スポンサーリンク

「大豆食品」で膵臓がんリスク上昇は気にしない

7月の記事で大豆製品は膵臓がんのリスクを上げるという話題を取り上げました。

そして、このようにコメントしておきました。

ブロッコリー、ターメリック、緑茶などとともに、大豆はがんにリスクを下げると期待されている。シュレベールの『がんに効く生活ー克服した医師の自分でできる「統合医療」でも肯定的に紹介されているので、この研究結果には驚いた。

欧米の疫学研究では、大豆などを含むマメ科植物の摂取が、膵臓がんのリスクを低下させると報告されている。人種間での差があるのか、観察期間の長短が影響しているのかわからない。

すでに膵臓がんになった方に対してどのような影響があるかは不明だが、直ちに豆腐を食べるのをやめる必要もないだろうと思います。

血糖値管理も気になる膵臓がん患者としては、糖質セイゲニストの江部康二先生のブログのコメントも参考になります。

記事にもあるように豆類に関しては、欧米の先行研究で、むしろ膵臓がんを予防する効果が報告されています。

同じ多目的コホート(JPHC)研究 (2020年1月30日公開)
https://epi.ncc.go.jp/jphc/825/8437.html
において発酵性大豆食品の摂取量が多いと総死亡リスクが低くなる可能性が示唆されています。

発酵性大豆食品(納豆、味噌、醤油)の中で、味噌汁や醤油は毎日のように摂取していると思います。非発酵性大豆食品(豆腐、油揚げ、豆乳)のほうは、普通の食生活の人は毎日は摂取しないと思います。

従って、我々糖質セイゲニストにおきましては、発酵性大豆食品は積極的に摂取して総死亡率を下げつつ、非発酵性食品は時々摂取くらいにしておけば、あまり問題にするほどではないと思います。

私は豆乳も毎朝摂っていますが、今回のJPHCの研究は、気にせずにこれまでどおりの食生活と続けるつもりです。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんも原発も、人としてどう生きるかの問題 がんになれば、何が本当に大切なものかが、これまでとは違って見えてくる。マクファーランド神父は「未来を心配することから私を解放し、過去を悔やむことからも解放し、たった今を生きられる […]
  • ウイルス療法の第3相試験に中止勧告ウイルス療法の第3相試験に中止勧告 腫瘍が縮小=延命効果がある、とはならないのががん治療の世界です。 (T-VEC)も、無増悪生存期間(PFS)については統計学的有意差はなく(従って、全生存期間(OS)の延長 […]
  • 日本膵臓学会:「BRCA1/2遺伝学的検査実施に関する見解」を発表日本膵臓学会:「BRCA1/2遺伝学的検査実施に関する見解」を発表 日本膵臓学会:「BRCA1/2遺伝学的検査実施に関する見解」を発表 PARP阻害剤オラパリブの切除不能膵癌、再発膵癌への適応が追加され、膵臓がん患者には新しい選択 […]
  • 膵臓がんのオリゴメタ(少数転移)膵臓がんのオリゴメタ(少数転移) オリゴメタとは がんが他の臓器に転移をしている場合、仮に転移した腫瘍を手術で切除したとしても、すでにがん細胞が全身に回っているため、次から次へともぐらたたきのように新しい転移巣 […]
  • 白根山噴火-日本列島は火山の活動期白根山噴火-日本列島は火山の活動期 白根山(正確には本白根山)が噴火して、1名の自衛隊員の方が亡くなりました。 白根山は火山性微動が観測されて、何年か前にも立入禁止でしたが、元白根山については、そうした兆候はなく […]
  • 引っ越し しばらくブログの更新をお休みした。ずっと引っ越しの準備で昨日やっと引っ越しが終わり、後片付けも一段落した。 ある研究によると、引っ越し・離婚・離職・家族の死など、種々の出来事によ […]
  • 金魚さんの赤紫蘇ジュース(2)飲んでみた!金魚さんの赤紫蘇ジュース(2)飲んでみた! ブログ「Walk Strong  ~自分のために 大切な人のために歩き続けよう~」を書かれて、大腸がんの元ナース 金魚さんがプロジュースした「Lieber […]
  • 今日の一冊(13)『がんを再発させない生活術』 著者の鹿島田忠史医師は私と同じ1948年生まれ、40歳にして我が家の目の前にある東邦医大を卒業して医師免許を取ったという方。さらに我が社が健康診断を受けている牧田総合病院に勤務と […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です