スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

「膵臓がんの集い」Web交流会、12/9まで申込み受付

『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会も12回めの開催を迎えます。

現在定員の半分ほどが埋まっております。

同病の仲間との交流と意見の交換は、得難いものがあります。

佐藤先生への質問や参加者名簿を整理する時間が必要なので、参加申込みの締切を12月9日午前9時とさせていただきます。

事前配布の参加者名簿は下記のようなフォームで、参加者の病状や治療歴がわかるようになっています。これをもとに、「この方に聞いてみよう」などという活用をしております。

参加をご検討中の方は、早めの申込をお願いいたします。

佐藤先生への質問は、どのようなことでもよろしいので、セカンドオピニオンのつもりで遠慮なくお書きください。

すでにたくさんの質問が参っております。いくつかを掲載してみます。
  • 申し込み現在、術後丸3年になろうとしているところです。CEAが6~10内をいったりきたり、CA19-9が50~120をいったりきたりしています。画像では再発、転移をさがしても見つからない状態です。外科主治医や糖尿内科の主治医は糖尿が原因かもしれないと言うことです。今現在術後よりTS-1を服用していて外科主治医に「TS-1はいつまでも飲む薬ではないのでそろそろ止め時では」と言われていますがマーカーが基準値より高いため止めるのが再発、転移になるのではないか?と不安で止めるのが怖いです。やはり飲み続けるのはダメなんでしょうか?他の血液データは副作用でHやRはありますがTS-1は飲める状態です。自覚症状は特に気になる症状はありません。よろしくお願いいたします。
  • 基本的には食事は何を食べてもいいと思うのですが、注意した方がいいとか控えた方がいいものがあれば教えて下さい。また運動はどの程度の強度でどのくらいの時間すればいいかも知りたいです。
  • m-FOLFIRINOXで2年間、再発転移なく治療後、膵頭部拡大のため黄疸→ステント処置。ゲムシタビンアブラキサンに変更になり治療中(6回目終了)です。①関節痛、吐き気、倦怠感副作用あり。イメンド、デカドロンは有効か?保健で使えるか?他に有用な佐薬はないか?②m-FOLFIRINOXは投与間隔2週間のうち1週間はADL改善し運動も出来たが、ゲムシタビンに変更後は投与間隔が1週間あるいは2週間。副作用から回復しないまま治療になる。膵頭部拡大のみであれば減量と投与間隔を2-3週間にして良いか?③今後起こりうることは何か?どういう症状がどんなふうに現れると考えるか?④この状態で放射線療法の併用の意義と是非についてご意見をお願いしたい。
  • 2021年2月に告知を受けすぐにTSー1とゲムシュタビンの投与治療開始。4月の血液検査で腫瘍マーカーが上昇していた為、アブラキサンとゲムシュタビンに変更。順調に腫瘍マーカーが減少して行くも9月から数値が横ばいから上昇に転じ始め10月からフォルフィリノックス療法を始めております。告知当初CTでは膵管内に癌が留まっているように見えるも、癌マーカーが高値に出ており細胞レベルで肝臓転移を考えられると言われ、すぐに手術はせず先ずは抗がん剤治療をと言うことで現在に至っています。癌マーカーを標準値以下に戻すまでこのまま標準治療を続けて行くだけで良いのか、違った療法を併用した方が良いのか、この癌と対峙する為に日々の食事に気を付けないといけない点はあるのか知りたいと思っております。

膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 高額な自由診療に騙されないために高額な自由診療に騙されないために 大須賀覚医師が高額な自由診療(免疫細胞療法)の裁判を上げて批判のツイートをしています。 医療問題弁護団の大瀧弁護士の寄稿、私もよく引用させてもらっています。 高額なが […]
  • FOLFIRINOXの維持療法はどれが良いか?FOLFIRINOXの維持療法はどれが良いか? 遠隔転移を有する膵癌患者のファーストライン治療として、FOLFIRINOX併用療法またはゲムシタビンとnabパクリタキセル併用療法が推奨されています。 FOLFIRINO […]
  • 今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』 がん患者の多くは餓死している 久しぶりの「今日の一冊」で、先日デジタル断食の際に読んだ本です。がん患者はがんではなくて餓死するのだと、長尾医師や梅澤医師もよくブログに書いて […]
  • 「呪いの言葉」と「善意の謀略」「呪いの言葉」と「善意の謀略」 前沖縄県知事の翁長さんが膵臓がんで亡くなったとき、マスコミや週刊誌に登場した識者や医師などから「手術が死期を早めた。放射線なら助かった」と憶測による無責任は発言がありまし […]
  • HDR写真の作り方HDR写真の作り方 このところ、HDR写真(High Dynamic Range […]
  • 医療が目指すのは延命だけ?医療が目指すのは延命だけ?   川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科医の西智弘先生が新刊を出されます。そのなかから、幼い子どもを抱え、ある日突然、膵臓がんと診断されたタムラさんの […]
  • がん患者が考える『生』と『死』がん患者が考える『生』と『死』 私たちは、死を運命づけられてこの世に生まれてきた。しかし、その死を刑罰として受けとめるのではなく、永遠の解放として、安らぎの訪れとして受け入れることができるはずである。 ま […]
  • 未承認のがん免疫療法、臨床腫瘍学会が警告未承認のがん免疫療法、臨床腫瘍学会が警告 この種の警告、確か何度か見たことがあるはず。それでも被害がなくならないってことか。 さらに、本庶佑氏のノーベル医学生理学賞の受賞を機に、騙す手口がより巧妙になっているからか […]

コメントを残す