WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

P1000565_2


癌掲示板の「膵臓癌ステージ4ーbはもう完治は不可能ですか?」にこんな投稿がありました。

193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32

40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。

一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
他の方の参考情報になればと、投稿致します。

WT1ワクチンで切除不能膵がんステージ4が縮小し、切除可能となった例です。WT1ワクチンが膵がんに効果的だということの新たな例ですね。

切除できない膵臓がん患者にとっては希望の持てるすばらしい治験例です。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵がんの多剤併用療法は有効か?膵がんの多剤併用療法は有効か? 23日、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]
  • 癌研での定期検査の結果癌研での定期検査の結果 昨日は半年ぶりの、癌研での定期検査でした。検査をしないと不安だし、検査をするとなるとその結果がどうなのか、これまた不安になります。検査の結果、再発していたらどうしようか、転移はし […]
  • 定期検診定期検診 今日は3ヶ月ぶりの癌研での定期検診でした。CT検査はなしで、血液検査と主治医の診察だけ。 血液検査の結果は、ヘモグロビンA1Cの値が6.0で、正常値4.3~5.8を少し上回ってい […]
  • 【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験 「昼寝」  春爛漫、留守番も眠くなります。 共同通信によると、「メディネットの契約医療機関である瀬田クリニック新横浜と名古屋大学医学部附属病院が、2005年6月から切除不能局 […]
  • 『がんワクチン治療革命』中村祐輔 ペプチドワクチンOCV-C01の第Ⅲ相臨床試験が再開されました。カクテルワクチンの最終段階の試験が始まり、私たち膵臓がん患者にとっては期待が高まる一方です。日刊工業新聞の次の記事 […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (11) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]

WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例” に対して1件のコメントがあります。

  1. Hayama より:

    先日、下記の内容を投稿したものです。
    2009年3月に手術をして(10か月経過)、治験であるWT1(阪大系)とジェムザールを投与し続けています。 白血球の型で効果のあるなしがあるようですが、膵臓癌で治療法が見つからない方に、もしかしたら、有益な情報かと思い、投稿致します。
    すでに、手術後、半年を経過していますが、通常の生活を続けています。会社にも、通勤している状況です。 私の状況を、病院の先生方は、研究の対象に、して頂いているのではと思います。
    私のケースが、特異なケースであるかもしれませんが、私のケースで、もっと、ワクチンの研究が進めばいいと思います。
    先日、NHKで別のワクチンの報道を見ましたが、その内容は、進行を止めたようです。 私の場合は、ステージ4から、今の状況では、癌細胞が発見されていない状況にもなりました。
    重ね重ねですが、病院のスタッフの方(医師、看護婦、研究スタッフの方々)には、とても感謝しております。
    193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32
    40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
    その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
    ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
    まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
    現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。
    一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
    他の方の参考情報になればと、投稿致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です