スポンサーリンク

癌研での定期検査の結果

LINEで送る
Pocket

昨日は半年ぶりの、癌研での定期検査でした。
検査をしないと不安だし、検査をするとなるとその結果がどうなのか、これまた不安になります。検査の結果、再発していたらどうしようか、転移はしていないだろうかと、あれこれと想像します。膵臓がんでは多くの患者が再発・転移をするのですから、私にもそろそろ再発・転移という事態になってもおかしくはないです。

転移・再発していた場合のその後の治療方針を考えて診察に臨みました。

  1. なにも治療はしない。
  2. TSー1の抗癌剤投与をする。これが現在の標準的な治療方法です。
  3. がんペプチドワクチン療法をやってくれる医療機関を探す。
  4. 樹状細胞療法の医療機関を探す。
  5. 休眠療法でがんとの共存を考える。

この中で最も有効だと思われるのは、最近報道もされたがんペプチドワクチン療法でしょう。これなら運が良ければがんの消失=完全治癒も可能です。

血液検査とダイナミックCT検査の結果を待って診察です。
血液検査の結果は、腫瘍マーカーのCEAが4.5、CA19-9が28.7と、前回よりも少し増加しているが正常値の範囲内でした。先生の言うには、「増えたといっても誤差の範囲ですよ」とのこと。
ついでCT画像を出して、スライス画像をマウスでくるくると連続表示しながら見ていきます。私も息を詰めて見ていましたが、「きれいですね。全く問題ないですよ」との言葉。ホッとすると同時に、なんだか肩すかしを食ったような気分です。(人間って勝手なものですね。)
手術後一年半を過ぎて、再発・転移は見られません。

以下はそれ以外の先生とのやりとりです。
○癌研はがんペプチドワクチンへの対応は考えていないのですか?
●理化学研究所と共同ですでに臨床試験も終わっていますよ。これはあなたのような膵臓癌の手術適用例の患者さんが対象でした。これからは手術不能の患者さんへの臨床試験を計画しています。今はその端境期ですが。東京大学医科学研究所の中村教授も元は外科の医者でしたよ。

<しかし、理研のワクチンは樹状細胞療法といわれるものではないかと考えられます。ネットで検索しましが、理研発のベンチャー企業、セルメディシン(株)の「自家ワクチン療法」がありました。これは自分のがん組織がないと治療ができません。樹状細胞療法とがんペプチドワクチン療法は、基本的な考えは同じですが、別のものです。>

○私ががんペプチドワクチンを希望した場合、可能でしょうか?
●理化学研究所に直接申し込んでも大丈夫なはずですよ。ただ、あなたの場合、今ワクチン療法をやる必要はないでしょう。
○18ヶ月たって、転移も再発もしていないのは、成績としてはよい方ですよね。
●そうですよ。膵臓がんの手術適用例で、ASCOのデータだと生存期間中央値は22.8ヶ月です。あなたの場合、既に18ヶ月ですから、仮に今再発・転移しても生存期間中央値以上には生きていることになりそうですから、実際はそれよりも長期間の生存例ということがほぼ確実です。立派な成績ですよ。
○先生の術式が非常に良かったのだと思います。それが一番の要因でしょう。

帰りはゆりかもめで新橋まで出て、年末ジャンボ宝くじを購入。今日の幸運を宝くじにまでつなげたいという、欲張った考えです。夜はチェロのレッスン。今は「虹の彼方に」を練習している。「オズの魔法使い」の劇中歌です。1番パートと2、3番パートのハーモニーが美しい曲です。

ここでもう一度気持ちを引き締めて、これまでの自分なりの治療(玄米菜食・運動・瞑想など)を続けなければならない。油断禁物です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんとサプリメント膵臓がんとサプリメント がん一般に関するサプリメントの効用については、いろいろな情報に接することがあるのですが、膵臓がんにサプリメントは効くのか?という具体的な情報はあまりお目にかかることがありません。 […]
  • 今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』 宇都宮に高精度放射線治療センター はっきり言って、宇都宮セントラルクリニックの宣伝本です。このクリニックは、放射線による画像診断を得意としてきたのですが、この冬にはサイバーナイ […]
  • セシウム137の体内放射能(2)セシウム137の体内放射能(2) 食品の新基準値 厚生労働省の「食品中の放射性物質に係る新たな基準値について」によれば、新基準値を決めるに当たり、もっとも厳しい年齢層である13~18歳男性の限度値:120B […]
  • 「病は気から」を科学する「病は気から」を科学する 気持ちの持ち方を変えれば、がんは治癒に向かうのだろうか。代替療法が効果がある人とない人に別れるのはなぜなのか。 こうした疑問に対し、『がんに効く生活』のシュレベー […]
  • 【Zoomのトラブル解消法】聞こえない!、話せない!、顔が見えない!の解決法をスマホ・PC別に紹介!【Zoomのトラブル解消法】聞こえない!、話せない!、顔が見えない!の解決法をスマホ・PC別に紹介! 『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会でも、Zoomのトラブルは多い Zoomを使ったがんの患者会「膵臓がん患者と家族の集い」を何度か開催してきました。その中で気になった […]
  • 朝日新聞の購読を止めました。朝日新聞の購読を止めました。 朝日新聞の購読中止を販売店に電話で告げた。「何か私どもに落ち度があったのでしょうか?」と電話に出た店主らしい方が、戸惑ったように問い返してきた。「いいえ、そうではありません。朝日 […]
  • 鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験 正常細胞では増殖しないよう遺伝子改変が施されており、正常細胞を傷つけることはありません。高い有効性と安全性を兼ね備える治療法として期待されています。 国内では第一三共やタカラバ […]
  • スーパーシステムとしての免疫系スーパーシステムとしての免疫系 免疫は「複雑系」であるとして、「もともとは単一の細胞の自己複製から始まって、自ら多様なものを作り出し、その相互関係を介して自己の行動様式を決めている免疫は、より高次の複雑系として […]
LINEで送る
Pocket

癌研での定期検査の結果” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    テリーさん
    副作用がきついようですね。でもしばらくの辛抱ですよ。術後のジェムザールはASCOのデータにもあるように、延命効果、運が良ければ完全治癒というご褒美のある治療ですから、費用(我慢?)対効果を考えたら受けておくべき治療です。
    がんペプチド療法は、私ももしも再発していたら久留米まで毎週通ってみようかと本気で考えていました。6クールの旅費と治療費は、セレンクリニックなどに払うのと同程度の金額ではないでしょうか。それも今は必要ないとのことなので、「凡事徹底」です。

  2. テリー より:

    一年半、再発・転移もなく過ごされた事お喜び申し上げます。手術からのブログをずっと読まさせて頂いておりますが、地道な日々の積み重ねがこういった結果を生むということを証明してくださっているようで非常に力づけられます。
    本当に、検査のたびに今回はどうだろうと不安な気持ちも起きますが、最近は数値の上下にあまり右往左往しなくなってきました。数値的には高いのですが安定していればいいというキノシタさんのコメントもひとつの拠り所になっています。ここんところ抗がん剤の副作用がひどく熱、食欲不振、今回は更に白血球数低下を招き、風邪がはやっている人ごみには出ないようにとのお達しが出てしまいました。しばらくのんびりします。
    さて、ペプチド療法ですが、東大も女子医大も治験として現時点では受け付けていないとの事でした。主治医にはいつでも治験を受け入れる準備があるということは認識してもらっていますが、いつになるか読めません。久留米大の外来も一度聞いてみようと思っています。
    寒くなってきました。お互いに風邪など引かないように免疫力をしっかり付けて乗り切りましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です