十割蕎麦「ふくろう」本当の蕎麦を食ってきた

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

雨の中、幸手市の権現堂堤へ行ってきた。雨に濡れた桜の花びらも風情があるが、昼食の蕎麦が絶品だった。幸手市役所近くにある「十割蕎麦 ふくろう」。天ざるをたのんだが、しばらくすると店主が「これから蕎麦を打ちます」。「えっ これから?」と思っていたら打ち立てを出すのがこの店のこだわりだという。

Snc00038

打ち立ての蕎麦は、蕎麦特有の香りがする。久しぶりの「これが蕎麦だ!」という蕎麦を食った。天麩羅も新井農園の有機栽培野菜を、揚げたてを奥さんが一品すつはこんでくる。油も高級品なのかこれもよい。

会津山都町産のそば粉を使った十割蕎麦。店内はジャズが流れている。酒も豊富にそろえているし、食材も良いものだけを使ってこだわりが徹底している感じの店である。『十四代』が全種類あって、いつでも楽しめるのもすごい。

_dsc3290
_dsc3285

良い店に出会って幸せな気分でした。

さて目的の桜。結構寒かったので見物人もまばら。雨も時折横殴りに吹き付けるので、撮影もままならないが、雨の桜でなければ撮れないカットを狙ってみた。

_dsc3158
_dsc3163
_dsc3180
_dsc3187
_dsc3215
_dsc3240
_dsc3277


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

十割蕎麦「ふくろう」本当の蕎麦を食ってきた” に対して1件のコメントがあります。

  1. PON より:

    美しい写真の数々。闘病で疲れた心が癒されます。
    今年はまともな花見ができなかったので、嬉しかったです。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です