スポンサーリンク

【追記あり】「ホメオパシー」についての日本学術会議会長談話

LINEで送る
Pocket

マスコミでも報道されているとおり、日本学術会議会長の金澤一郎会長名で『「ホメオパシー」についての会長談話』が発表されました。全文はここ。 (日本学術会議のWebにあるPDFファイルではなく、当日記者団に配布された資料をアップしました。PowerPointの画像が追加されています)

タイムリーな談話として歓迎します。

  • ホメオパシーが医療関係者の間で急速に広がり、ホメオパシー施療者養成学校までができています。
  • レメディは「ただの水」ですから「副作用がない」ことはもちろんですが、治療効果もあるはずがありません。
  • 「水が、かつて物質が存在したという記憶を持っているため」と説明しています。この主張には科学的な根拠がなく、荒唐無稽としか言いようがありません。
  • その効果はプラセボ(偽薬)と同じ、すなわち心理的な効果であり、治療としての有効性がないことが科学的に証明されています。
  • 例えプラセボとしても、医療関係者がホメオパシーを治療に使用することは認められません。
  • 今のうちに医療・歯科医療・獣医療現場からこれを排除する努力が行われなければ「自然に近い安全で有効な治療」という誤解が広がり、欧米と同様の深刻な事態に陥ることが懸念されます。
  • すべての関係者はホメオパシーのような非科学を排除して正しい科学を広める役割を果たさなくてはなりません。
  • ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されています。それを「効果がある」と称して治療に使用することは厳に慎むべき行為です。
  • ホメオパシーについて十分に理解した上で、自身のために使用することは個人の自由です

会長談話という形をとっていますが、報道によると一年間内部で検討を重ねてきた結果だということですから、日本学術会議の総意と考えて良いでしょう。私のこれまでの主張とも一致しています。

長妻厚生労働大臣は平成21年1月28日の参議院予算委員会で次のように答弁して、ホメオパシーへの親和性を明らかにしています。学術会議が反対の談話を出した今、政府・長沼大臣はどうするのでしょうね。

○国務大臣(長妻昭君) 統合医療は、もう言うまでもなく、西洋医学だけではなくて、伝統医学、漢方、鍼灸、温泉療法、音楽療法、芸術療法、心身療法、自然療法、ハーブ療法、ホメオパチーなどいろいろな広がりがあるものでございまして、厚生労働省といたしましても、この二十二年度の予算でかなりこれまで以上に、研究分野の統合医療
の研究について十億円以上の予算を計上しまして、その効果も含めた研究というのに取り組んでいきたいというふうに考えております。

(議事録では「ホメオパチー」となっている)

朝日新聞では「治療に導入している大学病院もある」と書かれていますが、これは東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニックのことでしょう。ここの川島朗医師もホメオパシーの信奉者で、あちらこちらで発言しているようです。

【追記】
apitalに当日の会見の様子
がアップされています。名指しではないですが長妻大臣の上の答弁についても注文を付けています。

会見資料では「日本の事情」として、日本ホメオパシー振興会(松永昌泰氏)、日本ホメオパシー医学協会(由井寅子氏)は挙げていますが、日本ホメオパシー医学会(帯津良一氏)は挙げられていません。どうしてか合点がいきませんね。唯一同じ医者仲間が理事長をやっている団体ということで遠慮したのかも。しかし、ホメオパシー医学会の方針をみると、会長談話とは真っ向から対立します。無視できないと思うのですが。

日本ホメオパシー医学会の方針
1) ホメオパシーは医療である
2) ホメオパシーを行うにあたって、常に患者の利益を最優先する。
3) ホメオパシーを行うものは近代西洋医学を修めたものとして、自らの専門性の範囲の中で治療を行う。
4) ホメオパシーを行うものは近代西洋医学、補完・代替医療を問わず最適な医療を提供する。
5) ホメオパシーを行うものは最良の医療を提供するために、他の医療従事者と積極的に協力する。

「あの事故は本当のホメオパシーではなかったから起きたのだ」という主張が早速されています。由井氏は間違ったホメオパシーであり、我々のが正しいのだという論理です。松永氏のブログです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 喉の渇き喉の渇き お散歩デジカメ 『3対3』 夜中に喉の渇きを覚えて、目が覚める。さらに、このごろは午前3時になると便が出たくなって目が覚める。便の方は手術の後遺症による神経 […]
  • モーツァルトはコルチゾールを下げるモーツァルトはコルチゾールを下げる 今日は朝からモーツァルト。弦楽五重奏曲第3番、フルート協奏曲にクラリネット協奏曲を続けて聴いた。モーツァルトは大きな音で聴いていても、ついうとうととなる。サイモントン療法やマイン […]
  • 退院後初の外来で再発の可能性を問う退院後初の外来で再発の可能性を問う 今日は退院後初めての外来受診でした。駅の階段の上り下りが結構堪えました。まだまだ体力が8割くらいしか回復していない感じです。 「先生、私は実はまだ手術後のご説明を聞いていな […]
  • 実例報告「私は切らずにがんが治った」実例報告「私は切らずにがんが治った」 次郎 「週刊現代」の特集記事がアップされているけど、 「病は気から」は本当だった!実例報告「私は切らずにがんが治った」 確かに自然治癒はあるのだ […]
  • 今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』 がん光免疫療法の解説本が出ました。がん光免疫療法は、こちらの記事「光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画」でも触れていまが、今後のがん治療に大きな期待の持てる技術です。 毎日 […]
  • 死ぬ直前に誰もが後悔すること 『看護師が語った死ぬ直前に誰もが後悔する「5つのこと」』のタイトルの記事が目に留まりました。 末期患者と接する看護師が、彼・彼女らが死ぬ直前に語った言葉をまとめた本の紹介です。 […]
  • 感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる 10月28日のブログに書いた吉村光信さんのエッセイの続き『がんと心もよう(2)「病は気から」の精神免疫学』が「市民のためのがん治療の会」のアップされています。精神(神経)免疫学に […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です