スポンサーリンク

ホウ素中性子捕獲療法は膵臓がんには適用できない

LINEで送る
Pocket

今朝のNHKニュースでもやっていましたが、国立がん研究センターのホウ素中性子捕獲療法(BNCT)の施設が、原子力規制庁の審査に合格して公開されました。

プレスリリース:世界初となるリチウムターゲットの病院設置型BNCTシステ

20160303_09_29_17

2017年3月ごろをメドに皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)などを対象に臨床試験を始める計画だそうです。しかし、BNCTは膵臓がんには適用できないでしょう。

BNCTの原理は、患者にホウ素(10B)を含む薬剤を投与し、がん細胞に取り込ませたうえ、加速器を利用して熱中性子を照射する。

20160303_09_35_40

ホウ素(10B)は窒素(14N)の2000倍も効率よく中性子を捉えます。原子力施設では中性子の遮蔽材として用いられています。がん細胞にのみ取りこまれたホウ素を含む薬剤は、熱中性子を照射されることでホウ素(10B)がリチウムの原子核(7Li)とα線(ヘリウムの原子核)に核分裂します。生じたα線の飛程はせいぜい10μmほどなので、がん細胞内にしか影響しません。

  10B+n(中性子) → 7Li + 4He (α線)

核分裂で発生した高エネルギーのα線によってがん細胞のDNAがズタズタに破壊され、がん細胞は死滅します。ホウ素を取りこんでいない正常細胞にはほとんど影響を与えないと考えられています。

しかし、中性子はホウ素や水素などの原子番号の小さい原子とよく反応します。したがって、人体の主要な構成分子である水(H2O)によって吸収されてしまいます。そのために皮膚から70mm程度にある腫瘍にしか適用できないのです。最初の診療試験がメラノーマだというのもそういう理由からでしょう。

つまり、胃の裏側にある膵臓がんには中性子(熱中性子)が届かず、適用できない。将来的に可能になるかもしれませんが、ずっと先の話でしょうね。残念ですが。

ちなみに「中性子爆弾」というものは、中性子が鉄やコンクリートなどは比較的よく通すが、水などの低原子番号の物質には吸収されるという性質を利用したものです。戦車やビルは壊さずに内部の戦闘員だけを殺すことができるのです。

速中性子を使えばすい臓まで届くのでは? しかし、それでは患者が死んでしまいます。死なないまでもひどい副作用が避けられません。

中性子爆弾はエネルギーの高い「速中性子」を利用しますが、BNCTではよりエネルギーの低い「熱中性子」を利用します。速中性子の少ない加速器とターゲットを開発することで実現できた技術です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • のりぽきーとさん、闘病記をクラウドファンディングで出版のりぽきーとさん、闘病記をクラウドファンディングで出版 お母さまの膵臓がん闘病記を4コマ漫画で書かれているのりぽきーとさんが、闘病記を出版するためにクラウドファンディングで資金を募集しています。 100万円の目標 […]
  • 魚介類由来のオメガ3で膵癌のリスクが下がる魚介類由来のオメガ3で膵癌のリスクが下がる リンク: 2015/12/07 魚介類およびn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)と膵がんとの関連 | 多目的コホート研究(JPHC Study) | […]
  • 退院しました。退院しました。 仁淀川:浅尾の沈下橋。仁淀ブルーが美しい。 本日、10日目で退院となりました。やれやれです。病名は「癒着性イレウス」(要するに”糞詰まり”)、2年前の11月と同 […]
  • 御嶽山噴火御嶽山噴火 御嶽山が噴火した。 実は今年の紅葉撮影の候補地として、御嶽山とその近くの開田高原を考えていた。開田高原にある「ロッジ上天気」に宿泊して、御嶽山の紅葉を撮りに行くはずだった。家族の […]
  • 十割蕎麦「ふくろう」本当の蕎麦を食ってきた十割蕎麦「ふくろう」本当の蕎麦を食ってきた 雨の中、幸手市の権現堂堤へ行ってきた。雨に濡れた桜の花びらも風情があるが、昼食の蕎麦が絶品だった。幸手市役所近くにある「十割蕎麦 […]
  • 今日の一冊(6)『見捨てられた初期被曝』今日の一冊(6)『見捨てられた初期被曝』 明月院のアジサイ 本書は、3.11の原発事故による、主にヨウ素131の初期被曝から子どもたちを守るために何が足りなかったのか。被害を小さく見 […]
  • きれいな風景は抗がん剤より効果があるきれいな風景は抗がん剤より効果がある PET-CTの結果で転移の疑いがありCTを撮りましたが、その結果を持ってうUクリニックへ。伊藤医院からの画像診断書をお見せして、 リンパ節への転移ではないらしい 十二指腸の水平脚 […]
  • カテキンの薦めカテキンの薦め ライフライン21『がんの先進医療』の「食事と栄養」のページに、「緑茶でがん細胞の発生と成長を抑制する」というページがあり、半田えみ先生(医療法人社団 中成会 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です