がんを再発させないためには、バランスのとれた食事を

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

乳がんでは肥満、高脂肪食、野菜や果物の少ない食事によって再発の危険性が高くなり、前立腺がんでは飽和脂肪酸の高摂取が再発の危険性を高め、微量栄養素の摂取で低くなることが知られています。

膵臓がんにおいても、これらが参考になるでしょう。

一言でいえば、「バランスのとれた食事」を心がけることです。

ジュース療法、断食療法、マクロバイオティック療法などの極端な食事は避ける方が無難です。というのは、必須のビタミンやミネラルの中の一つでも欠乏すると、免疫系が弱められる可能性があるからです。免疫系が弱くなると、当然再発の危険性が高くなります。

果物や野菜に健康的な効果があることは明かですから、バランスのとれた食事にジュースを組み合わせることは、微量栄養素の摂取方法としては優れていると言えます。

日本人なら、少量のご飯に、肉や魚、数種類の野菜、大豆製品などをバランスを考えて摂れば良いでしょう。膵臓がん患者には、ご飯類など糖質は多く摂り過ぎないことが大切です。

バランスのとれた食事に十分に対応できないとき、総合ビタミン剤を飲むことは回復を助ける上でも、ビタミンやミネラルを補給して免疫力を低下させないためにも合理的でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん患者にはどのような食事がよいのか?がん患者にはどのような食事がよいのか? がんになってからの食事はどのように気を付ければ良いでしょうか。主治医の先生に聞いて見ても多分「好きなものを食べていいですよ」とか、「これまでどおりでいいですがバランス良い […]
  • 膵臓がんサバイバーになる秘訣膵臓がんサバイバーになる秘訣 ポジティブ思考、これも大切です。私はむしろこれが一番大切な要因ではないかとすら思っています。特にがん患者が無力感に襲われると、極端に免疫力が低下するのです。免疫細胞は絶えず脳と情 […]
  • がん患者はともかくも「歩け、歩け」がん患者はともかくも「歩け、歩け」 がんは生活習慣などさまざまな要因が重なって発症すると言われますが、運動不足も要因の一つです。活性酸素が遺伝子を傷つけるとがんが発症しやすくなるため、適度な運動を行うことで活性酸素 […]
  • がんになっても「死なない食事」とは?がんになっても「死なない食事」とは? 2018年には、がんと食事に関しても注目すべき論文がアメリカから出てきました。がんと診断された1,191人を対象とした調査において、良質な食事を摂っている群とそうでない群と比較す […]
  • ガン転移に効く植物由来化合物が40個以上も発見されるガン転移に効く植物由来化合物が40個以上も発見される クルクミン、ビタミンDなどが、がんの転移を抑制する植物成分である可能性 BioQuickニュース日本語版に載っていた記事です。 『がんの特効薬は発見済みだ』という、岡 […]
  • インターバル速歩でがんを治す 以前の投稿『運動でがん細胞が消える』において、がんに効果があるとして紹介した「インターバル速歩」の行い方です。 インターバル速歩とは、早歩きとゆっくり歩きを交互に数分間ずつ […]
  • ナッツ類の抗がん効果ービッグファイブは健康によいナッツ類の抗がん効果ービッグファイブは健康によい 私は、昼食をチーズとアーモンドで済ませることがよくあります。 主な理由は、外食はどうしても糖質が多いものを食べることになるので、それを避けるためですが、ナッツ類にはがんの予防や […]
  • 運動すればがんの成長を抑えることができる運動すればがんの成長を抑えることができる ランニングなどの運動により、ナチュラルキラー細胞が活発化し、がん細胞などの腫瘍の増殖を抑制できる可能性が、マウスによる実験で示されました。毎晩4km~7km走ったマウスの免疫系統 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です