スポンサーリンク

HDR写真の作り方

LINEで送る
Pocket

このところ、HDR写真(High Dynamic Range Image)にはまっています。
ブログに何枚かアップしたのですが、flickrの閲覧履歴を見ると、けっこう評判が良いようですので、作り方を公開(というほどでもないか)。

  1. カメラは「絞り優先モード」にする。絞りが変わると画角が違ってくるためです。
  2. 「ブラケット撮影(3枚)」に設定して、露出を+2.0、0、-2.0にする。
  3. 可能なら三脚を使用する。昼間の明るいときなら手持ちでも大丈夫。少しのブレならHDRソフトが自動で3枚の写真を位置合わせをしてくれる。
  4. HDRソフトは、私はPhtomatix Pro 5.0を使っている。3枚の写真を読み込んで好みのプリセットを選び、微調整をする。

ま、こんな手順です。下のようなカットを

Dsc01270

Dsc01269_2

Dsc01268

3枚を合成して、Photomatixに読み込んで、

Imageyositakapc006

少し微調整をした最終の結果がこちら。

DSC01268_69_70

建物の白は残したい。でも空のトーンは飛ばしたくないということでHDRにしました。明暗差の大きい被写体には有効だと思います。

処理方法に「トーンマッピング」と「露出合成」があり、上の写真はトーンマッピングで処理しています。比較的派手派手な作品に仕上がるので、「やり過ぎ」に注意。

「露出合成」は、こちらが本来のHDRなのですが、明暗差を補正して(いいとこ取り)素直な作品に仕上げてくれます。金剛力士像がその例です。

Dsc01337_3 Dsc01336_2
Dsc01335

 

DSC01335_6_7

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 最近、あなた笑えてますか 樋口強さんが肺がんを告知されたのが1996年、43歳の時。膵がんに負けず劣らずの最強といわれる肺小細胞がんである。3年生存率5%、5年生存率・・・・データがない。13年経った […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
  • エビデンスの信頼性に疑問符!エビデンスの信頼性に疑問符! 臨床試験において、最も信頼度の高いのがメタアナリシスとランダム化比較試験(RCT)であるが、一方でこうした指摘もある。 「RCTのエビデンスにバイアスの可能 […]
  • 誤診で膵臓がん、あるかも誤診で膵臓がん、あるかも 今日は出張先から書いています。宿のWi-Fi環境が悪くてネットが遅い。外は真冬の寒さです。 千葉県がんセンターで昨年末、病理検体を取り違えて別患者の乳房全摘 […]
  • 炎症を抑え、免疫力を高めるために炎症を抑え、免疫力を高めるために 炎症作用を利用して、がん細胞は周囲の免疫細胞を「武装解除」していく。NK細胞を初めとする白血球の活力が弱まり、目の前で増殖していく腫瘍と闘おうとしなくなる。 したがって、炎症マ […]
  • がん患者は、筋肉を鍛えようがん患者は、筋肉を鍛えよう 何も対策をしなければ、筋肉は老化とともにどんどん衰えていき、20代に比べて80代になると最大で筋肉の40%が失われると言われています。 高齢者が筋肉を失うとどのよう […]
  • タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (2)タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (2) ●FDA承認時のデータ(HTML、PPT) 2005年11月にアメリカで膵臓がんに適用承認されたときのメーカー申請データなどが閲覧できる。 タルセバ群の生存期間中 […]
  • ウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できるウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できる 膵臓がんにウコンは効果があるのでしょうか。ウコンががんに効果があるという科学的な報告をまとめてみました。 ウコンの有効性が次々に明らかに 2010.11.4の産経ニュ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です