スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

「生きることについて」

40年ほどの昔、よく口ずさんでいた歌があった。確か高校生の頃、社会科の先生から教えてもらった歌だった気がする。「死んだ女の子」である。トルコの詩人ナジム・ヒクメットの名前が、今でもすらすらと出てくる。
坂本龍一と元ちとせのコラボにより、再び蘇り、2005年8月5日、第60回「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」の前夜、原爆ドーム前で披露されましたそうだ。ただ、元ちとせの歌は、歌詞が私が記憶しているものとは違う。記憶の中にある歌詞の方が好きだ。

作詞:ナジム・ヒクメット、作曲:木下航二
日本語詞:飯塚 広

1 とびらをたたくのはあたし
  あなたの胸にひびくでしょう
  小さな声が聞こえるでしょう
  あたしの姿は見えないの
2 十年前の夏の朝
  あたしはヒロシマで死んだ
  そのまま六つの女の子
  いつまでたっても六つなの
3 あたしの髪に火がついて
  目と手がやけてしまったの
  あたしは冷い灰になり
  風で遠くへとびちった
       (間奏)
4 あたしは何にもいらないの
  誰にも抱いてもらえないの
  紙切れのように燃えた子は
5   おいしいお菓子も食べられない
     とびらをたたくのはあたし
  みんなが笑って暮らせるよう
  おいしいお菓子を食べられるよう
  署名をどうぞして下さい

映画「チェルノブイリ・ハート」の冒頭に、彼の「生きることについて」という詩が流れている。映画の監督であるマリオン・デレオさんが「日本のみなさまへ」と題したメッセージである。映画を見ていない人のために(私もYouTubeでしかみていないが)、英語版だがYouTubeで見られるサイトを紹介したwebをリンクしておく。この映画を見てもなお「チェルノブイリでは小児の甲状腺がん以外の健康へ影響は見られない」と言えるだろうか。

さて、ヒクメットの「生きることについて」は、私たちがん患者に向けたメッセージかのようにも感じられる。

「生きることについて」      ナジム・ヒクメット

生きることは笑いごとではない
あなたは大真面目に生きなくてはならない
たとえば
生きること以外に何も求めないリスのように
生きることを自分の職業にしなくてはいけない

生きることは笑いごとではない
あなたはそれを大真面目にとらえなくてはならない

大真面目とは
生きることがいちばんリアルで美しいと分かっているくせに
他人のために死ねるくらいの
顔を見たことのない人のためにさえ死ねるくらいの
深い真面目さのことだ

真面目に生きるということはこういうことだ

たとえば人は七十歳になってもオリーブの苗を植える
しかもそれは子供たちのためでもない

つまりは死を恐れようが信じまいが
生きることの方が重大だからだ

この地球はやがて冷たくなる
星のひとつでしかも最も小さい星 地球
青いビロードの上に光輝く一粒の塵
それがつまり
われらの偉大なる星 地球だ

この地球はいつの日か冷たくなる
氷塊のようにではなく
ましてや死んだ雲のようにでもなく
クルミの殻のようにコロコロと転がるだろう
漆黒の宇宙空間へ

そのことをいま 嘆かなくてはならない
その悲しみをいま 感じなくてはいけない
あなたが「自分は生きた」と言うつもりなら
このくらい世界は愛されなくてはいけない

よりよく生きるためには、他人のためにさえ死ぬことができるほど、まじめでなければならない。よりよく生きるために、死を選ぶこともある。そして、その前にしておくことがある。この宇宙と地球とすべての生き物を愛することだ。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 東京新聞「がん 笑い飛ばそう!!」東京新聞「がん 笑い飛ばそう!!」 昨日の樋口強さんの「いのちの落語独演会」が、今朝の東京新聞に紹介されていました。 私もたくさん笑いました。そういえば最近落語を聞いていないなぁ。 そんなあなた […]
  • 今年もまもなく~いろいろ今年もまもなく~いろいろ 年の瀬も押し詰まって、あと一週間で新しい年です。今年もいろいろとありましたが、「一日一生」のつもりで悔いなき日々がおくれたかな、と思います。春の桜も秋の紅葉も行きたいところに行く […]
  • 週のはじめに考える「言わねばならないこと」週のはじめに考える「言わねばならないこと」 ふうきさんのご冥福をお祈りいたします。2006年に切除不能の膵頭部がんの告知をされ、抗がん剤だけで6年もの長きにわたって闘病されました。副作用に絶えてでも生きる価値もあるのだ、と […]
  • 大腸のポリープ切除 入院予定大腸のポリープ切除 入院予定 10月の初旬に第1回目をやって2ヶ月後は12月ですけども、ポリープを切除した後2週間はお酒が飲めません。正月にお酒が飲めないのはいやでしょうから、2回目は年明けにしましょう。 […]
  • 心の平安はがんの進行を抑え、QOLを改善する心の平安はがんの進行を抑え、QOLを改善する 自分の心の奥にある本心と真摯に向き合って、表現豊かな執筆をした患者は、生活の質(QOL)が改善し、がんの症状も改善したとの報告です。 表情豊かに書くことで、腎細胞がん患者の […]
  • 動画「がん患者のインターネット活用術」動画「がん患者のインターネット活用術」 以前に「がん患者のためのインターネット活用法」という記事を書いたことがありますが、ネットの世界は日進月歩で、記事のないようも古くなってきたので更新しようと思い立ちました。 せっか […]
  • 「がんゲノム医療」が「先進医療」に「がんゲノム医療」が「先進医療」に 「がんゲノム医療」が先進医療として行われることが、厚生労働省の専門家会議で決定されたと報じられています。 がん患者の遺伝子を調べて最適な薬を選ぶことができる […]
  • 周回遅れの日本のゲノム医療周回遅れの日本のゲノム医療 タイトルは中村祐輔先生の口癖ですが、上昌広(医療ガバナンス研究所理事長)氏も同じことを丁寧に説明しています。 ゲノム研究を推し進める原動力は、個別化医療の推進だ。個 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です