スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化

こちらのクラウドファンディング、応援しています。目標まで、あと僅かです。

発見と治療がしづらい膵臓がんを取り巻く現状を、画像診断に関わる立場から変えていくために、早期発見は極めて重要です。私たちは、現在使用されている診療ガイドラインと照らし合わせながら、より踏み込んだ独自の診断基準をつくり、膵臓がんの早期発見を目指して日々の診断を行っています。

さらに多くの膵臓がんの患者さんを私たちの技術で救えるように。その思いから、AIによる画像診断ソフトウェアの開発を行うことを決意いたしました。

しかし、本ソフトウェア開発に向けては、診断画像をもとにAIに覚え込ませるための作業が必要であり、人の手で地道に行わなければなりません。本プロジェクトはこれにかかる費用の一部を皆さまから募ります。

膵臓がんの早期発見を目指して、AI画像診断ソフトウェアの開発へ歩みを進めるために、皆さまのご支援・応援をよろしくお願いいたします。

医療法人社団豊智会


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • どうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのかどうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのか 週刊現代の2021年11/13.20合併号の「医療スペシャル」として膵臓がんが取り上げられています。 記事には、3人の膵臓がんサバイバーが登場します。 膵臓 […]
  • 「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命 ブログの更新も随分と時間が空きました。正直今週はめちゃ忙しい。七十歳過ぎの老人がフルタイムで平日まるまる働かされています。 こんな腰痛持ちの老人を必要と思ってくれる人がい […]
  • メラトニンと膵臓がんメラトニンと膵臓がん 私は膵臓癌の手術が終わった直後からずっとメラトニンを服用しています。多分10年以上になるはずです。 もちろん膵臓癌の再発防止が主目的ですが、国際線のパイロットやCAはジェ […]
  • 膵癌の『腹膜播種診療ガイドライン』膵癌の『腹膜播種診療ガイドライン』 膵癌で腹膜播種あるいは腹水があれば余命は厳しいです。『膵癌診療ガイドライン2019』では、腹膜播種や腹水がある場合のエビデンスのある治療法については詳しくは述べられて […]
  • 膵癌術後補助化学療法に、mFOLFIRINOXの有効性が証明された膵癌術後補助化学療法に、mFOLFIRINOXの有効性が証明された 膵臓がんを完全に治すには、手術によってがんを残すことなく切除することが重要です。しかし現実には、他のがんに比べて、手術後の再発率が高いことが、膵臓がんの大きな課題です。 […]
  • ガイドラインと解説にオラパリブが追加されましたガイドラインと解説にオラパリブが追加されました 日本膵臓学会のサイトに、『膵癌診療ガイドライン 2019』及び『 日本膵臓学会のサイトに、『膵癌診療ガイドライン 2019』及び『膵癌診療ガイドライン2019 […]
  • 線虫で膵臓がん早期発見のニュース線虫で膵臓がん早期発見のニュース 超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと、すい臓がんが見つけやすくなるってニュースがあったけど、今度はこれ。 早期の発見が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんにつ […]
  • FOLFIRINOXの維持療法はどれが良いか?FOLFIRINOXの維持療法はどれが良いか? 遠隔転移を有する膵癌患者のファーストライン治療として、FOLFIRINOX併用療法またはゲムシタビンとnabパクリタキセル併用療法が推奨されています。 FOLFIRINO […]

膵臓がん早期発見へ、診断内容をAIソフト化” に対して2件のコメントがあります。

  1. あもんぐ より:

    いつも更新ごくろうさまです
    医学・生理学は管理人さんがつねづね書かれているように
    複雑系なんですが、医療工学はそうでもありません
    ですから、ここ数十年の医療機器の進歩は目覚ましいですよね
    それにAIを組み合わせて早期診断を目指すのは
    よい方向性だと思います
    まあ、小さい段階で見つけてもすでに転移しているということも
    あるでしょうが、それでも助かる人は多くなると思います
    治療法ではないので、現在闘病中の方の役にはたたないかもしれませんが

    1. キノシタ より:

      あもんぐさん。
      そうですね。早期発見といわれても、現に膵臓癌を持っている身には虚ろに響きますね。

      人工知能は要するに数学的処理ができるだけです。そして数学は、論理と確率と統計で構成されています。
      統計から外れる現象などは日常茶飯事ですから、AIに頼り切るのも危険ではないかと思っています。

コメントを残す