再発した膵癌でも完治することがある

スポンサーリンク
【日 時】2019年2月11日(建国記念日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 100名
【内 容】
●講演:まさじさん「介護士の父ちゃん、自家がんワクチン受けてみました」(不良サバイバーフラリーマン白書)
●患者さんどうしの情報交換

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら

Pocket
LINEで送る

NPO法人「肺がん患者の会 ワンステップ」のブログに押川勝太郎医師の講演動画がアップされています。(こちら

押川医師は「がん治療の虚実」ブログで有名ですよね。役立つ記事満載で、私もよく参考にさせていただいています。

紹介の動画も、がんとの付き合い方など、主治医からはなかなか聞けそうにない話題です。その中で、膵がんの再発した60歳台の女性の例。毎週抗がん剤を投与して104回で完治した。しかし、「毎日退屈でしょうがない・・・」と贅沢な悩みをいう。(6分20秒ころから)

また先生の主催している患者会の中でも、膵がんの再発患者で2人くらいは完治しているという話です。

あるんですよね。固形癌は抗がん剤では治ることはない。延命効果だけ。これは真実です。しかし、どのがんにも必ず「例外的患者」がいる。治らないはずのがんが完治したり、治療もしないのに腫瘍が忽然と消えたりする。1万人にひとつ、あるいは1000人に1人くらいはあるのではないかともいわれています。

どうすればそうした「例外的患者」になれるのか? それが分かれば苦労しないのだが、たぶん患者それぞれで「完治に到るスイッチ」の場所が違うのだろう。この女性の例でも、抗がん剤以外に何か代替療法をやっていたのかどうか不明だが、仮に〇〇療法をやっていたとしたら、「私はこれでがんが消えた!」ってことになるのでしょうね。

__

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

再発した膵癌でも完治することがある” に対して1件のコメントがあります。

  1. ミーコ より:

    奇跡が、例外が起こる人がいる…何か1つが功を奏する訳ではなく様々な物が重なっての事なのでしょうが羨ましいですね。完治する為の奇跡の何か、に辿り着けるかどうかも分からないけれど、とにかく色々足掻いてみるしかないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です