「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


市民公開講座「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」

第17回日本臨床腫瘍学会学術集会の市民公開講座が開催されます。

がん患者・ご家族、市民の皆さんだけでなく、がん医療に関わる医療者の皆さんのご参加もお待ちしております。

遺伝子パネル検査による個々の患者さんの情報に基づく効果的ながん治療。

今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療は今、医療者にとってだけでなく、がん患者、家族、市民、あらゆる立場にとっても「革新への挑戦と変革」の時です。

この市民公開講座では、これまでのがん診療、今現在のがん医療を知り、これからのがん医療を共に考える機会とすることを目的とします。

4月1日からゲノム検査が健康保険適用となるなど、がん治療は大きな変革期にさしかかっています。将来の患者のためだけではなく、現在の患者にとっても、こうした動向を抑えておくことが、ご自身の治療戦略を決める上でも重要です。

日時:2019年6月9日(日)開会14時(会場13:30)

場所:国立がん研究センター研究棟1階 大会議室

参加費:無料事前の申込みが必要です

プログラムの要旨

① これまでのがん医療
(特に薬物療法の進歩:抗がん剤から免疫チェックポイント阻害剤の登場)

② 今現在のがん医療
(個別化医療に向けた遺伝子パネルに基づくがん医療への取り組み)

③ これからのがん医療(遺伝子パネルに基づくがん医療への期待と問題点)

プログラムの詳細と申込みは、下記の専用サイトへ


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す