がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半?

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

『がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究』という記事が1月2日付で載っていました。この記事を読むと、がんになる原因の3分の2は”偶然”によるものであり、環境要因(生活習慣)と遺伝的要素が残りの3分の1と解釈でき、食事や運動、生活習慣を変えても多くのがんは予防できない、というふうにとれます。

だが、安西英雄氏がツイッターで指摘しておりましたが、どうやら原著論文のニュアンスとは違うらしい。原著論文はこちらですが、私にはabstractしか読むことができません。full textはIDがなければ読めないので、具体的な記述までは確認できません。

しかし、Robert Geller氏が「サイエンス誌の今週号に掲載された論文は癌発生の3分の2は不運のせいだと述べたが、間違った結論」と批判しています。

「不適切なデータ解釈の不運」とまで言っています。

Sadly, this conclusion is based on a frightening variety of errors in interpretation and basic math. この結論は信じられないような、基本的な数学と解釈の誤りに基づいている。

3分の2という数字は、幹細胞の分裂数とがんの発生率の相関計数に基づいているが、両対数グラフにプロットされたデータはリニアではない。

この相関は、組織間の変化を説明するかもしれないが、それは、突然変異誘発の原因を示唆していない。

Full Textを見れないので彼の指摘が正しいのかどうか、分かりませんが、この研究は、「組織によってがんの発生率はずいぶん違う。その違いは、その組織がどれほど頻繁に細胞分裂するかによってほぼ説明できる」というものですよね。しかもそれを統計学的に説明したという論文です。

この論文を持って、食事や運動、睡眠などの生活習慣を気にしてもしかたがないのだ、がんになる人はなるし、ならない人はならないのだから、と解釈するのは早計だということでしょう。

論文のひとつに一喜一憂することなく、自分の信じる療法、食事と運動、さらに大切な「心の平安」を考えて、がんとの闘いに勝ち抜きましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 雨上がりに咲く向日葵のように雨上がりに咲く向日葵のように 25日に山下弘子さんが亡くなりました。19歳で肝臓がんが見つかり、余命半年を告知され、それでも希望を見失わずに「雨上がりに咲く向日葵のように」生きてこられました。 […]
  • 今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』今日の一冊(29)『抗がん剤治療を受けるときに読む本』 抗がん剤治療を受けるときに読む本posted with ヨメレバ Amazon Kindle 楽天ブックス 7net honto     […]
  • 今日の一冊(36)『がんとの賢いつき合い方』 『がんとの賢い闘い方』は大場大医師の本で、近藤誠理論への反論が中心でしたが、こちらはがんと診断された患者に、最新のがん治療のポイントを分かりやすく説明しています。 がんとの賢 […]
  • 今日の一冊(22)『医療否定本の嘘』今日の一冊(22)『医療否定本の嘘』 今朝NHKニュースでやっていたが、長瀞の「月の石もみじ公園」の紅葉が見頃でライトアップも始まったようです。上の写真は一昨年に行ったときのものです。きれいでした。 医療否定本の […]
  • ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」 ロハス・メディカルの「国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記」がおもしろい。 「がん対策推進基本計画」の記載に基づき厚生労働、文部科学、経済産業の 3 […]
  • ビジネスクラス 中村祐輔先生の『シカゴ便り』がアメリカの医療事情を良く伝えている。「続々と開発されるがん新規治療薬」では、9月4日にFDAが承認した米製薬企業メルクの免疫チェックポイント阻害剤、 […]
  • 四万十のゲリラ医者四万十のゲリラ医者 岩間四万十茶屋から見た岩間沈下橋 先週四万十に行った折りに、立ち寄ったところが2カ所ある。 大野内科は、赤鉄橋の橋のたもと、トンボ公園に向かう途中にあった。(両方の看板が見えま […]
  • 遺伝子検査の問題点遺伝子検査の問題点 美人林にて 最近の週刊誌、特に女性週刊誌ではアンジェリーナ・ジョリーの予防的乳房切除の記事で賑わっています。個別化医療の名で、乳がんに限らず、癌一般に遺伝子(DNA)検査が行な […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です