膵臓がんの粒子線治療

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「市民のためのがん治療の会」に『粒子線治療の現状と将来展望』と題して兵庫県立粒子線医療センター 院長 沖本智昭先生が寄稿しています。

膵臓がんの粒子線治療に関して、注目すべき内容もあるので紹介します。

他にも巨大な肝細胞癌や肺癌、局所進行膵癌で粒子線治療が標準治療成績を上回る可能性を示す事は出来たが、粒子線治療施設で治療方法に違いがある事などからエビデンスが高いデータとは言えないと判断し、粒子線治療が標準治療より優れた効果があると予測できる悪性腫瘍に対して前向き臨床試験を行う事となった。

私が所属する兵庫県立粒子線医療センターでは6~7千万円を自施設で負担して局所進行膵癌に対するゲムシタビン併用陽子線治療を行う事を決めた。粒子線治療施設は適応のない多発転移症例などにも照射を行い金儲けしているという声を耳にする事もあるが、厳格に適応症例を決め粒子線治療を行っている当院では赤字経営が続いている。それでも多額の自己負担で臨床試験を行う理由はただ一つ、当院で施行している粒子線治療を局所進行膵癌の多くの患者さんに届けたいからである。

切除、ラジオ波焼灼、X線治療、肝動脈化学塞栓療法のどれも不可能でこのままでは数か月の余命という患者さんが当院で粒子線治療を受け、何年も元気で過ごされているのを何度も経験している。このような粒子線治療でしか救えないごく少数の症例に対する粒子線治療を保険収載する事でどれ程の国民医療費が増加するというのであろうか?

10の前向き臨床試験が進んでいるようですが、残念ながら膵癌は含まれていません。エビデンスが出て保険収載されるまでには10年はかかるでしょう。

製薬会社が関わらない臨床試験は、自前で赤字覚悟でやるしかないのです。エビデンス至上主義では救える患者も救えない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日のウォーキング&写真今日のウォーキング&写真 歳には勝てないが、病気には負けていられない。「歩け、歩け」です。
  • 米国対がん協会のガイドラインが8年ぶりに改定米国対がん協会のガイドラインが8年ぶりに改定 米国対がん協会は「がん予防のための食事と運動に関するガイドライン」を8年ぶりに改定しました。 いずれ翻訳されて出版されると思いますが、ここではその概要を見ておきましょう。 […]
  • 今日の一冊(3)『沈みゆく大国アメリカ』 6日間の出張から帰宅。ノートPCは持っていったけどブログを書く暇はなかった。最高気温34度の炎天下での現場作業はきつかったです。しかし、出張の目的は十分すぎるほどの成果を得たので […]
  • エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがあるエピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • 地震で飛び起きた!地震で飛び起きた! 今朝の地震で飛び起きた。最初にズドンと下から突き上げるような一撃があり、その後しばらく揺れが続いた。書棚の本がずれて落ちそうになり、寝ている私の頭を直撃しかねない。もう少し揺れが […]
  • 玄米菜食主義玄米菜食主義 仕事で倉敷に出張。駅までの途中の公園はもう梅の花が満開で、スズメが花の蜜に飛び回っていた。ノートパソコンをリュックに入れて結構重いカバンになったが、手術前の80キロ近い体 […]
  • これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継 急遽決定!8月5日午後3時より児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介(ジャーナリスト)をUSt生中継  『現代ビジネス』は、8月5日午後3時より津田大介さんと児玉龍彦東京大学先端科 […]
  • 医療費に関するウソ医療費に関するウソ 明月院門前のアジサイ、クラシックブルーで現像 国保の保険料通知が届いた。年収は減ったはずなのにまた上がっていた。 医療費について政府やマスコミが流している […]
LINEで送る
Pocket

膵臓がんの粒子線治療” に対して1件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    キノシタ さま
    こんにちは、昨日はご連絡いただきまして、ありがとうございました。
    交流するようになり、すぐに大好きになり、お互い郷里が近く、林檎がお好きだったかの人の事は、ずっと忘れないと思います。
    丁度、英語のスライドで発表するというお役目で、疲れ果てており、昨日中に返信せず、失礼しました。
    そして、引っ越し時にau光のエリアから外れ、ブラウザを変えてメールアドレスを変えたのに、こちらの登録がそのままで、重ねてお手数をおかけしました。
    コメント欄でしか、連絡のしようがなく、申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です