がんを再発させないためには、バランスのとれた食事を

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

乳がんでは肥満、高脂肪食、野菜や果物の少ない食事によって再発の危険性が高くなり、前立腺がんでは飽和脂肪酸の高摂取が再発の危険性を高め、微量栄養素の摂取で低くなることが知られています。

膵臓がんにおいても、これらが参考になるでしょう。

一言でいえば、「バランスのとれた食事」を心がけることです。

ジュース療法、断食療法、マクロバイオティック療法などの極端な食事は避ける方が無難です。というのは、必須のビタミンやミネラルの中の一つでも欠乏すると、免疫系が弱められる可能性があるからです。免疫系が弱くなると、当然再発の危険性が高くなります。

果物や野菜に健康的な効果があることは明かですから、バランスのとれた食事にジュースを組み合わせることは、微量栄養素の摂取方法としては優れていると言えます。

日本人なら、少量のご飯に、肉や魚、数種類の野菜、大豆製品などをバランスを考えて摂れば良いでしょう。膵臓がん患者には、ご飯類など糖質は多く摂り過ぎないことが大切です。

バランスのとれた食事に十分に対応できないとき、総合ビタミン剤を飲むことは回復を助ける上でも、ビタミンやミネラルを補給して免疫力を低下させないためにも合理的でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 車のオイル交換は一年一回でよい車のオイル交換は一年一回でよい 一年ぶりに愛車ハリアーのオイル交換をした。前回は昨年の7月だから正確には1年2ヶ月ぶりになる。この間の走行距離は約10000キロ。入院後のここ数ヶ月はほとんど走っていないから例年 […]
  • 保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷 今朝の東京新聞「こちら特報部」が衝撃的な記事を掲載しています。これまで脱原発派の技術者、田中三彦・後藤政志らが主張してきた、福島第一原発は津波の到達前に地震で重要な配管が損傷し、 […]
  • 「がん治験情報サービス」が始まります。「がん治験情報サービス」が始まります。 がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。 がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内 近年 […]
  • 膵臓がんの早期発見法:MRCT膵臓がんの早期発見法:MRCT Medエッジの『膵臓がんを早期発見する新しい方法「MRCP」、3年間で10%が発症』が興味深い。 早期発見が難しい膵臓がんで、家族・親戚に膵がん患者がいて、膵臓がんの発症リ […]
  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • エンデと資本論とカムイ伝エンデと資本論とカムイ伝 1月13日のこのブログ「クロードアップ現在」2008年 […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
  • 今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか?今日の一冊(120)『オリジン』我々はどこから来たのか? 昨日は、大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」が多摩川の河川敷で行われるはずでしたが 台風の影響による激しい雨が予想されたので中止となりました。花火を撮影するべく […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です