チェロ仲間が膵臓がんサバイバーに

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

外は雪、東京は今年二度目の雪です。昨夜は3ヶ月ぶりのチェロのレッスンでした。少しがんばりすぎたのか、左の上腕筋が痛いです。曲はディズニー映画『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」。

以前我々のグループだったDさんが、先生のコンサートにみえていたという話を聞きました。「Dさん、生きていたの?」と私。

Dさんは私と同じ膵臓がんで、しかもがん研の主治医も同じという奇遇。彼女が手術をしたのが2010年5月です。

2010年6月のブログにはこう書いています。

今日のレッスンはメンバーの二人がお休みで、少し前から参加したDさんと二人だけ。レッスン後に話をしていたら、Dさんも先月癌研で手術をしたそうで、しかも、同じ先生だと分かってびっくりでした。チェロ友ががん友だった。
チェロをやっているとがんの治癒率が高いというエビデンスが、Dさんと二人で証明できるのではなかろうか、と思ったりして・・・。

その後予後が芳しくないという話は聞いていたのですが、チェロのレッスンにも来なくなり、噂では特技を生かして料理教室の先生をしているとか聞いていました。失礼ながら、私はてっきり亡くなっているかもしれないと考えていたのです。

それが、元気でコンサートに現われた! 彼女はおおらかで行動的な性格。ガハハ・・と笑い飛ばし、いつも周囲を明るくします。がんのことも「ま、なんとかなるさ」と屈託無く話していました。

まもなく5年になろうかとしています。こんな性格と好きなことに熱中する、それががんには一番効果的なのだなとあらためて感じた次第です。

膵臓がんサバイバーと言っても良いのではないでしょうか。

そうそう、彼女からいただいた『生きる禅語』(お姉さんが書かれた)にこんな一節がありました。

*********************************************

他不是吾(たはこれわれにあらず)Tahakore_2

道元が若いころ中国で修行をしていたときの話。炎天下、杖をついた老僧が椎茸を干していた。典座(てんぞ)と言って食事を作る役である。道元が「こんな大変な仕事をなぜ若い人に代わってもらわないのですか?」と訊くと、老僧はひとこと「他は是吾に非ず」。そこで道元がハッと気づく。すべてが修行なのだと。そして人はそれぞれかけがえのない、取り替えの利かない存在。会社では取り替えの利く歯車であっても、家にあっては大切な存在。

真実人体
我々の身体こそは、宇宙における真実である。

自分のこの身体こそが、偽りのなき真実。これまでこき使ってきたが文句も言わず、がんを宿したこの私をなんとか生き長らえさせてくれる。心臓はたゆまず鼓動し、血液は流れ、免疫システムは驚異的な仕事をしてくれている。宇宙のリズムとつながって、命のリズムを奏でようとしている。

*********************************************

生きていることに感謝、がんにも感謝。Dさんにエールを。

チェロはやっぱり膵臓がんに効く! のかもしれない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 楽天は、光免疫療法で星野仙一氏の仇討ちを楽天は、光免疫療法で星野仙一氏の仇討ちを 星野仙一さんは膵臓がんだったようですね。告知から1年と6ヵ月ですから、ステージ4なら標準的な経過でしょうか。残念です。 楽天の三木谷会長は、父親の三木谷良一神戸大学 […]
  • 膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発 ホウ素中性子捕獲療法 ホウ素中性子捕獲療法(BNCT)による臨床試験が国立がん研究センターなどで始まっています。従来の原子炉からの中性子を利用していたものから、中性子源を直線加 […]
  • 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 名古屋大学は11月21日、プラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵がん腹膜播種治 […]
  • ドクターXはナノナイフドクターXはナノナイフ 昨夜のドクターX観ました。 城ノ内先生が、ステージⅣaの局所進行膵癌(転移なし)で、門脈に腫瘍が絡んでいるため手術ができない。 そこで大門が不可逆電気穿孔法(IRE […]
  • アブラキサンが審議会で了承されるアブラキサンが審議会で了承される 11月28日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、アブラキサン点滴静注用100mg(大鵬薬品)に、治癒切除不能な膵癌への効能・効果を追加することが了承されました […]
  • がん研で9年目の検査がん研で9年目の検査 今日はがん研有明で9年目の定期検査でした。腫瘍マーカーに異常はない。CT画像には明確な再発・転移を示す兆候はない。 とのことで、術後9年目をクリアです。血液検査の結果は、 […]
  • ボクの妻と結婚してくださいボクの妻と結婚してください 『ボクの妻と結婚してください』最終回をビデオで見た。このドラマ、膵臓がんの方のブログではほとんど触れられていません。気にはなるけど、切実すぎる問題だからでしょうか。 あらすじは・ […]
  • 光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画 光免疫療法 (NIR-PIT)について。米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、JAMT(一般社団法人 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です