中村祐輔教授の新著

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

がんペプチドワクチン療法中村教授の新著『がんペプチドワクチン療法』が出版されている。10月6日が発
売だが、購入を躊躇しているうちに(価格が・・・)アマゾンでは在庫切れ・入荷待ちになっているようだ。

やはりそれだけワクチン療法ががん患者の期待を集めているということだろう。この本の帯は「どのようにはたらき、どのくらい効くのか? 臨床医とがん患者の疑問に答える」となっているので、ある程度専門的な内容だと思われる。値段からしてそんな感じだ。

毎日新聞の昨日の夕刊(23日付)でも中村教授へのインタビュー記事があった。中村教授がヒトゲノム研究を自分の仕事と決めたいきさつなどが語られている。

大阪大学医学部を卒業後、外科医として大阪府内の病院に勤め、がん患者たちと向き合うことになった。「若い女性でしたが、私の白衣の袖をつかんで、泣いて訴える患者さんもいました。誰もが病気の回復を願っていますが、やはり全員を助けられるわけではなかったんです」。無力感が中村医師を襲った。 こうしたがん患者との出会いがきっかけで、アメリカで5年間、人間の遺伝子暗号と言われるヒトゲノムの研究に没頭した。<中略>
食道がんや、膵臓(すいぞう)がんなどに対して、これまでに行われた臨床研究の結果は、被験者の4割でがんの進行が止まり、2割でがんが小さくなったとの
こと。これは、既存の抗がん剤と同程度かそれ以上の効果であり、副作用も抗がん剤より圧倒的に軽い。現在は、より早期のがん患者でも臨床研究を続けてい
る。

月曜日の「クローズアップ現代」のがんワクチンの放送予定もある。ワクチン療法への期待が高まっている。

これもがんワクチンに関する情報だが、FWshot00036DAが「企業向けガイダンス-がん治療用ワクチンのための臨床学的考察」(ドラフト版ガイダンス)を出している。和訳はこちら

がん値ようようワクチンは、従来とは異なる臨床試験方法を採用すべきだという内容。しかし養子免疫療法(NK細胞療法など)とは一線を画す必要もあるとの提言である。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

中村祐輔教授の新著” に対して1件のコメントがあります。

  1. hana より:

    今日初めて拝見し、多くの情報を集めながらも、大変冷静に対処なさっているところに敬服いたしました。
    「がんペプチドワクチン療法」読んでみたいとおもいます。アマゾンでは品切れですが、
    オンライン書店BK1では24時間出庫となっておりましたので、こちらで入手いたしました。
    急激に寒くなりつつあります。インフルエンザや風邪にもどうぞお気をつけくださいませ。

  2. Bee_shrimp より:

    先程、「クローズアップ現代」観ました。手術をしないで、ワクチン投与とは、本当に夢の治療法でね。鳥越さんもおっしゃっていたように、国の予算を投入すべき、と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。