スポンサーリンク

がんが自然に治る生き方(1)

Pocket
LINEで送る

がん患者なら誰しも、自分にだけでも奇跡が起きて欲しいと願うものでしょう。

現代医療、標準医療を無視するわけではありませんが、それだけでは統計的な生存率、生存期間はだいたい定まっています。手術不能のがんであれば、抗がん剤には延命効果しかなく、治癒を期待することはできません。

治癒の可能性があるとすれば、それは代替療法と現代医療を併用した統合医療にあるのでしょう。

どのような代替医療を選択するべきか。そのヒントを『がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと』から得ることができます。

しかし、第一章の「抜本的に食事を変える」をみても、実にさまざまな方法で奇跡的に治っている患者がいます。どれが正しいのか混乱しそうです。

結論から言えば、どの方法に効果があるのかは、人それぞれ。あなたに合う方法を試して探すしかありません。中には胡散臭そうなものもあります。しかし、それでがんが劇てきに治った人がいる。どうしてだろうか。

肉類をまったく食べないことにした人もいれば、積極的に摂取した人もいる。短期間の断食や体内洗浄で効果があった人もいれば、そんなことは危険だという意見もある。

私が思うに、食事において何を摂取するか、何を避けるかということよりも、強い決意でがんを食事で治すのだという思いが、治癒に導いた主な要因ではないだろうか。もちろん、多くの人に共通することはある。砂糖を避け、野菜や果物をたくさん摂るなど。それらの共通項をまとめたのが、「がん生存者のためのガイドライン(第4版)」(邦訳版は『「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン』)に推奨されている内容なのでしょう。

ターナー女史の本を読んでも食事の内容を決められないようなら、シュレベールの『がんに効く生活』に推奨されている内容でやってみれば良いでしょう。

それよりも、ターナー女史も書いているように、自然寛解=劇的に治癒した人に共通して実践している九つの項目のうち、身体に関することは二つ(食事を変える、ハーブやサプリメントの助けを借りる)だけで、あとの項目はすべて感情や精神に関することなのです。

18_2
私も闘病の初期から「心の有り様」が大事だと漠然と考えて、ブログにも書いてきました。最近もウェブページにアップした「統合医療:講演文字起こし」において「心の平安」が治癒への貢献度が一番大きいと、紹介しています。

ターナー女史の本を読んで、その思いをますます強くしています。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

がんが自然に治る生き方(1)” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    sakanaさん。
    乳がんで四年目の検査、異常なしも朗報ですね。
    ただ、膵臓がんも同じですが、乳がんも10年までは安心できないそうですから、再発・転移予防のために、免疫力を高める生活と心の平安を大切にして過ごしましょうね。
    これからもよろしくお願いします。

  2. sakana より:

    品川の、大目玉さんの読書会にでお会いした sakana です。
    この度は、退院おめでとうございます。
    私、先日、乳ガン4年目の検査で、異常なしとの診断をいただきました。
    夫を看取って心は穏やかに過ごせない日々でしたので、ホッとしました。
    ブログ、大変勉強になります。
    日々の忙しさに“忙殺”されることなく、心穏やかにすごす…。
    私も含めて特に、一度ガンと診断された人にはリラックスできる時間 が必要なのだと、あらためて教えていただきました。
    あと、1日に1万歩歩くように心がけていることも、今回 無事 の診断につながったのかもしれません。
    これからも、愛読させていただきます。目指せ7年、目標にしていますので。
    肩、くれぐれもお大事になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA