市民公開講座「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

第17回日本臨床腫瘍学会学術集会の市民公開講座が開催されます。

がん患者・ご家族、市民の皆さんだけでなく、がん医療に関わる医療者の皆さんのご参加もお待ちしております。

遺伝子パネル検査による個々の患者さんの情報に基づく効果的ながん治療。

今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療は今、医療者にとってだけでなく、がん患者、家族、市民、あらゆる立場にとっても「革新への挑戦と変革」の時です。

この市民公開講座では、これまでのがん診療、今現在のがん医療を知り、これからのがん医療を共に考える機会とすることを目的とします。

4月1日からゲノム検査が健康保険適用となるなど、がん治療は大きな変革期にさしかかっています。将来の患者のためだけではなく、現在の患者にとっても、こうした動向を抑えておくことが、ご自身の治療戦略を決める上でも重要です。

日時:2019年6月9日(日)開会14時(会場13:30)

場所:国立がん研究センター研究棟1階 大会議室

参加費:無料事前の申込みが必要です

プログラムの要旨

① これまでのがん医療
(特に薬物療法の進歩:抗がん剤から免疫チェックポイント阻害剤の登場)

② 今現在のがん医療
(個別化医療に向けた遺伝子パネルに基づくがん医療への取り組み)

③ これからのがん医療(遺伝子パネルに基づくがん医療への期待と問題点)

プログラムの詳細と申込みは、下記の専用サイトへ


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 粒子線治療の新兵器粒子線治療の新兵器 膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。 しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。 粒子線はそのエ […]
  • 「がんゲノム医療」が「先進医療」に「がんゲノム医療」が「先進医療」に 「がんゲノム医療」が先進医療として行われることが、厚生労働省の専門家会議で決定されたと報じられています。 がん患者の遺伝子を調べて最適な薬を選ぶことができる […]
  • 中村祐輔先生の『がん消滅』中村祐輔先生の『がん消滅』 ネオアンチゲン療法、自由診療なので、2クール310万円 腎臓がん患者は6クールで消失した例ですが、それには約1000万円必要だったわけです。 免疫療法は効果が出るまでにあ […]
  • 市民公開講座 動画配信市民公開講座 動画配信 6月に行われた「第17回日本臨床腫瘍学会学術集会における市民公開講座」の動画が、YouTubeに8月21日に公開されていますね。私も申し込んだのですが、ちょうどSmile […]
  • 遺伝子解析は全ゲノム検査へ遺伝子解析は全ゲノム検査へ 日経の記事を見ると、遺伝子検査でイギリスは一番進んでいる。 日本の遺伝子パネル検査はせいぜい数百の遺伝子解析だが、イギリスは 国民医療制度(NHS)の下で […]
  • 臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える 転移・再発した膵臓がん患者の方に朗報です。 NTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する国内で初めての治療薬 中外製薬の9月4日付ニュースリリースによると、 「NTRK融合遺伝 […]
  • GI-SCREENからMONSTAR-SCREENへGI-SCREENからMONSTAR-SCREENへ 産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」の第三期プロジェクトを開始すると、国立がん研究センターのサイトに発表されています。 消化器がん […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です