道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

道元の『正法眼蔵』は難解だ。石井恭二や増谷文雄の訳を読んでもなんだか分かったようで、よく分からない。

諸法の仏法なる時節、すなわち迷悟あり修行あり、生あり死あり、諸仏あり衆生あり。万法ともにわれにあらざる時節、まどひなくさとりなく、諸仏なく衆生なく、生なく滅なし。仏道もとより豊倹より跳出せるゆゑに、生滅あり、迷悟あり、生仏あり。しかもかくのごとくなりといへども、花は愛惜にちり、草は棄嫌におふるのみなり。

「もろもろのことどもを仏法にあてていうとき、迷悟があり、修行があり、生があり死があり、諸仏があり修行がある。よろずのことどものいまだ我にかかわらぬ時には、迷いもなく悟りもなく、諸仏もなく衆生もなく、生もなく滅もない。」と、このように置き換えられても、道元の言わんとするところが伝わってこない。私が理解できないだけなのかもしれないが。

道元断章―『正法眼蔵』と現代
むしろ学者でない人の書いたもののほうが、胸にすとんと落ちてくる。古書でしか手に入らないが、中野孝次の『道元断章―『正法眼蔵』と現代』が良い。有名な「現成公案」の薪と灰の章がある。

たき木、はひとなる、さらにかへりてたき木となるべきにあらず。しかあるを、灰はのち、薪はさきと見取すべからず。しるべし、薪は薪の法位に住して、さきありのちあり。前後ありといえども、前後裁断せり。灰は灰の法位にありて、のちありさきあり。
かのたき木、はひとなりぬるのち、さらに薪とならざるがごとく、人のしぬるのち、さらに生とならず。しかあるを、生の死になるといはざるは、仏法のさだまれるならひなり。このゆえに不生といふ。死の生にならざる、法輪のさだまれる仏転なり。このゆえに不滅といふ。生も一時のくらいなり、死も一時のくらいなり。たとへば、冬と春とのごとし。冬の春となるとおもわず、春の夏となるといはぬなり。(現成公案)

中野孝次は「道元は、わたしの時間観念、因果観念、生死観念を根底からくつがえし、ぶっ壊してしまうような、おそろしいことを言っているのである」と驚愕する。薪の時は薪があるだけ、灰の時は灰があるだけ、過去と未来という関係ではないのだ。死んだ後に生になることは決してない。生が死になるとも言わない。生は生で完結しており、死は死で完結している。

「全機」の章ではまたこのように言う。

現成これ生なり、生これ現成なり、その現成のとき、生の全現成にあらずといふことなし、死の全現成にあらずといふことなし。この機関、よく生ならしめ、よく死ならしむ。この機関の現成する正当恁麼時(しょうとういんもじ)、かならずしも大にあらず、かならずしも小にあらず。遍界にあらず、局量(こくりょう)にあらず。長遠(ちょうおん)にあらず、短促にあらず。いまの生はこの機関にあり、この機関はいまの生にあり。生は来(らい)にあらず、生は去(こ)にあらず。生は現(げん)にあらず、生は成にあらざるなり。しかあれども、生は全機現なり、死は全機現なり。しるべし、自己に無量の法あるなかに、生あり、死あるなり。

生も死も、全宇宙のすべての要素が相互に関連し、ダイナミックに運動する中での、「私の生であり、死である」というふうに解釈した。ここには仏教の、死んだ後に極楽浄土に生まれ変わるとか、永遠の輪廻転生という考えは見られない。全宇宙の存在が、「今ここに」ある瞬間に、相互に作用し合い、生として現成し、死として現成しているのだ。だから、生が死になるのではなく、全宇宙のダイナミックな働き(全機現)としての生であり死であるからして、生の前後はあるが、前後は裁断しており、死の前後も裁断しているのである。生と死だけに因果関係があるのではない。

がんになれば誰しも死を意識する。道元を読むも良し。良寛もいい。老子だって2500年読まれている。自分なりの生と死のとらえ方を考えてみるのも良い。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 近藤誠氏の「がんもどき」を考える 近藤誠氏の近著『あなたの癌は、がんもどき』では、がんもどき理論から得た結論として、第10章の最後に次のように書いている。  私自身も、死を意識する年齢になり、何で死ぬのがい […]
  • 人はなぜ死を恐れるのか?人はなぜ死を恐れるのか? 人はどうして死ぬことを恐れるのか? がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎります。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思うし、 […]
  • がんの奇跡的治癒 梅澤先生のブログ「現在のガン治療の功罪」に「ガンの不思議」と題して"奇跡的治癒"("自然寛解" "自発的治癒" "自然退縮" […]
  • 一年有半 3月15日の朝日新聞読書欄に、早坂暁の「大切な本」というエッセイがあった。タイトルが『死を恐れぬ明治の男 昭和の男も死と対決』と、なんとも痛々しい。   […]
  • 『哲学者とオオカミ』がん患者&生&死 (2)『哲学者とオオカミ』がん患者&生&死 (2) ブレニンは脾臓がんが転移して死んだ。フランスでブレニンと過ごした最後の一年は変化に乏しい毎日であったが故に、宝物のような時間だった。「ブレニンは死ぬことで何を失ったのか」という疑 […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい(2) ネルケ無方氏がこの「現成公案」を一度英語にしてから現代語訳した本が出版されている。『道元を逆輸入する』。なるほど、英語訳するためには道元の言わんとするところをしっかりと掴んでいな […]
  • 食事療法について 食事療法でがんが治るのか。これについては賛否両論ある。骨折ならすぐに外科治療あるいは整形外科を受診すべきだろう。しかし高血圧なら、一時的に血圧降下剤が効くにしても、根本的には生活 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です