どうなる?膵癌ペプチドワクチン

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

大塚製薬がオンコセラピー・サイエンスとの契約を終了すると報じられています。

大塚製薬が膵癌対象癌ワクチンOTS102のライセンス契約を終了
2015/1/9

大塚製薬は、1月8日、オンコセラピー・サイエンスと締結していた膵臓癌を対象とした治療用ペプチドワクチンの独占的な開発・製造・販売に関するライセンス契約、および扶桑薬品工業と締結していた癌治療用ペプチドワクチンOTS102の日本における製造・販売に関するサブライセンス契約について、2015年1月8日から所定期間(180日間)の経過をもって契約を終了する旨の通知を行ったと発表した。

臨床試験結果などを基に、総合的な判断の結果だという。

なお大塚製薬は、大腸癌を対象にフェーズ1試験を実施中の癌治療用ペプチドワクチンOCV-C02については引き続き開発を進めるという。

膵臓がん患者にとって、一時は大きな期待を集めてニュースになり、NHKの番組でも取り上げられた膵癌のペプチドワクチンですが、この先どうなるのでしょうか。臨床試験で結果が出せなかったのですから、こうなることは予想はしていましたが。

和歌山県立医大や久留米大学、神奈川がんセンターなどでの膵癌のペプチドワクチン臨床試験にも影響があるのでしょうか。

「免疫」は摩訶不思議な人体の仕組みで、そうそう簡単には人間の手で操作できないものなのかもしれませんね。

ただ、世界をみると、ゲノム解析と免疫療法との組み合わせで新たな知見が増えていることも確かです。

 期待の治療法の1つは、「キメラ抗原受容体T細胞療法(Chimera Antigen Receptor T therapy:CART)」と呼ばれる遺伝子治療と細胞治療が合体した治療法。
 さらにもう1つは、免疫抑制シグナルシステムを阻害する抗体治療(抗PD-1、 抗PDL-1、抗CTLA4)である。
 これに組み合わせる、がんのゲノムや、ゲノムの中でも機能に直結するエクソームと呼ばれる部分の解析から得られる情報を生かす研究も進んでいる。がん抗原ペプチドを特定する方法の開発が視野に入ってきている。

科学者たちは諦めることなく研究をしています。新年の初夢として、”がんワクチン、免疫療法でがんで死なない時代”になることを期待したいものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 楽天は、光免疫療法で星野仙一氏の仇討ちを楽天は、光免疫療法で星野仙一氏の仇討ちを 星野仙一さんは膵臓がんだったようですね。告知から1年と6ヵ月ですから、ステージ4なら標準的な経過でしょうか。残念です。 楽天の三木谷会長は、父親の三木谷良一神戸大学 […]
  • 光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画 光免疫療法 (NIR-PIT)について。米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 […]
  • 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 名古屋大学は11月21日、プラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵がん腹膜播種治 […]
  • 膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発 ホウ素中性子捕獲療法 ホウ素中性子捕獲療法(BNCT)による臨床試験が国立がん研究センターなどで始まっています。従来の原子炉からの中性子を利用していたものから、中性子源を直線加 […]
  • ドクターXはナノナイフドクターXはナノナイフ 昨夜のドクターX観ました。 城ノ内先生が、ステージⅣaの局所進行膵癌(転移なし)で、門脈に腫瘍が絡んでいるため手術ができない。 そこで大門が不可逆電気穿孔法(IRE […]
  • 蒲田でミニオフ会蒲田でミニオフ会 今日は朝から久しぶりのチェロ。先週の出張は久しぶりのきつい肉体労働だったので、足腰と腕も痛くて弓を持つ元気もなく、1週間ぶりのチェロレッスンとなった。 Exerciseでちょっと […]
  • がん研で9年目の検査がん研で9年目の検査 今日はがん研有明で9年目の定期検査でした。腫瘍マーカーに異常はない。CT画像には明確な再発・転移を示す兆候はない。 とのことで、術後9年目をクリアです。血液検査の結果は、 […]
  • すばらしいクリスマスプレゼント がん研で手術が可能に!すばらしいクリスマスプレゼント がん研で手術が可能に! ブログ記事『ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です