「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


5/19『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2024年5月19日(日) 14:00~16:00(開場:13:45)
【会 場】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円
【対 象】膵臓がん患者とその家族、ご遺族
【定 員】60名
【内 容】
   第1部 ミニレクチャー:HIFU(強力集束超音波治療法)の治験とは」オンコロ:金川潤也さま他
   第2部 患者・家族の交流会
申込締切は5月16日(木)19:00です。

詳しくはオフィシャルサイトで

RICOH GRⅢ 買いました。

フィルム時代から、RICOHのカメラ GR は使っていました。単焦点28mmのレンズの描写力が半端ではなくて、新宿の街を激写している写真家の森山大道氏も常用カメラにしていましたね。

心の動いた瞬間を切り取る、撮影者のセンスがダイレクトにフィードバックされる撮影スタイル。
小さなカメラを持ち歩くだけで、かけがえのない日常に気づかされる。誰もが創造者になれる。そして、世の中が、人生が、きらきら輝いてくる。

そんな思いが込められてファンとともに歩んできたGR。

ともかく、常にカメラを持ち歩くことができる。シャッターチャンスを逃さない。小型でしかも画質が良い。これがGRのコンセプトでした。多くのプロがサブカメラとしてGRを使っていました。

しかし、2005年にGRもデジタル化。これも購入したが、センサーサイズが小さく、GRの画質ではありませんでした。なのでしばらくGRとは遠のいていました。が、先月発売されたGRⅢは、APS-Cサイズで、ローパスフィルターレス構造のセンサーに2400万画素、手振れ補正がついて、やっと使ってみようかという気になりました。

早速街歩きの散歩写真。GRの魅力は、ズボンのお尻ポケットにも入れておける携帯性です。専用の本皮ケースも同時に買いました。

フィルム時代のGRには、ほとんどリバーサルフィルムを入れてましたが、GRⅢの画質もリバーサルに近いです。

レンズ特性を余すことなく活かした高い解像度、色の乗りも私好みで良いです。

街歩きが楽しくなりそうです。でも、脊柱管狭窄症を治してからだなぁ。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です