お節介

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

千鳥ヶ淵緑道での撮影の帰り、電車の中でのできごと。

優先席に若い女性が座っていたところへ、老婦人と赤ん坊を抱いた夫婦が前に立った。すると、爺さん(とは言っても私と同じ年代)が、丸めた新聞紙で、若い女性の鞄を叩きながら、「席を譲るべきだ」と強い調子で言った。その女性はいちど席を立ったのだが、老婦人は遠慮して座らなかった。若い女性は再度席に座って涙を流していた。くだんの爺さんもばつが悪いらしく、移動してしまった。

優先席だから、若い者は席を譲れって、常識には違いないが、でもね。外見では分からない病気をもった若者もいるだろうし、抗ガン剤の副作用を抱えているのかもしれない。

こんなとき、どうすべきか。難しいよね。私だったら自分が席を譲るだろうなぁ。その爺さん、相手がやくざ風の男だったとしても同じようにしただろうか。

お節介と言えば、がん患者へのお節介も困った問題です。「がんにはこれが効く」とかいって、サメの軟骨やフコイダンだのアガリクスを薦めて、親切にも宅配便で送ってくる御仁もいる。そりゃ、一応ありがたく戴きますよ。でもね。できれば治るまでずっと送り続けて欲しい。高価ながんに効くという食品を摂り始めたら、途中ではやめられなくなるんです。「もしかしたら効いているのかも」と考えたら止められない。だから、親切に代替食品を送るのであれば、死ぬまでずっと送って欲しい、と言いましょう。

ちなみに、スミソニアン研究所の記録には、サメはまちがいなく軟骨のがんになると記録されている。前提が間違っているのだから効くはずがない。

友人やそのまた友人から全国の「がんに効く」サプリメントが届く。あまりに多くて全部を摂っていると腹が一杯で食事が取れない。副作用で肝臓がやられてしまう。抗ガン剤の副作用とダブルパンチだ。

本人への確認もなしに、いきなり病室へ面会に来る。丁寧に病院では禁止の花束を持ってくる。花瓶もないのにこの花、どうするんだ。面会はこちらから「会いたい」とお願いした人だけにして欲しいものだ。

いちばん困るのは、遠い親戚が病室に突然現れて、祈祷師や霊能力者を紹介するという、果ては「こんな病院にいては死んでしまう。俺が名医を紹介してやる」とか「もっと親身になって介護をせないかん」とか勝手放題を言って、自分の知識をひけらかそうとする。挙げ句には、主治医に向かってなんだかんだと、的外れの注文を付ける。

こんな遠い親戚に限って、なんの援助もしないで、死んだあとには「俺の言うとおりにしなかったからだ」とさらに家族を責めるから堪らない。

お節介もここまでくると嫌がらせかと言いたくなる。

がんに悩んでいる暇もないほど、がん患者にはいろんなできごとが起こるものだ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • NHKスペシャル 「キラーストレス」NHKスペシャル 「キラーストレス」 がんの告知を受けた患者は、さらに大きなストレスに曝されます。免疫系の活動が弱体化して、がん細胞の増殖がより早くなるのです。 またストレスホルモンは、免疫細胞のATF3遺伝子 […]
  • 福島原発事故、遺伝子異常が現れるのは10世代先 スイスでは原発の二〇三四年までの段階的廃止と新設禁止を全州議会(上院)が承認して、脱原発の法案成立が確実になった。そのスイスのニュースを日本語で紹介して いるswissinfo. […]
  • 巾着田曼珠沙華公園と寺坂棚田のヒガンバナ巾着田曼珠沙華公園と寺坂棚田のヒガンバナ 両陛下が前日に訪れた巾着田に行ってきました。 天皇、皇后両陛下は20日、私的な旅行で、埼玉県日高市の高麗神社を訪問された。高麗神社は、朝鮮半島の高句麗が7世紀に滅亡した前後に、 […]
  • 今日の一冊(12)『量子コンピューターが本当にすごい』今日の一冊(12)『量子コンピューターが本当にすごい』 量子コンピューターはすごいらしい。何がすごいかって、日本のスパコン「京」が年かかる計算を数十秒でやってのけるという。暗号やパスワードなんかも、たちどころに解除 […]
  • 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ 西村元一さんの5月12日付コラムがヨミドクターにありますが、こんなことを話しています。 「患者同士が交流する意義」  今回、自分自身が患者の立場となり、今まで医師 […]
  • がんワクチンの話題がんワクチンの話題 膵臓がんのペプチドワクチン「エルパモチド」の第三相臨床試験で有意差が出なかったことで、急速に期待感がしぼんでしまったがんペプチドワクチン。最近はその情報にもあまり接することがなく […]
  • 抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」   抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付く […]
  • がん患者にはどのような食事がよいのか?がん患者にはどのような食事がよいのか? がんになってからの食事はどのように気を付ければ良いでしょうか。主治医の先生に聞いて見ても多分「好きなものを食べていいですよ」とか、「これまでどおりでいいですがバランス良い […]
LINEで送る
Pocket

お節介” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    はなさん。
    午後11時までの手術とは14時間もの長時間ですか。大変な難手術だったのでしょうね。親戚の方のどなたかに買い出しの手助けを頼めば良かったかも知れませんね。
    5Yearsで読ませて戴いていますが、弟さんのその後は順調なのでしょうか。アブラキサンも効果がある人にはすぐに現れるといいますから、効くと良いですね。腹水があるとすれば腹膜播種もあるかもしれません。まだ小さいお子さんも折られるのですから、心配ですね。
    良くなることを祈念しております。

  2. はな より:

    お節介というと申し訳ないですが、弟の手術の時、朝の9時頃にエレベーターまで見送り、8~9時間と言われてました。午後4時頃から親戚の方々が続々と見え、手術はなかなか終わらず夜の8時頃には皆さんへの夕食の手配やらで大変なことに。午後11時ころに手術が終わり主治医の説明のときにも部屋に入りきらずドアの付近までいっぱいになりました。遠い親戚の方には遠慮してほしかったです。心配して夜中まで居てくださったのでしょうけど、お茶やらも何度も買いに走りました。疲れました。その時のことを思い出してコメントさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です