スポンサーリンク

敬老の日とオンライン交流会

今日は敬老の日です。

私も72歳で立派なお年寄り。町内会から夫婦揃ってお祝いの品を頂きました。

そうそう、もう一人敬老の日を祝う対象がいましたね。17歳だったかな? 人間にすれば小型犬なので100歳前後になるのでしょうかね。分かりませんけども。

このワンちゃんを連れて散歩してると、お年寄りから頻繁に声をかけて頂きます。「頑張ってるね」とか「頑張れよ」とか。

目が見えなくてよたよたと歩いてる姿を見て、自分の姿と二重写しになるのでしょうか。

さて、今日は「膵臓がん患者と家族の集い」の Web 交流会です。佐藤典宏先生の講演があります。

参加申込された方には、昨日参加者名簿と参加の注意点をメールしましたが、届いているでしょうか。

申込者は80名に達しました。Zoomの操作に慣れてきた方が増えたのかもしれません。あるいはこのままではリアルの患者会なんぞ開けそうもないから、覚悟をして参加したっていう方もいるのではないでしょうか。

キャンサーネットジャパンだとかあるいは他のすべてのがん腫を対象にしたオンラインの講演会でも、80から90名ぐらいがマックスでしたね。

ですから、膵臓がん患者と家族だけで80名というのは画期的なことだと思っています。ありがとうございます。何人かキャンセルもあって80名は若干下回りそうですが。

さて、一年お待たせした佐藤典宏先生の講演ですが、佐藤先生はがん患者、特に膵臓がん患者は標準治療+セルフケアが大事だと言っています。

膵臓がんの治療は標準治療だけでは限界があります。

しかし、なかには悪徳なクリニックも相当混じっているので、よく情報を集めて調査することが大事ですよ。特に全額自費での免疫療法は注意です。

本日も、膵臓がん患者が期待する、こうしたお話を聞くことができるでしょう。

残念ながら参加できない方、後日YouTubeで発信する予定です。ご期待ください。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

敬老の日とオンライン交流会” に対して2件のコメントがあります。

  1. ナカガワイズミ より:

    「膵臓がん患者とその家族」佐藤典史先生 「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」に参加させて頂きました。最愛の伴侶が7月15日癌の診断・以来今日まで毎日が「針の筵」の様な生活でした。先の見えないが、今何をすべきか少し理解できたように思います。妻にもこのコーナーを閲覧させたいとも考えています。今度も是非参加させて頂きたくお願い致します。何卒宜しくお願い致します。
    22日早朝3時眠れません。

    1. キノシタ より:

      ナカガワさん。どうしてかコメントがスパム扱いになっていたようです。
      承認が遅くなり申し訳ございません。
      佐藤先生の講演動画は、告知間もない方には、じっくりと閲覧していただきたい動画ですが、専門用語も多いので(オリゴメタとか)飲み込むのは少々努力が必要かもしれませんね。
      しかし、がんとの戦いは情報戦です。しっかりと集めて活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です