『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

死が怖いのは、動物としての本能ですから、誰にでもあたりまえに怖いです。ロシアン・ルーレットで拳銃を頭に突きつけられて、引き金を引け、といわれたら、脂汗がたらたらと流れます。そのような状況になるのは御免被りたい。

でもね。どうして死ぬのが怖いのでしょう。死ぬ直前までは生きています。死んだあとは自分の意識ももちろん無いのだから、死んだことすら理解できません。あたりまえですが。

死の瞬間が苦しくて痛みがあったとしても、死んだあなたにはもう関係のないことです。苦しかったことすら感じるあなたの意識が存在しません。

すさまじいがんとの闘争を経験した宗教学者の岸本英雄氏は『死を見つめる心 (講談社文庫)』で、死を恐れる心を、生命飢餓状態と言いました。

死を見つめる心 (講談社文庫)

死を見つめる心 (講談社文庫)

岸本 英夫
550円(02/27 05:51時点)
発売日: 1973/03/15
Amazonの情報を掲載しています

生命飢餓状態=死の恐怖との長い格闘の末、「死というものは、実体ではない・・・死を実体と考えるのは人間の錯覚である。死というものは、そのものが実体ではなくて、実体である生命がない場所であるというだけのことである」と気づいたのです。「人間にとって何よりも大切なことは、この与えられた人生を、どうよく生きるかということに尽きると考えるようになったのです。そして「死」は旅立ちであり、旅に出るときの別れと同じであると。

何度か取り上げた田中雅博さんの記事が朝日新聞にあります。

いのちのケアとは 末期がんの内科医・僧侶 田中雅博さん

栃木県益子町にある1300年近い歴史のある西明寺住職であり内科医でもある田中さんは、膵臓がんが見つかり手術をしましたが肝臓に転移しました。検査結果やデータから、「来年3月の誕生日を迎えられる確率は非常に小さい。もう少しで死ぬという事実を直視しています」と考えています。

――僧として、医師として、ずっと「死」の問題を考えてこられました。自身の死は怖くない、とおっしゃるのかと。

「そんなことはありません。生きていられるのなら、生きていたいと思いますよ。私には、あの世があるかどうかは分かりません。自分のいのちがなくなるというのは……。やはり苦しみを感じますね。いわば『いのちの苦』です。

自分というこだわりを捨てる仏教の生き方を理想とし、努力をしてきました。生存への渇望もなくなれば死は怖くないはずです。ただ、こだわらないというのは簡単ではありません」

「かといって死んでしまいたいとも思わない。生きられるいのちは粗末にしたくありません。一方で、自分のいのちにこだわらないようにする。そのふたつの間で、『いのちの苦』をコントロールしているわけです。死の恐怖や不安と闘うというよりは、仲良くしようとしている感じでしょうか」

医者であり僧侶であっても死は怖い。これが普通かもしれません。しかし、そんな自分の意志をコントロールすることはできる。できるように毎日を送る。

そして今日という日を精一杯生きることで自分の命を確認することはできます。

じっくりと死について考え、人生をふりかえってみる時間を与えられたのは、がん患者の特権です。

難しいが、できなくはないよ
親父(キノシタ)
親父(キノシタ)

そうした努力をする以外に、がんによる死を受け入れることは難しいよね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • がん患者が考える『生』と『死』がん患者が考える『生』と『死』 私たちは、死を運命づけられてこの世に生まれてきた。しかし、その死を刑罰として受けとめるのではなく、永遠の解放として、安らぎの訪れとして受け入れることができるはずである。 ま […]
  • 良寛と多元宇宙論良寛と多元宇宙論 量子力学におけるシュレーディンガーの猫の問題を解決するための仮説として、エベレットの「多世界解釈」というものがあります。そのひとつの多元宇宙論(マルチバース)が、初期宇宙や宇宙の […]
  • 加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった 本棚を大掃除して、この50年間に貯めこんだ蔵書をたくさん捨てた。老年になって物質欲にこだわるのは見苦しいと考えたからだ。まず蔵書を整理しようとしたのはそのためだ。 残ったの […]
  • バカボンのパパ:これでいいのだ!バカボンのパパ:これでいいのだ! ガンになったことが悪かったのではなく、ガンになる要因を持っていたことが悪かったのです。ガンになったらなったで、変えるチャンスです。その時に、あれこれ違う方法を探すより、生き方その […]
  • 人はなぜ死を恐れるのか?人はなぜ死を恐れるのか? 人はどうして死ぬことを恐れるのか? がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎります。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思うし、 […]
  • 膵臓がんを告知されたときから「死」の準備をしよう膵臓がんを告知されたときから「死」の準備をしよう 今日のタイトル、過激ですか? ここ最近、膵臓がんで亡くなる方、転移・再発する方が多い、そんな気がします。統計的に言えばばらつきの範囲内なのでしょうが、膵臓がんに罹る人は確実 […]
  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
LINEで送る
Pocket

『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 野島 より:

    自分の死について考えることが一つのストレスになるのは間違いありません
    例えば、30日後に心筋梗塞で亡くなる運命だとしても
    それを知らなければ平然と日々を過ごせます
    いっぽう膵臓がんと宣告されれば、その後20年生きる運命だとしても
    やはりつねにストレスにつきまとわれることになります
    近藤誠医師が、検診は受けるなと言うのも
    真意はそのあたりにあるのだろうと考えています

野島 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です