スポンサーリンク

「がんペプチドワクチン」りぶさんの体験記

LINEで送る
Pocket

「体験記」と言っても私の体験ではありません。すい臓がんと乳がんのお母様をお持ちの「りぶ」さんが書かれている『ほのぼのブログ』に衝撃的な内容が記されています。

東京大学医科学研究所附属病院にがんペプチドワクチン療法を申し込みに行かれ、その体験記を書かれています。お母様は結果的に治療対象となりませんでした。そして、

医科研で最初に行われた臨床試験には5名が参加したそうですが、
5名全てが膵臓癌の進行をしてしまったとの事。

● 2名は既にお亡くなりになり
● 1名は連絡がとれず消えたので亡くなったと判断
● 2名は依然として進行している

という事らしいです。。。
ペプチドワクチンは、成績がおもわしくないので敢えてやる理由がない。
というような感じでした。

そもそも「免疫療法」では膵臓癌などを治せないのは、
医学の世界では「常識」らしいです。
世界的に有名な、
米国国立がん研究所ローゼンバーグ博士の2004年の論文が有名ですが、
それはまだ悪い意味で「正しい」らしいです。。。
http://www.j-immunother.com/faq/A.html#03-16

医科研の中村教授がNHK内で言ったような事はウソではないでしょうけれど、
かなり先に可能となるようなある意味本当の意味での”夢”の薬なのかもしれません。

NHKや中村教授が出ているインターネットの動画で、
和歌山県立医大かなんかでペプチドワクチンを受けた患者さんの回復例がありますが、
あれは和歌山県立医大での臨床試験の条件に、
「無治療」という条件がある理由も否定できないそうです。
つまり、
「ジェム+ペプチド」なので、
ジェムザールだけの効く力で回復されているんじゃないか?とも推測できるという事。

と、担当の先生とのやりとりを書かれています。

すい臓がん患者が死亡あるいは進行しているということですから、少なくともがんペプチドワクチン療法はすい臓がんに関してはまだまだ未知数ということでしょうか。
上のリンクは「瀬田クリニック」内のページに飛びますが、私はこのクリニックに関してはあまり信頼をしておりません。詳細は省きますが。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画 光免疫療法 (NIR-PIT)について。米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 […]
  • ダーク・チョコレートの抗がん作用ダーク・チョコレートの抗がん作用 先日近所のスーパーでで森永の「カレ・ド・ショコラ」カカオ70%のビターチョコが20円引きになっていたので、まとめ買いしました。全国的にキャンペーン中らしいです。このブログ「ビター […]
  • 膵臓がんを治すために、あなたにできること(1)膵臓がんを治すために、あなたにできること(1) どうすれば膵臓がんが治るのか?予後の悪いと言われている膵臓がん患者にとって、これが最大の関心事でしょう。 がんは病院や医者が治すものではありません。結局のところは、 […]
  • 使えない、がんゲノム検査使えない、がんゲノム検査 中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)が29日、「がん遺伝子パネル検査」を保険適用すると決め、6月1日から適用される見通しです。 マスコミでもバラ色の政策のよう […]
  • 今日の一冊(76)『マチネの終わりに』今日の一冊(76)『マチネの終わりに』 恋愛小説はそれとして、平野のクラシック音楽に関する描写力には驚いた。音楽を文字で表現するのは難しい。どうしてもありきたりの、使い古された表現になってしまう。恩田陸の『蜂蜜と遠雷』 […]
  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度もお茶とカテキンについて書い […]
  • 浜離宮庭園の紅葉浜離宮庭園の紅葉 浜離宮庭園の紅葉を撮りに行ってきた。気ままに撮りながら、いつのまにか結構な距離を歩いている。歩くことががんにも効く。かといっていつも同じコースでは飽きてくる。カメラを担い […]
  • 酔っぱらってレッスン 今日は神田で会議。その後の懇親会で生ビールを一杯と泡盛のロックを3杯飲みました。古酒の泡盛をなみなみと注いでくれたので、おいしくてぐいぐいと飲み干しました。チェロのレッスンがある […]
LINEで送る
Pocket

「がんペプチドワクチン」りぶさんの体験記” に対して3件のコメントがあります。

  1. すい臓がん闘病記 より:

    とても参考になりました。また寄らせていただきます。

  2. キノシタ より:

    りぶさま。
    連絡もせずに勝手に記事を紹介してしまいましたが、お許しください。リンクをさせていただきました。
    ものすごい勢いで知識を集めておられて、驚愕しています。また、「巷で癌に効く!と言われているようなものはやらない」「玄米菜食」など、私と考え方も共通する部分が多いように思われます。
    私の戦略は、現代医療も無視しないし、がんペプチドワクチンなどの新しい治療法も考慮に入れますが、治療の土台は、心の有り様です。これが治癒力(免疫力)を高めるためにはもっとも重要であるという考えです。
    癌は治していただくものではなく、自分で治すもの。なぜなら、癌は自分で作ったのですから。心、あるいはもっと神秘的な「霊性」とも言えるものによって自己治癒力の”スイッチ”が入ったときに奇跡が起こるのではないでしょうか。
    一時は退縮もしておられるようですが、経過が良くなることをお祈りいたします。

  3. りぶ@ほのぼのブログ より:

    私のブログをご紹介頂いて有難う御座います(*^ω^*)
    今日久しぶりに愛車を洗車していたところ、父親から「おまえのブログを引用している人がいたぞ~」と言われたので来ました。
    飛び先のリンクの件、ご迷惑おかけして申し訳御座いません。決して瀬○クリニックを紹介しているとかでは御座いませんので…(^^;
    素人の方にでもわかりやすくローゼンバーグ博士の2004年の論文について書かれているWebサイトを探したところあのWebページになりました…。
    (リンク先は、適宜他のローゼンバーグ博士の論文などへのリンク先に変えて頂いても構いません。)
    それからペプチドワクチンに関してですが、mixiというSNS内において、「膵臓癌の非公開コミュ」を私が運営の管理人をしていますが、そこに参加されている約46人の中で、2名が12月中に医科研にご家族を連れて行かれました。私が医科研で聞いて来た事と、殆ど同じ内容を言われたそうです。
    後、東京大学医科学研究所で使われたペプチドワクチンと、和歌山県立医大で使われたワクチンとではタイプ(ⅠかⅡとか?詳細は忘れました)が違うとも先生から教えて頂きましたので、一応ご報告差し上げます。
    ps.
    膵臓癌サバイバーへの挑戦を応援させて頂きたくリンクを貼らせて頂きました。
    ⇒ http://doublehaven.com/2008/07/post_957.php
    今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です