がんの補完代替医療ガイドブック 第3版

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付までもうしばらくお待ち下さい。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

20120227210246cdb
1週間ぶりです。確定申告(青色申告)を必死で作成していましたが、やっと終わりました。1年分をまとめてこの時期にやるので、例年のことですが疲れます。昨年も3.11の前に提出しておいて助かった。3月15日までおいてたらたいへんだったと思います。医療費控除のための領収書の分厚さには驚きますが、金額はたいしたことはなくて還付されるのは13万円程度でした。

『がんの補完代替医療ガイドブック』の第3版が公開されました。

3ページの「補完代替医療とは」の内容が変更されています。

第2版Ws0087 第3版
Ws0088
米国NCCAMによる分類方法も一部変更され、ホメオパシーはエネルギー療法(気功、レイキ)などと一緒に「その他」に一括りにされています。

20ページに「科学的根拠に基づいた医療とは?」のコラムが付け加えられており、

補完代替医療の利用について判断する際には、エビデンスだけでは決まらず、他の要素も考慮するために、ときにエビデンスの示すものとは異なった判断をすることがあります。決してエビデンス通りの判断をすることが科学的根拠に基づいた医療(EBM)ではありません。

と書かれています。エビデンスがないから補完代替医療は取り入れるべきではないという、一面的な解釈に注意を促していますが、かといって、何でもかんでも良いと言うことではありません。

「がんの補完代替医療の有効性」のページは多くの改訂があります。「強く薦められる(質の高い科学的根拠あり)に「定期的な運動」などが追加されています。また、がん予防のために健康食品・サプリメントは推奨できない、とも書かれています。

資料編の「AHCC」の分析なども、PubMedでの文献が、第2版の2例から4例に増えて、有効性のある研究も紹介されています。

第2版と比較しながら第3版を読んでみるのも、この間の研究成果を知る上で有効だと思います。

医療従事者向け

医療従事者向けの『がんの補完代替医療診療(CAM)手引き』も公開されています。

20120227210432d77


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3) 米国対がん協会ガイドライン『「がん」になってからの食事と運動』では、がんの食事療法の有効性をきちんとした科学的方法で評価することは難しい、と言っています。第一版が発行されて以来新 […]
  • スポーツは健康に悪いスポーツは健康に悪い 錦織選手の活躍が注目されています。すばらしいテクニック、プレッシャーに負けない強靱な精神、なによりも笑顔が良い。しかし、スポーツ選手は常に怪我とも闘わなくてはならない。 昨日も肩 […]
  • マインドフルネス瞑想ガイド 八百屋が「おめでとう 東京」と張り紙をして「西瓜 […]
  • シュレベールの箴言(3)シュレベールの箴言(3) 統計は情報に過ぎず、けっして宣告ではない。 進化論の専門家で「第二のダーウィン」と呼ばれたスティーブン・ジェイ・グールドは、40歳で腹膜中皮腫と診断された。中皮腫は不治の病 […]
  • ニュースウォッチ9で補完代替医療ニュースウォッチ9で補完代替医療 私は「科学的根拠のない医療は禁止」には反対です。だいたいが、医療の現場ではきちんとしたエビデンスのある医療行為は3割しかないといわれている。また、エビデンスがない=効果がないとも […]
  • 時間治療とメラトニン時間治療とメラトニン 昨日のNHKクローズアップ現代「”からだの時計”が暮らしを変える」で時間治療(クロノテラピー)が取り上げられた。肝臓に転移した腫瘍が、抗がん剤を投与する時間を変えただけで、驚異的 […]
  • 日本一被曝している医者だから、内部被曝の脅威が分かる日本一被曝している医者だから、内部被曝の脅威が分かる 先日の「市民のためのがん治療の会」講演会における、北海道がんセンターの西尾正道院長の講演について紹介します。 放射線治療機器メーカーの日本アキュレイの調査では、がん治療経験者 […]
  • 感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる 10月28日のブログに書いた吉村光信さんのエッセイの続き『がんと心もよう(2)「病は気から」の精神免疫学』が「市民のためのがん治療の会」のアップされています。精神(神経)免疫学に […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です