今日の一冊(33)『糖質制限の真実』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

膵臓がんの方は多くが血糖値管理に悩んでいます。抗がん剤をやりながら、ガンと闘う体力もつけなくてはいけないのに、血糖値管理でカロリー制限食を強制されたら、大変です。

この10年間で栄養学は大きく変化しています。真逆になっているのです。この10年間で、油についても糖質についてもたんぱく質についても、それまで常識だと思われていたことが軒並み打ち消され、正反対になりました。これが今の栄養学です。それを勉強せずに、あいかわらず糖尿病学会のお偉方の言うままに、カロリー制限食を指導している医師や栄養士が多いのです。

彼らの言うがままにしていると、がんとも闘えないし、血糖値も下がりません。不勉強な連中に命を預けるのは止めましょうよ。血糖値の管理だけを別の病院に変えれば良いです。

ということで、この本では、栄養学が10年間でどのように変わったのか、科学的根拠を示しながら分かりやすく解説しています。さらに実際に何をどのように食べれば良いのかまで指し示しています。

著者の山田医師は北里研究所病院糖尿病センター長として、多くの糖尿病患者に緩やかな糖質制限食=ロカボの考え方を普及させてきた方です。

かつて糖尿病の治療には、脂質制限が有効だと信じられていました。しかし今ではその意味は完全に消え失せました。脂質制限が無効だということは、アメリカの2015年版『食事摂取基準』にも書かれています。

2型糖尿病の治療食としては、2014年に『ランセット』という医学雑誌で特集されたものと、アメリカ糖尿病学会が2013年のガイドラインで認めた食事法が最新のものになります。両者が共通して推奨しているのは4つ。地中海食、DASH食(Dietary Approaches to Stop Hypertension〔もともとは高血圧を防ぐための食事方法〕)、ベジタリアン、そして糖質制限食です。(カロリー制限食はない!)

2015年になり、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関は、約40年ぶりに『食事摂取基準』を改訂しました。その内容は、「食べるコレステロールは制限しません。食べる油も制限しません。なぜならば、それらを控えても心臓病の予防にも肥満の予防にもつながらないからです」というものでした。

さらに、日本糖尿病学会もまだそれを公式には認めていませんが、糖尿病患者の血糖管理法として、カロリー制限は間違っているのではないかといわれはじめています。

特に日本人の場合には、糖質制限のほうがいいということは、エビデンスレベル1の証拠が揃った上に、レベル2の観察研究においても糖質摂取の少ない群で死亡率が低いと報告されており、もう決して動かない事実と考えてよいでしょう。

カロリー制限には今のところ、エビデンス(科学的根拠)が伴っていないので、今後はエビデンスによって支えられている糖質制限食、あるいは前述の地中海食やDASH食などの食べ方を推奨する方向に変わっていく可能性が大きいと思います。

 

もしあなたの主治医がまだカロリー制限食を信じているとしたら、「先生、その根拠は何ですか?エビデンスはあるのですか?」と訊いてみれば良いでしょう。

私は最悪なときにはHbA1cが9.5ありました。緩やかな糖質制限食(ロカボ)に変えたらみるみる血糖値が下がってきて、薬も減らしました。今はHbA1cは6.0前後で行ったり来たりしています。

大事なのは食後の高血糖を避けること、そのためには糖質を制限する、取りすぎたと思ったら運動をする。

高血糖はまた、ガンのリスクを高めます。大腸ガンや肝臓ガン、すい臓ガンは、普通の人と比べて、糖尿病の人の発症率が1・8~1・9倍も高くなります。それ以外にも、子宮体ガンや乳ガンのリスクも高まります。 ガン細胞というのはブドウ糖だけをエネルギー源にします。そのために高血糖状態の体ではエネルギー源を取り込みやすく、増殖しやすいからと考えられます。

がん細胞にエネルギーを与えないためにも、血糖値の管理は大切です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • ビタミンDで2型糖尿病患者の血糖値が改善ビタミンDで2型糖尿病患者の血糖値が改善 ビタミンDの抗がん作用については、このブログでも何度も取りあげていますが、2型糖尿病の血糖値管理にも有効なようです。 血糖値とインスリン抵抗性が改善 2型糖尿病患者へのビ […]
  • 糖質制限ブームとクローズアップ現代+糖質制限ブームとクローズアップ現代+ 昨夜のクローズアップ現代+、糖質制限ブームの話題でした。糖質制限食で体調を崩して救急車で運ばれたとか、将来隠れメタボになるとかのアンチ糖質制限食の番組構成でした。 登場した男性 […]
  • やはり怪しい!インクレチン関連薬(GLP-1、DPP-4阻害薬) 3日前のTwitterにこんなつぶやきを載せた。 RT @Office_j […]
  • 糖質ゼロの日本酒 昨日はこの冬一番の寒さでした。こんな日はやっぱり日本酒が恋しくなります。糖質ゼロの日本酒が出ていますね。月桂冠からは2008年に発売されています。製法特許も申請しているようです […]
  • 今日の一冊(133)『免疫力を強くする』今日の一冊(133)『免疫力を強くする』   がん患者なら「免疫力」を高めることに関心があることでしょう。多くの方がサプリメントや食事療法を取り入れています。 免疫学の第一人者、宮坂 […]
  • 今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』今日の一冊(128)『ビタミンDとケトン食 最強のがん治療』 ステージⅣの膵臓がんも完全寛解 日本人の多くはビタミンD不足か欠乏 2020年度、厚生労働省が5年ぶりに「日本人の食事摂取基準」を改定し、ビタミンDの摂取基準が5.5μg […]
LINEで送る
Pocket

今日の一冊(33)『糖質制限の真実』” に対して1件のコメントがあります。

  1. 鶴田政幸 より:

    こんばんは。
    私がPurple_Haze さんの先日のの記事にコメントを入れた時に、キノシタさんが入れられたコメントより、この内容の記事であったならば少しは受け取り方が違っていたかもしれませんね。

    もちろんコシヒカリ命さんがこの内記事を読まれればかなりお怒りになられる事は容易に想像がつきます。
    先ほどインミンさんのブログにもコメント入れさせて頂きましたが、もし、完全に糖質に取りつかれている方には何の説得力も無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です