「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


5/19『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2024年5月19日(日) 14:00~16:00(開場:13:45)
【会 場】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円
【対 象】膵臓がん患者とその家族、ご遺族
【定 員】60名
【内 容】
   第1部 ミニレクチャー:HIFU(強力集束超音波治療法)の治験とは」オンコロ:金川潤也さま他
   第2部 患者・家族の交流会
申込締切は5月16日(木)19:00です。

詳しくはオフィシャルサイトで

ブログ内検索

最新の記事

テリーさんへの手紙

テリーさん。手術の成功と退院、おめでとうございます。今は少しは食事もとれるようになってきた頃でしょうか。 そしてこれから術後補助化学療法としての抗がん剤治療が始まりますね。でも同時に「がんサバイバー(生還者)」への第一歩を踏み出すのだという決意をお持ちだと思います。 テリーさんは、私と同様に大腸がん ...

ASCO 2008の生存率

ASCO 2008(5/30-6/3) CONKO-001において腫瘍切除後の膵癌患者にゲムシタビン(ジェムザール)を投与した場合の第Ⅲ相試験の結果が発表されている。ASCO 2005 での口頭発表、2007年1月のJAMA誌での経過報告を経て最終発表が行なわれたものです。 それによれば、初期膵臓癌 ...

転移ではなかった

サードオピニオンで四次元ピンポイントの放射線治療をする予定だったが、植松先生の提案でもう一度CTを撮ることになった。 昨年のすい臓がんを見つけたときにお世話になった山王の伊藤医院でお願いすることにした。この病院で撮ることにしたのは、手術前のCTデータがあるはずだから、それと比較すればPET-CTでの ...
/ 退院から完治まで

サードオピニオン

四次元ピンポイントの「スーパー・フォーカル・ユニット」による放射線治療の適用が可能かどうか、サードオピニオンを受けた。 天王洲アイル駅の近くの報知新聞社前で待ち合わせて面接場所へ。「明るいがん治療」の著者である植松稔先生の直接の面接。どことなく若いころの堀内孝雄に雰囲気が似ていました。 部屋に入るな ...

ガンと心=癌は自分で作った

20代の頃自律訓練法をしばらくやったことがある。そのころストレスからくる執拗な不整脈に悩まされ、大学病院でも検査をし、当時としては画期的だという薬で治療をしたが全く好転しなかった。あるとき、日本における心療内科の草分け的存在である九州大学・池見酉次郎先生の著作を読んで自律訓練法の存在を知り、自分なり ...

膵臓癌にサイバーナイフ使用可能に

これまで頭部と頸部の腫瘍だけに限られていたサイバーナイフによる治療が、脊髄、肺、肝臓、膵臓、前立腺、腎臓などを含めたすべての体幹部腫瘍の治療に使用されることになったそうです。厚生労働省が6月に適用拡大を承認したため、今後はこれらの癌にも使用が可能になります。ただし、保険適用になるのは脊髄、肺、肝臓な ...
/ 膵臓がんの知識・情報

腫瘍マーカの推移

昨年の手術以後の腫瘍マーカの値をグラフ化してみました。 UクリニックでPET-CTをやっておこうと言われたのは、この腫瘍マーカが「正常値」の範囲内ではあるが、右肩上がりだと先生が言われたためです。正常範囲は、 CA19-9  0~35.0 CEA    0~5.0 グラフ化してみると、なるほど、CA ...
/ 退院から完治まで

信頼できる医者とは?

昨日のブログでは、Uクリニックのことを少し辛口で書いたかもしれません。しかし私はこの先生を信頼しています。 癌の治療に関しては私は素人です。一所懸命に知識を得ようとはしていますが、数十年も癌治療に関わってきた専門家には当然のことながら及ぶはずもありません。巷には肩書を利用して悪徳代替医療の「広告塔」 ...
/ 退院から完治まで

PET-CTの結果、リンパ節への転移発見

PET-CTの結果を聞くためにUクリニックへ。 先生が開口一番「いますね。」 大動脈近くのリンパ節に転移した腫瘍があるらしい。大きさは5mmほど。「この程度の大きさではCTでは見つかりませんね。」とのこと。 先生「どうしますか?」 いきなりどうしますか?と言われても、ある程度の予想はしていたとはいえ ...
/ 退院から完治まで

すい臓癌の新しいエビデンスと治療薬

今年のASCO(米国臨床腫瘍学会)で、「すい臓癌の手術後の再発を抑える本格的な薬」として、こんな記事が配信されている。【米国臨床腫瘍学会“ASCO”2008】 すい臓がんの手術後の再発抑える本格的な薬すい臓がんの手術ができる人は幸運だ。すい臓がんは体の奥深くにできて見つかりにくく、自覚症状が乏しい。 ...
/ 膵臓がんの知識・情報

注目記事

定位放射線療法(SBRT)と増感剤の併用は膵臓がんの治療成績を改善

SBRT Radiation Therapy - San Antonio, TX テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびモフィットがんセンターによる第1b/2相試験で、局所進行膵臓がんに対して、定位放射線(SBRT)と増感剤の併用で、無増悪生存期間(PFS)と全奏効率(ORR)が大きく改善す ...
/ 膵臓がんの知識・情報

膵臓がんにも光免疫療法:第1相試験開始

オンコロに紹介された情報です。 楽天メディカル株式会社は8月3日、同社が創薬した抗CD25抗体-色素複合体である「RM-1995」と、波長690nmのレーザ光照射のための機器を用いたアルミノックス治療(光免疫療法)について、「肝転移を有する進行または再発固形がん」に対する第1相臨床試験(RM-199 ...

膵臓がんの重粒子線治療

4月から局所進行膵癌の粒子線治療が保険適用に 1月8日付の記事でも紹介しましたが、この4月から膵臓癌に対する粒子線治療(陽子線治療と重粒子線治療)が保険適用となります。 これまでは先進医療として粒子線治療を受けることもできましたが、患者の自己負担金が300万円ほど必要でした。そのために治療を諦めざる ...

佐藤典宏先生の講演動画:限定公開

先日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会における佐藤典宏先生の講演動画を限定公開いたします。 先日の Web 交流会も、患者と家族の皆さんの熱い思いがひしひしと伝わってくるような集いでした。初めての方が半分以上で、最初はしゃべっていただけるだろうかと心配もしましたが、皆さん積極的にどんどん発言 ...
/ 膵臓がんの知識・情報

どうすれば膵臓がんが治るのか? 佐藤典宏先生の講演動画

佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療ー外科医の立場から」 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は盛況のうちに終わりました。3時間半にわたる交流会でしたが、ご講演の佐藤典宏先生、参加者の皆様、お疲れさまでした。 佐藤先生の講演の特徴は、膵臓がんでは標準治療と代替医療をうまく ...

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...

分野別の記事

サプリメント

補完代替医療

瞑想・マインド

膵臓がん

科学・哲学

MENU