WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

P1000565_2


癌掲示板の「膵臓癌ステージ4ーbはもう完治は不可能ですか?」にこんな投稿がありました。

193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32

40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。

一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
他の方の参考情報になればと、投稿致します。

WT1ワクチンで切除不能膵がんステージ4が縮小し、切除可能となった例です。WT1ワクチンが膵がんに効果的だということの新たな例ですね。

切除できない膵臓がん患者にとっては希望の持てるすばらしい治験例です。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 告知宣言 今日から私はがん患者になった告知宣言 今日から私はがん患者になった 妻には内緒で家を出た 妻には千葉に車で出張だと偽って家を出た。 あいにくの雨模様の天気だ。車で癌研に向かうと途中からフロントガラスに雨粒が当たりだした。癌研の地下駐車場に […]
  • オンライン「すい臓がんセミナー」受付始まってます。オンライン「すい臓がんセミナー」受付始まってます。 認定NPO法人 […]
  • 気になる本『奇跡のシェフ』気になる本『奇跡のシェフ』 上毛新聞で紹介されていたこの本、気になりますね。クラウドファンディング「ハレブタイ」で目標の30万円を大きく上回る138万円を集めて出版にこぎ着けています。自費出版でなく、庶民の […]
  • 混合診療のなし崩し的な解禁に反対混合診療のなし崩し的な解禁に反対 7月18日に、日本難病・疾病団体協議会(JPA)が『混合診療のなし崩し的な解禁に反対する~必要な医療は保険適用が原則~』との見解を発表しています。(こちら) 政府は6月14日、規 […]
  • 未来は予測できない未来は予測できない 糖質制限食をつづけていますが、私の場合はプチ糖質制限食で、1日のうち1回だけ主食を抜くという方法です。正月はお餅を雑煮にいれて結構食べたので、糖質制限にはなっていませんが、まぁこ […]
  • ガンの患者学研究所 (2)ガンの患者学研究所 (2) 「転移はがん細胞が弱った証」という安保徹氏の論理は、ホメオパシーの「好転反応」と同じです。レメディを飲んでいて症状が悪化したとき、「それはよくなる前に一時的に悪化することがあり、 […]
  • ホメオパシーを賞賛しなければよい本なんだが・・・ 連日の猛暑日だそうです。今日は昨日までよりは少しは過ごしやすい気がします。さすがにこの厚さではバックパックを背負って30分以上の散歩をする気にはなりません。膵臓がんで助かって熱中 […]
  • 満身に怒りを込めて児玉龍彦氏【追記あり】満身に怒りを込めて児玉龍彦氏【追記あり】 東大病院にもまともな先生がいるということですね。衆議院厚生労働委員会7/27の録画です。 2011年7月27日 (水) […]
LINEで送る
Pocket

WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例” に対して1件のコメントがあります。

  1. Hayama より:

    先日、下記の内容を投稿したものです。
    2009年3月に手術をして(10か月経過)、治験であるWT1(阪大系)とジェムザールを投与し続けています。 白血球の型で効果のあるなしがあるようですが、膵臓癌で治療法が見つからない方に、もしかしたら、有益な情報かと思い、投稿致します。
    すでに、手術後、半年を経過していますが、通常の生活を続けています。会社にも、通勤している状況です。 私の状況を、病院の先生方は、研究の対象に、して頂いているのではと思います。
    私のケースが、特異なケースであるかもしれませんが、私のケースで、もっと、ワクチンの研究が進めばいいと思います。
    先日、NHKで別のワクチンの報道を見ましたが、その内容は、進行を止めたようです。 私の場合は、ステージ4から、今の状況では、癌細胞が発見されていない状況にもなりました。
    重ね重ねですが、病院のスタッフの方(医師、看護婦、研究スタッフの方々)には、とても感謝しております。
    193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32
    40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
    その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
    ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
    まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
    現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。
    一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
    他の方の参考情報になればと、投稿致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です