WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

 

P1000565_2


癌掲示板の「膵臓癌ステージ4ーbはもう完治は不可能ですか?」にこんな投稿がありました。

193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32

40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。

一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
他の方の参考情報になればと、投稿致します。

WT1ワクチンで切除不能膵がんステージ4が縮小し、切除可能となった例です。WT1ワクチンが膵がんに効果的だということの新たな例ですね。

切除できない膵臓がん患者にとっては希望の持てるすばらしい治験例です。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究 肉の炭になるような焦げは以前からがんのリスクを高めるとはいわれていましたが、膵臓癌のリスクは60%も高くなるそうです。 ミネソタ大学のアンダーソン氏らの研究です […]
  • アップルCEO 膵臓がんサバイバーアップルCEO 膵臓がんサバイバー 権現堂堤の桜(2) アップルのCEO、スティーブ・ジョブズ氏が膵臓がんであるというニュースで、アップルの株価がどうのとか言うニュースが以前から流れていますが […]
  • 「がん免疫療法」の指針、膵臓がんは推奨されず「がん免疫療法」の指針、膵臓がんは推奨されず 日本臨床腫瘍学会が「がん免疫療法」の指針をまとめた。主要な18種類のがんのうち、現時点で「推奨される」免疫療法があるのは肺がんや血液がん、腎細胞がんなど6種類としている。 […]
  • 副作用は軽視しがちだから・・・副作用は軽視しがちだから・・・ TS-1の添付文書の副作用の項には 5)重篤な腸炎(0.5%) :出血性腸炎、虚血性腸炎、壊死性腸炎等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、激しい腹痛・下痢等の症状が […]
  • 速報! 児玉さんがリリー・オンコロジーで最優秀賞速報! 児玉さんがリリー・オンコロジーで最優秀賞 嬉しいニュースです。 「すい臓がんカフェ」に参加してくださった児玉さんが、第6回リリー・オンコロジー・オン・キャンバスで最優秀賞(写真部門)と一般投票賞の同時受賞に選ばれま […]
  • 「情熱大陸」視聴しました「情熱大陸」視聴しました 普通の民家のようなんだが、なんとなく清潔な雰囲気に惹かれて、パチリ。 上坂先生は、通勤の車の中でチャイコフスキーの交響曲第4番ヘ短調を聞いていた。威勢が良い […]
Pocket
LINEで送る

WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例” に対して1件のコメントがあります。

  1. Hayama より:

    先日、下記の内容を投稿したものです。
    2009年3月に手術をして(10か月経過)、治験であるWT1(阪大系)とジェムザールを投与し続けています。 白血球の型で効果のあるなしがあるようですが、膵臓癌で治療法が見つからない方に、もしかしたら、有益な情報かと思い、投稿致します。
    すでに、手術後、半年を経過していますが、通常の生活を続けています。会社にも、通勤している状況です。 私の状況を、病院の先生方は、研究の対象に、して頂いているのではと思います。
    私のケースが、特異なケースであるかもしれませんが、私のケースで、もっと、ワクチンの研究が進めばいいと思います。
    先日、NHKで別のワクチンの報道を見ましたが、その内容は、進行を止めたようです。 私の場合は、ステージ4から、今の状況では、癌細胞が発見されていない状況にもなりました。
    重ね重ねですが、病院のスタッフの方(医師、看護婦、研究スタッフの方々)には、とても感謝しております。
    193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32
    40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
    その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
    ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
    まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
    現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。
    一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
    他の方の参考情報になればと、投稿致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です