治らなくても「敗北」ではない


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

DSC05344

秋明菊(シュウメイギク)<群馬県・赤城自然園にて>

土日には赤城ー四万温泉ー吾妻渓谷ー榛名湖を回ってきました。

DP1M-100-0247

榛名湖と榛名富士:紅葉ピーク。 写生をしている女性


ここ数ヶ月、間接的にですが膵臓がんの方の悲しい知らせに接することが多くなりました。膵がんの最期は本当にあっという間に体力がなくなります。やっておくべきことなどについて事前に準備をしておかなければ、間に合わないのかもしれません。

がんが治らなければ「敗北」でしょうか。がん患者なら、あわよくば自分だけは奇跡的にでも治って欲しい、と考えることは当然でしょう。しかし、あまりにも「治る」ことにこだわりすぎると、人生の貴重な時間を治ることだけに費やしてしまわないでしょうか。

柳原和子さんも、治らなければ「敗北」という風潮があるのはおかしい、と言っていました。

柳原和子さんは、腫瘍が奇跡的に消失する体験を何度も経験している。そんな彼女が、もう最後だと思ったときの加島祥造との対談があります。その対談で、

どうやったって治らない。十年間頑張った。どうあがいたって、何をしたって、がんは追いかけてくる。

そのときに、「治ると思うことをやめよう」と思いました。残りの時間を、楽しく生きて死んでいけばいいやと、「何もしないこと」を始めたんです。

がん患者への贈り物 - 柳原和子の、最後に伝えきれなかった「言葉と知恵」 (MARBLE BOOKS)
と話しています。彼女の遺稿を集めた『がん患者への贈り物 – 柳原和子の、最後に伝えきれなかった「言葉と知恵」』では、亡くなる直前までの心境を紹介していますが、「強い柳原和子」という偏見を打ち破りたいかのように書かれています。

医療を信頼すればするほど、治らなかったときの敗北感は大きいのでしょう。しかも、少ない例であるとはいえ、がんが奇跡的に治る患者がいるから、それが希望であると同時に、自分は敗者だという思い込みにつながります。

瞑想の初任者向けマニュアルといえる”パーリ教典”を解説した初期仏教の長老スマナサーラ氏はこんな風に言います。

治しても何の意味もないのです。死んだ人を生き返らせてあげるなどという、世の人が喜ぶ奇跡も、意味がありません。だってせっかく生き返らせてあげても、また死んでしまいますからね。世間で言われる「生き返らせた」話は本当ではないと思いますが、本当だとしても馬鹿げているのです。たとえ、ガンを超能力で治してあげても無駄なのです。その人だって年をとって、結局は老い衰えて、死ぬのですから。

お釈迦様の唯一のアドバイスは「心を清らかにすること」です。治る病気なら治るし、治らない病気は治らない。しかし、せっかく生まれたこの人生を「大成功だ。これで良いのだ」と思って終えられるかどうか、これがもっとも重要なことでしょう。

治ることにこだわる人は、体の全体性、免疫システムの法則から言っても、逆に治ることを妨げているのです。治るか治らないかは「成りゆき」なのです。複雑系である人体に対して、浅知恵で対処しても目的を達成できるという保証はありません。

正しい死生観を持って、死を恐れないことです。死ぬのは特別なことではない。あたりまえのことです。我々は「死」を選択することで、遺伝的に優位に立った種の末裔なのです。大きな全体性の一部として、死を迎える姿勢を持つことが、逆に奇跡的な治癒への可能性につながるのです。「治りたがる人には、治ることは希である」と以前に書きましたが、これは真実でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 家族に癌を告知する家族に癌を告知する 今日は義父の月命日だ。妻と墓参りに行く。信号で止まったら左の窓にアジサイが覆いかぶさるように迫っていた。 紫が美しい。「まだ蕾から咲き始めのころのピンクの花が私は好きだわ」 […]
  • 白衣を着た詐欺師白衣を着た詐欺師 がんを告知されて頭の中が真っ白になっている状態では、何か特別な助かる道を探す患者の気持ちは十分に理解できます。 白衣を着た詐欺師に300万円を貢いだ彼は標準治療に戻るのですが、 […]
  • 京都3日目は・・・京都3日目は・・・ 加茂川は北から南に流れている。京都は北の方が標高が高い。金閣寺と当時の五重塔の先端が同じ標高だという。 今日は金閣寺近くの宿からさらに北へ、迷いの窓と悟りの窓で有名は源光庵 […]
  • ビタミンDの話題ビタミンDの話題 という毎日新聞の記事がありました。 研究チームは2016年5月から1年間、同大の学生など20代の女性延べ101人について、日焼け止めの使用頻度や食生活など習慣などを調査 […]
  • 2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(3)2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(3) 『膵臓がん患者と家族の集い』も毎回どなたかの講演をお願いしていますが、この会を始めた当初は、単なる患者さん同士のおしゃべり会でした。 それでも皆さん充分に満足していただき、 […]
  • 中性子線治療、2012年には実用化?国立がん研究センター中性子線治療、2012年には実用化?国立がん研究センター 国立がん研究センターが、「ホウ素中性子捕捉療法」(BNCT)の臨床試験を実施すると発表されました。ある種のがん細胞はホウ素を良く取り込む性質があり、これを利用してがん細胞だけを死 […]
  • 「iPhoneが100円で買える」フィッシング詐欺に注意!「iPhoneが100円で買える」フィッシング詐欺に注意! 突然こんな画面が出ることがあります。   クリックしてアンケートに答えていくと、「おめでとうございます! iPhone […]
  • 樋口強「いのちの落語」今年は場所が変わります。樋口強「いのちの落語」今年は場所が変わります。 全国のがんの方と家族をご招待いたします。仲間たちと思いっきり笑って、生きる希望と勇気を分かち合いましょう。私たちのいのちにはオリンピックの金メダルよりはるかに重い価値があります。 […]
LINEで送る
Pocket

治らなくても「敗北」ではない” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    nakaさん。いつもお褒めいただき恐縮です。
    術後半年にして、京都嵯峨野を6時間歩き、撮影した私ですが、

    こうして旅行・写真をアップするのは、このような生活こそが、がんの治癒には必要なのですよというメッセージのつもりなのです。癒やしは大切です。

  2. naka より:

    いつもすばらしい写真ですね。癒されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です