HDR写真の作り方

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

このところ、HDR写真(High Dynamic Range Image)にはまっています。
ブログに何枚かアップしたのですが、flickrの閲覧履歴を見ると、けっこう評判が良いようですので、作り方を公開(というほどでもないか)。

  1. カメラは「絞り優先モード」にする。絞りが変わると画角が違ってくるためです。
  2. 「ブラケット撮影(3枚)」に設定して、露出を+2.0、0、-2.0にする。
  3. 可能なら三脚を使用する。昼間の明るいときなら手持ちでも大丈夫。少しのブレならHDRソフトが自動で3枚の写真を位置合わせをしてくれる。
  4. HDRソフトは、私はPhtomatix Pro 5.0を使っている。3枚の写真を読み込んで好みのプリセットを選び、微調整をする。

ま、こんな手順です。下のようなカットを

Dsc01270

Dsc01269_2

Dsc01268

3枚を合成して、Photomatixに読み込んで、

Imageyositakapc006

少し微調整をした最終の結果がこちら。

DSC01268_69_70

建物の白は残したい。でも空のトーンは飛ばしたくないということでHDRにしました。明暗差の大きい被写体には有効だと思います。

処理方法に「トーンマッピング」と「露出合成」があり、上の写真はトーンマッピングで処理しています。比較的派手派手な作品に仕上がるので、「やり過ぎ」に注意。

「露出合成」は、こちらが本来のHDRなのですが、明暗差を補正して(いいとこ取り)素直な作品に仕上げてくれます。金剛力士像がその例です。

Dsc01337_3 Dsc01336_2
Dsc01335

 

DSC01335_6_7

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です