鎌倉のアジサイ

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

今日6月11日は、私の「がん記念日」。2007年の今日が、膵がんの疑いが生じた日であり、このブログを開設した日でもあります。あれから8年かぁ、あっという間だった気もするし、長かったなぁという気もする。

昨日は鎌倉のアジサイの撮影に。6時半に家を出て北鎌倉の紫陽花寺=明月院へ。8時半からの開門なので8時頃着いたが、既に10人ほどが開門を待って並んでいた。開門すると、鎌倉石の参道の両側の紫陽花を目当てに、人物が入らない用の撮影しようと、カメラマンたちが先を競って走る。土日にはここから北鎌倉駅まで列が並ぶそうな。

鎌倉、めぐりあいたい風景 (集英社be文庫)』を一冊持って行った。でも、表紙の写真、成就院は今年からアジサイの植え替え工事のため3年間はアジサイを見ることができない。

アルバム『鎌倉のアジサイ』に全部のショットを載せています。(下にもスライドショーがあるけど)

平日だったのに、鎌倉の街は人と車で大混雑。車はなかなか動こうとしない。

【明月院】明月院ブルーと言われる、日本古来の姫アジサイが大部分を占めている。青いアジサイがきれいに咲いていた。

DP1M2291

DP3M2391

DP2M3687

「アジサイに つるべ取られて・・・」って洒落ですか?

DP3M2403

つぎは浄智寺へ。

DP3M2450

東慶寺も門前まで行ったが、時間の都合で割愛。お昼は『鎌倉、めぐりあいたい風景』で紹介されていた、北鎌倉駅の自然食料理「笹の葉」で。アジサイの時期は特別メニューで2種類のみ。お目当てだった「玄米菜食膳」に近いのでまぁ許すか。

20150610_115401

20150610_112912

玄米は柔らかくて美味しかった。もう少しもちもち感があれば良いけど。満腹になったので、北鎌倉から鎌倉駅に行き、江ノ電で長谷寺へ。

【長谷寺】

 

DP3M2510

アジサイ坂はこんなにすごい人です。

DP1M2336

DP3M2494

続いて近くの光則寺に行ったが、被写体に魅力がなくシャッターは押さなかった。本殿の縁側で30分昼寝。

本わらび粉を使った、こ寿々の「わらび餅」を買って16時に帰宅しました。今日もよく歩いたなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 浜離宮庭園の紅葉浜離宮庭園の紅葉 浜離宮庭園の紅葉を撮りに行ってきた。気ままに撮りながら、いつのまにか結構な距離を歩いている。歩くことががんにも効く。かといっていつも同じコースでは飽きてくる。カメラを担い […]
  • 若冲展と南禅寺へ若冲展と南禅寺へ 若冲の絵には生命のダイナミクスと多様性、輝いている命とやがて死んでいく命が細部にまで克明に描かれていている。雄鳥は発情し、虫に食われた笹も描かれている。 若冲を介して老子と生命 […]
  • 安曇野、大町 紅葉と温泉安曇野、大町 紅葉と温泉 土日で安曇野と大町付近の紅葉と温泉を堪能してきました。娘も参加して3人で、長男は愛犬の世話で留守番です。 flickrの安曇野紅葉の写真アルバム 10月25日(土) […]
  • 伊豆高原の桜・2伊豆高原の桜・2 大室山の4000年前の噴火により、流れ出た溶岩が海を埋め立ててできたのが城ヶ崎海岸の独特の景観です。吊り橋で有名ですが、吊り橋の上から岬の先端部を取ったのが次の一枚。恐竜の頭のよ […]
  • デジカメ 試し撮りデジカメ 試し撮り 25日発売のCanon PowerShot G3 […]
  • 写真展と国会議事堂前抗議集会写真展と国会議事堂前抗議集会 DP2 Merrill F5.6 1/200 ISO200 再開発予定の町、京急蒲田駅前商店街 SIGMA […]
  • HDR写真の作り方HDR写真の作り方 このところ、HDR写真(High Dynamic Range […]
  • 仁淀ブルー仁淀ブルー 日本一の清流は四万十川ではなく、仁淀川だという。どちらも高知県の川だ。宮尾登美子の『仁淀川』は満州で敗戦を迎え、必死で夫と幼い娘とともに、夫の生まれ育った仁淀川のほとりに落ち着い […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です