今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

IMG_2146

原宿「スーパーよさこい」こちらもベストショットに数えて良いかも


何の因果か、癌の王様と言われる膵臓がんになってから、音楽の趣向が変わった。それまではヴィヴァルディやドヴォルザーク、チャイコフスキーなどの魅惑的な旋律の音楽をうっとりと聴いていたが、バッハやベートーヴェンをよく聴くようになった。

赤川次郎も『三毛猫ホームズの遠眼鏡』の出だしでこんなふうに書いている。

少なくとも私個人で言えば、毎夜ベートーヴェンに聴き入るのは、単に古くて定評があるとか、安心感があるからだけではない。常に高みをめざして努力する、前へ進むエネルギーに「人間の気高さ」を確かめたいからである。

「死」が身近に感じられるようになったからなのか、以前は堅苦しいと感じて交響曲の全楽章を聴き通すことが難しかったベートーヴェンが、その音楽から「苦悩」や「絶望」その果てにある「希望」を見出して、私の心が共振しているように感じられた。

本書は岩波の「図書」に連載された30回のエッセーを集めたものである。音楽と演劇の愛好家である赤川次郎の、それらを豊かな感性で紹介するとともに、今日の右傾化する日本へのするどくて先見性のある批評でもある。

日本の経済発展は、水俣病のような公害被害者を、「多数の幸福のための犠牲」として切り捨ててきた。これは日本的な少数者差別だろう。

~~~~~~~~~~~~~~~

東日本大震災から一年半あまりを過ぎて、今なお仮設住宅に暮らす人々もまた「少数者」として忘れられかけているのではないか。そうでなければ、新たな税まで設けて捻出した復興予算を、砂糖に群がるアリのように、役人が被災地そっちのけで奪い合うなどという醜悪なことができるはずがない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうして考えてくると、本当に「少数」な「少数者」で、もはや対策の打ちようもなく絶望的なのは政治家だ、という笑えない考えが浮かんでくる。しかもその自覚がないのが問題である。(「少数者はどこにいる」より)

「利己的だ」と若者を批判した政治家が男色買いをしたり、政党交付金でベンツのローンを払ったりと、もっとも「利己的」だという笑えない現実はますますひどくなっているように見える。

2014年の「スリッパはどこへ行った」では、

ところで、今、新しい都市伝説の主人公が日本を深い闇の中へ引きずり込もうとしている。国際舞台で、原発事故の状況はコントロールされていると、堂々とウソをつき、戦争できる国にすることを積極的平和主義と呼ぶ。

安倍政権を支えたい経団連が好景気のイメージ作りをしているだけで、原発の収束も、大地震への備えも、高齢者が増え続ける問題もすべて後回しにして、オリンピックやリニア新幹線に金を注ぎ込む。十年、二十年後に、どんな地獄が持っているか。

NHKの特集がどんどん右寄りになり、政府に批判的な番組やキャスターは次々に姿を消す。そんな日も遠くない。

いやNHKの「そんな日」は既にやってきているようだ。赤川次郎ってなかなかいいじゃないか。実は私は彼の小説を読んだことがない。何となくで食わず嫌いだった、と反省している。

最新刊の『東京零年』でも読んでみるとするか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(19)『介護ビジネスの罠』 介護ビジネスの罠 (講談社現代新書)posted with ヨメレバ 長岡 美代 講談社 2015-09-17    […]
  • 今日の一冊(18)『長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?』今日の一冊(18)『長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?』 長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?posted with ヨメレバ 長尾 和宏 ブックマン社 2015-07-31    […]
  • プラセボ効果プラセボ効果 どうってことのない写真だけど、チョット気になる。 「癌」と「がん・ガン」、実は使い分けが必要なのですが、私のブログでは「見た目」を大事にして、混在しています […]
  • ノーベル賞 戸塚洋二さんのことノーベル賞 戸塚洋二さんのこと 八千穂高原自然園の紅葉 二人の日本人にノーベル賞が授与されました。生理学・医学賞の大村智・北里大特別栄誉教授、物理学賞に東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長が受賞されました。 1 […]
  • 天下は神器、為すべからず 信用できる相手って、どんな人だろう。「よく分からないけど、あの人がそう言うのなら、従ってみようか」「今後の治療法、迷うけど、この先生が言うのだったら、そうしてみようか」 反対に、 […]
  • スライドショー『巾着田の曼珠沙華』スライドショー『巾着田の曼珠沙華』     曼珠沙華ももう終わりですね。ずいぶんと涼しくなってきました。 花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思 […]
  • 美瑛の丘にクラリネットの風が吹く美瑛の丘にクラリネットの風が吹く 四泊五日の北海道旅行から昨夜遅くに帰ってきた。 4時起きで朝霧と朝焼けを狙い、夕陽と丘の風景を狙い、日中は撮影ポイントを駆け回って、夜は満天の星空を撮る。いつ寝るんじゃい! […]
  • 今日の一冊(17)『がんとの賢い戦い方』 先月24日に肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さんが、近藤誠氏のセカンドオピニオンを受けていたらしいという記事がありますね。 『川島なお美さん […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です