スポンサーリンク

今日の一冊(49)『あの世へ逝く力』

LINEで送る
Pocket

著者の小林玖仁男氏は、さいたま市中央区で国登録有形文化財の屋敷を利用して会席料理店「二木屋」を営んでいる。また、全国の伝統や風習をアレンジした歳時の飾りつけ(室礼)によるもてなしで知られ、郷土玩具研究家であり雛人形研究家でもある。

あの世へ逝く力

あの世へ逝く力

小林 玖仁男
1,210円(06/15 01:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

小林さんが間質性肺炎と診断され、早ければ二年半との余命宣告を受けて著した「死の前に整えたい気持ちの準備書」。

命の終わりを宣言されてからの11日間で「恐怖」を「覚悟」に変えるために起こした行動を記している。

キューブラー・ロスの『死ぬ瞬間』から、自分なりの死への旅の「行程表」を作り、鹿島神宮のパワースポットへ行き、セカンドオピニオンで別の医師の意見を聞き、占い師にも会う。

  • すべてのことをやり尽くせば、覚悟ができる。死の怖さもなんだか遠のいていく。
  • 人生の最期の時間は引き算で考える
  • 寿命は何倍にもできないが、人生の質は何倍にもできる
  • 早めに死ぬのは、早めのバスに乗って先にいくだけのこと

などの格言が並んでいる。とはいえ、やはり「逆転サヨナラホームラン」も偽らざる気持ちだと打ち明ける。

友人たちからの多くのことばに支えられたという。

  • 悪魔と取引してでも生きることを考えてみて
  • 父も間質性肺炎だったが、苦しいのは最後の1週間だけ
  • 大変なことがあると自分が大きく変われますよ
  • 我慢せずに泣きわめいた方が楽になる
  • 笑えば必ず病気は持ちこたえられます

圧巻は、博多の知人女性のことば。

  • もう、ろくでもないことなんか、なぁ~んも気にせんでよかと。たっぷりお金を用意して世界一周クルーズでも行ったらよかぁ。ところで死ぬにも金がかかるたい。あんた、大丈夫?

良い友人に恵まれていますよね。

一方で、

まわりの人々の「絶対大丈夫!」「小林さんは長生きします」とか、「がんばれば必ず良くなります」「あきらめないで」という、前向きながらなんの根拠もない健康な人共通の励ましトーク。ありがたいのですが、どんどんなじまなくなってきています。

と書いている。分かる分かる。死を宣告された人へのことばって、難しいよね。

自分なりの死生観を持つことが決定的に大事、と小林さん。私も常々そう書いてきた。「幸福な死」を迎えることは難しいことではなさそうです。いまから「死」の瞬間がどのようなものなのか、楽しみです、と言った有名人がいたが、その気持ちもよく分かります。「長生きすることが本当に善なのか?」よく考えてみようよ。

人はみんな何かの原因で死ぬ。がんで死ぬのは、それほど悪い”何か”ではない。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 今日の一冊(101)「ステージ4をぶっ飛ばせ!」今日の一冊(101)「ステージ4をぶっ飛ばせ!」 ステージ4でも、明るく前向きに生きている患者が増えている 元聖路加国際大学病院の精神腫瘍科部長であった保坂隆先生の最新の著作です。私が読んだ他の著作も同時に挙げておきます。 […]
  • そろそろ「休戦」そろそろ「休戦」 梅澤充先生のブログが「休戦」になるようですね。 ときどきは書くかもと言うことなので、「終戦」ではなく「休戦」なのでしょう。 梅澤先生には町田で開院して […]
  • PCオーディオ用に中古のノートPCをPCオーディオ用に中古のノートPCを 一度は撮っておきたい東京駅駅舎・・・です。DP1 […]
  • ブログ村の新着記事ーシステムの不具合ブログ村の新着記事ーシステムの不具合 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、ある方から「キノシタさんのブログは最近更新されていないのかと思った。ブログ村新着記事一覧に出てこないのですから」と言われました。 私は […]
  • 期待のがん光免疫療法とは?期待のがん光免疫療法とは? 光免疫療法は「免疫療法」なのか 光免疫療法は主な使い方では「免疫」でがん細胞を攻撃するわけではありません。 […]
  • what3wordsを使ってみた。これって広まるね。what3wordsを使ってみた。これって広まるね。 この3ワードアドレスがご指定の3メートル四方の位置を表します。こちらのリンクをクリックするか、この3ワードをwhat3words […]
  • 先進医療実施機関の一覧先進医療実施機関の一覧 Twitterにも書きましたが、重粒子線治療が先進医療として承認されています。これは放医研だけではなく、兵庫県立粒子線医療センター・国立大学法人群馬大学医学部附属病院の重粒子線治 […]
  • 今日の一冊(48)『ビタミンDは長寿ホルモン』 最近ビタミンDに関する科学的、臨床的知識が豊富になり、知られざる効用が次々に明らかになってきました。そんなビタミンDの効用をまとめた本です。 マサチューセッツ総合病院のワン […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です