がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半?


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

『がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究』という記事が1月2日付で載っていました。この記事を読むと、がんになる原因の3分の2は”偶然”によるものであり、環境要因(生活習慣)と遺伝的要素が残りの3分の1と解釈でき、食事や運動、生活習慣を変えても多くのがんは予防できない、というふうにとれます。

だが、安西英雄氏がツイッターで指摘しておりましたが、どうやら原著論文のニュアンスとは違うらしい。原著論文はこちらですが、私にはabstractしか読むことができません。full textはIDがなければ読めないので、具体的な記述までは確認できません。

しかし、Robert Geller氏が「サイエンス誌の今週号に掲載された論文は癌発生の3分の2は不運のせいだと述べたが、間違った結論」と批判しています。

「不適切なデータ解釈の不運」とまで言っています。

Sadly, this conclusion is based on a frightening variety of errors in interpretation and basic math. この結論は信じられないような、基本的な数学と解釈の誤りに基づいている。

3分の2という数字は、幹細胞の分裂数とがんの発生率の相関計数に基づいているが、両対数グラフにプロットされたデータはリニアではない。

この相関は、組織間の変化を説明するかもしれないが、それは、突然変異誘発の原因を示唆していない。

Full Textを見れないので彼の指摘が正しいのかどうか、分かりませんが、この研究は、「組織によってがんの発生率はずいぶん違う。その違いは、その組織がどれほど頻繁に細胞分裂するかによってほぼ説明できる」というものですよね。しかもそれを統計学的に説明したという論文です。

この論文を持って、食事や運動、睡眠などの生活習慣を気にしてもしかたがないのだ、がんになる人はなるし、ならない人はならないのだから、と解釈するのは早計だということでしょう。

論文のひとつに一喜一憂することなく、自分の信じる療法、食事と運動、さらに大切な「心の平安」を考えて、がんとの闘いに勝ち抜きましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 雨上がりに咲く向日葵のように雨上がりに咲く向日葵のように 25日に山下弘子さんが亡くなりました。19歳で肝臓がんが見つかり、余命半年を告知され、それでも希望を見失わずに「雨上がりに咲く向日葵のように」生きてこられました。 昨年に、 […]
  • 今日の一冊(41)『がんとともに、自分らしく生きる』 ブログを書いている膵臓がんの方にも、強烈な副作用に耐えて抗がん剤を続けている方もいる。自分の価値観に従って、抗がん剤はしないという選択をした方もいる。抗がん剤は続けるけど、副 […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(5)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(5) 脳神経学者であり医師の中田力氏は、『穆如清風-複雑系と医療の原点』でこんなことを言っています。 医療における不確定性は、複雑系のもたらす予想不可能な行動に由来し、実際にやっ […]
  • 樋口強さんの本、絶対にお勧めですよ!! 昨年末のこちらの記事で紹介した松沢さんが、15日にがん研での手術が終わったとコメントをくださいました。ICUを出てすぐに、痛みに耐えながらコメントしてくださったのでしょうね。おめ […]
  • 今日の一冊(28)『医者と患者のコミュニケーション論』今日の一冊(28)『医者と患者のコミュニケーション論』   里見清一はペンネームで、本名は國頭英夫。日本赤十字社医療センター化学療法か部長である。『医者と患者のコミュニケーション論』は研修医が患者と接する […]
  • 今日の一冊(30)『病気の9割は歩くだけで治る』今日の一冊(30)『病気の9割は歩くだけで治る』 がん患者は、ともかく歩きなさい、と言い続けてきた。長尾和宏氏の『』は、町医者の立場から、多くに患者に歩くことを進め、症状が改善した例を挙げて歩く効用を説いている。 […]
  • ビジネスクラス 中村祐輔先生の『シカゴ便り』がアメリカの医療事情を良く伝えている。「続々と開発されるがん新規治療薬」では、9月4日にFDAが承認した米製薬企業メルクの免疫チェックポイント阻害剤、 […]
  • 四万十のゲリラ医者四万十のゲリラ医者 岩間四万十茶屋から見た岩間沈下橋 先週四万十に行った折りに、立ち寄ったところが2カ所ある。 大野内科は、赤鉄橋の橋のたもと、トンボ公園に向かう途中にあった。(両方の看板が見えま […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です