スポンサーリンク

「大豆食品」で膵臓がんリスク上昇は気にしない

LINEで送る
Pocket

7月の記事で大豆製品は膵臓がんのリスクを上げるという話題を取り上げました。

そして、このようにコメントしておきました。

ブロッコリー、ターメリック、緑茶などとともに、大豆はがんにリスクを下げると期待されている。シュレベールの『がんに効く生活ー克服した医師の自分でできる「統合医療」でも肯定的に紹介されているので、この研究結果には驚いた。

欧米の疫学研究では、大豆などを含むマメ科植物の摂取が、膵臓がんのリスクを低下させると報告されている。人種間での差があるのか、観察期間の長短が影響しているのかわからない。

すでに膵臓がんになった方に対してどのような影響があるかは不明だが、直ちに豆腐を食べるのをやめる必要もないだろうと思います。

血糖値管理も気になる膵臓がん患者としては、糖質セイゲニストの江部康二先生のブログのコメントも参考になります。

記事にもあるように豆類に関しては、欧米の先行研究で、むしろ膵臓がんを予防する効果が報告されています。

同じ多目的コホート(JPHC)研究 (2020年1月30日公開)
https://epi.ncc.go.jp/jphc/825/8437.html
において発酵性大豆食品の摂取量が多いと総死亡リスクが低くなる可能性が示唆されています。

発酵性大豆食品(納豆、味噌、醤油)の中で、味噌汁や醤油は毎日のように摂取していると思います。非発酵性大豆食品(豆腐、油揚げ、豆乳)のほうは、普通の食生活の人は毎日は摂取しないと思います。

従って、我々糖質セイゲニストにおきましては、発酵性大豆食品は積極的に摂取して総死亡率を下げつつ、非発酵性食品は時々摂取くらいにしておけば、あまり問題にするほどではないと思います。

私は豆乳も毎朝摂っていますが、今回のJPHCの研究は、気にせずにこれまでどおりの食生活と続けるつもりです。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(77)『免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ』今日の一冊(77)『免疫栄養ケトン食で がんに勝つレシピ』 旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)でも何人かの方から質問されましたが、ケトン食に挑戦しているがん患者も多いことと思います。 ケトン食については、古 […]
  • 低線量リスクに関するいくつかの追加低線量リスクに関するいくつかの追加 連休中は、新聞を読まない、ニュースを見ない、ネットサーフィンをしないというつもりで過ごしています。情報が多すぎる世の中、今回の震災でなおさら雑多な情報があふれているので、溺れてし […]
  • 粒子線治療は保険適用になるのか?粒子線治療は保険適用になるのか? 来年の診療報酬改定時に、粒子線治療の先進医療から膵臓がんなどは外れてしまうかもしれない。 8月9日の「粒子線治療は効果があるのか?」の続報です。 日本放射線腫瘍学会が […]
  • 非線形科学:蔵本由紀 デカルトに始まる近代合理主義精神は要素還元的に、つまり分子よりは原子、原子よりも電子・中性子、これらよりもクオークやパイ中間子といったように、より根源的な物の普遍的構造を知る […]
  • 今日の一冊(3)『沈みゆく大国アメリカ』 6日間の出張から帰宅。ノートPCは持っていったけどブログを書く暇はなかった。最高気温34度の炎天下での現場作業はきつかったです。しかし、出張の目的は十分すぎるほどの成果を得たので […]
  • ASCO 2009 膵臓癌関係の発表ASCO 2009 膵臓癌関係の発表 ASCO2009も終わったようです。今年はすい臓がんに関するビッグニュースはなさそうですが、パンキャンによると74題の演題があったようです。 術前・術後補助化学療法  […]
  • がん難民から、がん在宅難民へがん難民から、がん在宅難民へ 4月1日から診療報酬が改定されます。私のような団塊の世代が75歳の後期高齢者となる2025年には、4人に1人が75歳以上となる「超高齢社会」がやってきます。いわゆる「2025年問 […]
  • 『がんの統合医療』(2)『がんの統合医療』(2) 四万川ダム湖の紅葉。4年前は大雪の日に訪れたが、今年はすばらしい紅葉に出会えた。宿も同じ「鹿覗キセキノ湯 つるや」 ↓ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です