緑茶のカテキンは膵臓がん細胞の代謝を変える

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

緑茶の抗がん作用については以前から紹介していまし、私は毎日深蒸し茶をミルで挽いて極微細や粉末(お抹茶)にして飲んでいます。

お茶に含まれるカテキンが膵臓がん細胞の代謝を変えることが分かったとの記事があったので紹介します。

緑茶が膵臓がんのリスクを下げる仕組みを米研究所が解明!

日本人には馴染みの深い緑茶。毎日飲んでいるという人も多いだろう。
その緑茶に含まれるカテキンなどの成分に殺菌作用や血糖値を抑制する働きなどがあることはこれまでの研究で明らかになっている。
そして「抗がん作用がある」ともされているが、どうやってがん細胞の発達を抑制しているのか、そのメカニズムは分かっていなかった。

がんに関わる酵素を阻害
しかしこのほど、緑茶が膵臓がんのリスクを下げる仕組みを米国の研究所が解明した。
研究チームによると、緑茶に含まれるEGCG(没食子酸エピガロカテキン)と呼ばれるカテキンの一種が、がんと密接にかかわる酵素LDHDを阻害するのだという。それにより、膵臓がん細胞の代謝を変えることがわかった。
また、酵素阻害物質のオキサミン酸がLDHDを抑制することも確認した。つまり、EGCGとオキサミン酸ががん細胞の拡散を抑制し、がんの予防や進行を遅らせることにつながるのだという。

膵臓がん以外にも当てはまる?

研究を行ったロサンゼルス生物医学研究所のWai-Nang Lee博士は「研究結果は膵臓がんだけでなく、すべてのがんの予防につながる可能性がある」と話す。
今回はがん予防や進行を遅らせる仕組みについての研究だが、どのくらいのカテキン摂取でそうした効果が得られるのかも知りたいところ。今後の研究に注目したい。

出典元:Metabolic consequences of LDHA inhibition by epigallocatechin gallate and oxamate in MIA PaCa-2 panc – Metabolomics

【このブログの関連記事】

スポンサーリンク

このブログのお薦め記事

  • 緑茶はがんに効くか?緑茶はがんに効くか? 京セラのお茶ミルを使い出して、3ヶ月になります。1月に放映された「ためしてガッテン」では、3ヶ月で血圧が下がった、減量したなどの効果があったなどと説明していましたが、さてお茶はが […]
  • ダークチョコは脳を若返らせ、がんにも効果があるのか?ダークチョコは脳を若返らせ、がんにも効果があるのか? 少し前に、「カカオを多く含むチョコレートを食べると脳が若返る可能性がある」との勇み足の発表に批判が出たとのニュースがありました。 チョコを食べない対照群を設 […]
  • 緑茶で死亡率減少:がん研究センター緑茶で死亡率減少:がん研究センター 国立がん研究センターの多目的コホート研究で、緑茶・コーヒーと死亡率の関係が明らかにされました。 緑茶を習慣的に摂取する群において、男女の全死亡リスクが低い 緑茶は、日本で […]
  • 食事と運動でがん患者の生存率は伸びる食事と運動でがん患者の生存率は伸びる がん予防の食事は、がんができてしまった患者には効果がない、という医者もいますが、それは間違っています。 彼らが大好きなエビデンス(科学的な証拠)を使って反論してみま […]
  • 緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する 九州大学の研究発表ですね。新茶の季節です。 膵臓がん幹細胞の生存・転移に重要なしくみを攻撃する化合物の発見 - 緑茶カテキンの研究から生まれた成果 […]
  • 食事と運動は、がんの治療にも効果がある食事と運動は、がんの治療にも効果がある 『がんサポート』2011年2月号の瀬戸山修 爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表へのインタビュー記事である。『エビデンス(科学的な根拠)のある食事 […]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA