バッハ:平和への祈り

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

昨夜の夕焼けは怖いほどでした。台風が接近しているためでしょうか。それとも国会で緊張感を増している「戦争法案」を象徴しているのでしょうか。

Img_0583

一日、ヴィヴァルディのチェロ・ソナタ第5番に挑戦している。レッスンで弾いたのはだいぶ前なので、ほとんど忘れている。書き込みを頼りに思い出しながら。

largoはなんとか満足できる(今の段階で)まで弾き込んだ。出だしのミ⇒ミの1オクターブのジャンプでいかに音を滑らかに繋ぐか。前の音の余韻を残しながら、しかも途中の音を出さずに次の高音のミにつなげるために、弓をいったん止めることで対処している。これで正解かどうか分からないが。

2015071453

さて、次は同じ5番のアレグロだなぁ。暑いからぼちぼちやろう。

「戦争法案」が15日にも衆議院で採決されようとしている。国会前に駆けつけたいのだが、15日から出張の予定になった。この暑さで反対派の動員も少ないだろうと、安倍総理、そんなことを考えているのかも。

千住真理子が今年のデビュー40周年を記念して出したCD『平和への祈り~バッハ:無伴奏ヴァイオリン全曲』を聴いている。バッハのチェロとヴァイオリンのための2つの無伴奏曲集は、やはりバイブルだよね。

千住真理子さんは次のように思いを語っている。

[バッハ録音への思い]
演奏活動40年間の想い出は、確かに私の身体と音に刻み込まれている。

デビューして以来、無我夢中で走り続けてきたこの期間、私には様々なドラマが降りかかってきた。

国内外のコンクールやそれにまつわる様々なハプニング、絶望や苦難、かと思えば人の優しさに触れ涙したこともある。

父の病死に続いた運命としか説明出来ないストラディバリウスとの出逢いと感動。

一番こたえたのは母の死である。末期ガンとの戦いは今まだ私の心に拭いきれない悔しさ、後悔と共にある。

だから、40周年、エンジンを全開にしてアクセルを思いっきりふみたい。
いま、私のすべてを聴いていただきたい。
――千住真理子

バッハが弾けなくなった時期が、私にはある。

10代の終わりから30歳になるまでだ。ずいぶん長い期間、私はあまりにも偉大なバッハに、あまりにも崇高なバッハに、押し潰されていた。

愛するあまり、受け止められない、そんな矛盾したバッハへの想い。

30歳を過ぎてから開かれた扉は、真摯に神に向き合う祈りの道だった。
だから私は祈る。バッハを弾くことは、祈ることなのである。

私は祈り続けたいのだ。

まだなし得ない復興にくるしんでらっしゃるかたがたと共に。大切な人を突然奪われた悲しみから立ち上がれないでいるかたと共に。
海を越えて、貧困にあえいでる人々、戦争に巻き込まれてる人々と共に。私は平和を祈るために、バッハを弾く――。
――千住真理子

演奏も録音もすばらしい作品でした。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • チェロレッスン「白鳥」チェロレッスン「白鳥」 チェロのレッスンは今週からサン・サーンスの「白鳥」。チェロの定番であり、かつプロの演奏者も難しいという曲。弾くのは決して難しくはないが、音楽的に表現することが難しい。ま、こちらは […]
  • シチリアーノ 亡きがん友を想うシチリアーノ 亡きがん友を想う シチリア島。イタリア半島を長靴に例えれば、長靴に蹴り上げられた小石のような島。観光地としても有名ですが、マフィア映画でも有名な島です。(シチリアの町並み) 地中海文 […]
  • チェロ発表会 Wind & Strings Concert 2011チェロ発表会 Wind & Strings Concert 2011 先週の信州での一枚。 昨日はチェロの発表会「Wind & Strings Concert […]
  • DACを買い換えたDACを買い換えた サブで主にBGM的に使っているDACがそろそろ寿命かなぁ。 タイムドメインスピーカーBauXar ボザール Jupity301 ジュピティ301 […]
  • 生前葬コンサート 小椋佳生前葬コンサート 小椋佳 小椋佳が「生前葬コンサート」を計画しているという情報が昨年からあった。(2013/2/2付 […]
  • モーツァルトはコルチゾールを下げるモーツァルトはコルチゾールを下げる 今日は朝からモーツァルト。弦楽五重奏曲第3番、フルート協奏曲にクラリネット協奏曲を続けて聴いた。モーツァルトは大きな音で聴いていても、ついうとうととなる。サイモントン療法やマイン […]
  • チェロ弓の毛替えチェロ弓の毛替え 昨夜は今年初めてのチェロのレッスン。しばらくサボったなぁ。 一時間ほどで「モルダウ」「ラクリモサ」を弾いたが、弓がすべって音の出だしが悪く、引っかからない。そういえば2 […]
  • 無伴奏チェロ組曲無伴奏チェロ組曲 一足早く満開の桜。河津桜でしょうか?それとも陽光? 最近はバッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です