「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


10/23『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2022年10月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円(会場1への参加者のみ)
【会場2】YouTubeでのオンライン同時配信:参加費は無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【定 員】合計 約 100名
【内 容】
第1部 講演:「膵臓がんから15年、治った理由」木下義高
第2部 患者さん同士の情報交換・交流会
リアル会場での参加とYouTube同時配信のハイブリッド開催となります。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

運動は、膵臓がん腫瘍を縮小させる

がんと運動については、すでに十分すぎるほどの効果に対するEvidenceがあります。

がん関係の研究誌では信頼できる出版物のひとつであるCancer Cell 誌に、運動による膵臓がん腫瘍への研究論文が掲載されました。

マウス実験のレベルですが、

ここでは、有酸素運動が全身および腫瘍内免疫を調節することにより、PDA腫瘍の成長を減少させることを示しています。機械論的に、運動は免疫動員と腫瘍浸潤IL15Rα +の蓄積を促進します腫瘍保護効果の原因となるCD8T細胞。臨床サンプルでは、​​腫瘍内CD8T細胞の運動依存性の増加も観察されます。インターロイキン(IL)-15 /IL-15Rα軸の翻訳の可能性を強調するIL-15スーパーアゴニスト(NIZ985)治療は、腫瘍の成長を抑制し、生存期間を延長し、化学療法に対する感受性を高めます。最後に、運動またはNIZ985は両方とも、膵臓腫瘍をαPD-1に感作させ、抗腫瘍および生存の利益を改善します。まとめると、私たちの調査結果は、運動腫瘍学軸の治療の可能性を強調し、この致命的な病気の有望な治療戦略としてIL-15の活性化を特定します。

有酸素運動は、膵臓腫瘍の成長を抑え、免疫療法の効果を増幅するために免疫系を再プログラムするようだ、という米国ニューヨーク大学などからの研究報告です。

有酸素運動は、がんの発生率の低下と死亡率に関連していますが、現在の治療選択肢が限られている膵管腺癌(PDA)に対する運動の影響についてはほとんど知られていません。

この研究では、有酸素運動が全身および腫瘍内免疫を調節することにより、膵管がん腫瘍の成長を減少させることを示しています。

研究チームは、運動がインターロイキン-15(IL-15)に感受性のあるCD8 T細胞の生存を促進し、マウスの膵管がん(PDAC)腫瘍にホーミングする細胞の数を2倍にすることを発見したという。

週5回の30分間の有酸素運動により、PDACの1つのマウスモデルでがん形成率が50%減少した。

別のマウスモデルでトレッドミルで3週間走ることで、腫瘍重量が25%減少した。

なども報告されている。

「私たちの研究は、運動と関連するIL-15シグナルが、治療抵抗性の膵臓腫瘍を刺激して、免疫ベースの治療法に対する反応を改善できることを示しています」と主任研究者のダフナ・バーサギ博士は述べている。

「軽度の運動でさえ腫瘍の環境を大きく変える可能性があるということは、壊滅的な病気の負担と選択肢がほとんどない患者の治療におけるこのアプローチの可能性を示しています。」

軽度の運動であっても、治療選択肢の少ない膵臓がんには大きな効果が期待できます。

私の個人的な印象でも、運動を続けている膵臓がん患者は長生きで元気な方が多くいます。

膵臓がんのブログでも、登山を趣味にしている方、このブログにもときどきコメントを寄せられるホノルルのフルマラソンにも参加した方など、素晴らしい患者さんがたくさんいます。

なにはともあり、自分にあった運動を! 散歩だけでもいいのです。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す