1時間で終わってしまいました。

糖尿病の主治医の先生は「絶対に新型コロナウイルスにかからないでね。あなたの場合重篤化する恐れがあるよ」と脅されました。

私のHbA1cは6.5%、空腹時血糖値がちょっと高くて130ぐらい。膵体部膵尾部を切除した膵臓がん患者としては良好な管理だと思うのですが、糖尿病患者が新型コロナウイルスに感染すると重症化リスクが跳ね上がります。

ウイルスに感染すると、体はそのウイルスをやっつけようと総動員になります。免疫機能もそこに集中します。「血糖値の管理? そんなものはしばらく放っといて、今はウイルスを退治しなきゃ」となるわけですね。

その結果、血糖値管理ができなくなり、それに影響された様々な機能がガタガタと崩れたして重症化し、亡くなるわけです。

とは言っても、できることは限られています。

  • ウイルスのいそうな場所には近づかない
  • 生活のリズムを守って体内時計を狂わさない
  • 積極的に体を動かす。体を温める
  • バランスの良い食事と水分を摂る
  • ストレスを避ける

とりあえずこれで、インスリンを始めとして2ヶ月ぐらいの薬は確保できました。

緊急事態宣言が出されたら、私の職場も臨時休業することになりました。

さてこれから1か月間の長い休みになります。この機会だからなかなかできなかったことでもやってみようかなと思っています。もちろん出かけるわけにもいかないから家にいてできることです。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す