スポンサーリンク

WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例

 

P1000565_2


癌掲示板の「膵臓癌ステージ4ーbはもう完治は不可能ですか?」にこんな投稿がありました。

193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32

40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。

一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
他の方の参考情報になればと、投稿致します。

WT1ワクチンで切除不能膵がんステージ4が縮小し、切除可能となった例です。WT1ワクチンが膵がんに効果的だということの新たな例ですね。

切除できない膵臓がん患者にとっては希望の持てるすばらしい治験例です。

 


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今年もまもなく~いろいろ今年もまもなく~いろいろ 年の瀬も押し詰まって、あと一週間で新しい年です。今年もいろいろとありましたが、「一日一生」のつもりで悔いなき日々がおくれたかな、と思います。春の桜も秋の紅葉も行きたいところに行く […]
  • 『今あるがんを眠らせておく治療』『今あるがんを眠らせておく治療』 今日は私の62歳の誕生日。3年前に癌研に入院した日でもあります。一週間遅れの父の日も重ねて、昨夜は家族で祝ってくれました。娘からは山崎の12年を2本。少し飲み過ぎで食べ過ぎだった […]
  • 蒲田でミニオフ会蒲田でミニオフ会 今日は朝から久しぶりのチェロ。先週の出張は久しぶりのきつい肉体労働だったので、足腰と腕も痛くて弓を持つ元気もなく、1週間ぶりのチェロレッスンとなった。 Exerciseでちょっと […]
  • 「笑い」はやはり免疫力を向上させる「笑い」はやはり免疫力を向上させる 「エビデンスレベルの低い実験だ」なんて、野暮ないちゃもんは無視して、がん患者なら多いに笑って、楽しく過ごす方が、予後にも良いのです。下手な抗がん剤よりもよほど効果があります。いち […]
  • NHKスペシャル 第2集は「エピジェネティクス」NHKスペシャル 第2集は「エピジェネティクス」 がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • B型は膵臓がんになりやすいB型は膵臓がんになりやすい 「女性自身」の記事で、B型は膵臓がんになりやすいと書かれていますね。 B型にはイヤなデータがある。 「米国の国立がん研究所が’09年に発表した論文では、もっと […]
  • がんのイメージ療法-サイモントン療法がんのイメージ療法-サイモントン療法 がんのイメージ療法 最近はサボっていますが、膵臓がんの手術後から5年目頃までは朝晩2回、ときには昼食後もイメージ療法を行なっていました。サイモントン療法です。 サイモ […]
  • パソコン不調 ⇒ なんとか修理パソコン不調 ⇒ なんとか修理 デスクトップPCのSSDを載せ替えて、快調にスタートしたはずなんですが、今日、過去に撮った写真を検索しようとしてAdobe Lightroom […]

WT1で膵がんが縮小し、手術可能となった例” に対して1件のコメントがあります。

  1. Hayama より:

    先日、下記の内容を投稿したものです。
    2009年3月に手術をして(10か月経過)、治験であるWT1(阪大系)とジェムザールを投与し続けています。 白血球の型で効果のあるなしがあるようですが、膵臓癌で治療法が見つからない方に、もしかしたら、有益な情報かと思い、投稿致します。
    すでに、手術後、半年を経過していますが、通常の生活を続けています。会社にも、通勤している状況です。 私の状況を、病院の先生方は、研究の対象に、して頂いているのではと思います。
    私のケースが、特異なケースであるかもしれませんが、私のケースで、もっと、ワクチンの研究が進めばいいと思います。
    先日、NHKで別のワクチンの報道を見ましたが、その内容は、進行を止めたようです。 私の場合は、ステージ4から、今の状況では、癌細胞が発見されていない状況にもなりました。
    重ね重ねですが、病院のスタッフの方(医師、看護婦、研究スタッフの方々)には、とても感謝しております。
    193 名前: Hayama 投稿日:2009/07/05(日) 23:32
    40歳半ばの会社員ですが、約1年ほど前、腹部の痛みで入院し、その際のCT検査で、膵臓癌が発見されました。その際のステージは4でした。
    その後、さまざまな病院をセカンドオピニオンで回りましたが結局、手術は不可能と去年の8月に結論がでました。
    ただ、その際WT1の免疫療法の治験があることを知り、WT1とジェムザールの投与を2008年10月から受けた際、4か月で腫瘍が80%の縮小がCTでみとめられ、3月に急遽、膵臓の一部、十二指腸、胃の一部の摘出をしました。
    まだ、術後4か月ですが、十分な回復がみられました。
    現状、腫瘍マーカーは正常値で、CTでも転移や腫瘍は見つからない状況です。 術後もWT1とジェムザールの投与を続けています。
    一度は、あきらめていたのですが、病院の先生方、また、WT1のおかげで、何とか一命をとりとめました。
    他の方の参考情報になればと、投稿致します。

Hayama へ返信する コメントをキャンセル