スポンサーリンク

町医者に高性能CTがあった

Pocket
LINEで送る

膵臓がん確定

3351b10:10からCT検査。
紹介された病院は伊藤医院、大森駅をジャーマン坂に沿って蘇峰公園の方に行ったところにあった。木造のいかにも町医者という感じの病院(正確には”医院”)である。こんなところにCTが・・・と思わせるようなこじんまりとした古い建物だ。

しかし診察室に入ると東芝製の最新式のマルチスライスCTが備えてあった。先生は若い。聞くところによると、CTを買うことを条件に大学の勤務医をやめて病院を継ぐことにしたのだと言う。なるほど、農家の息子が高級車を買うことを条件に農業を継ぐのと同じことかと思ってしまった。

しかし、若い先生だが、診察も結果の説明も懇切丁寧で、長い時間をかけて納得がいくように説明してくれた。

「80%悪性だと思います。しかし、まだ可能性があります。可能性があるからこうして詳しく説明しているのです。」

「肝臓その他リンパ節への影響もCTで見る限りはなさそうです。十分手術できる段階ですから、急いだほうが良いです。」とのこと。私が「先生、これは死刑宣告ですよね」というと、「まだ良性の可能性もあるし、とにかく急いだほうが良いですよ」とのこと。

超音波で影が映っていた部位は膵尾部であり、腫瘍は膵体部という中央付近。この腫瘍が膵管を詰まらせたので膵管が膨張してその影が超音波で検出されたもののようだ。実際の腫瘍は中央部にあった。(画像の黄色い丸印)

癌研有明に決めた

できあがったCT画像を持って、主治医のT先生の元へ。
「どこの病院にしますか? 決めてありますか?」と確認されたので、「癌研にします。」と応えた。「癌研有明ですね。」と念を押されて、「紹介状は夕方までに書いておきますから」

癌研有明のHPをみると、初診も電話予約してくださいとある。17時ぎりぎりに電話をかけて予約を入れた。14日に予約がとれた。

やれやれだ。ここまでは運よく(運良くというのかなぁ?)順調に、しかも最短時間で処理できた。

今後の仕事のこともあるので、とりあえず同僚のNさんに電話で癌になったことを告げる。そういえば7年前に直腸がんになったときにも最初に彼に電話をしたなぁ。妻にはまだ告げていない。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 7年目の検査 完全治癒宣言7年目の検査 完全治癒宣言 昨日は1年ぶりのがんの定期検査でした。 腫瘍マーカー、造影CT検査の結果は「異常なし」。いくつか正常範囲から外れた項目もありますが、極わずかであり問題なし。 先生からは「 […]
  • 定期検診定期検診 今日は3ヶ月ぶりの癌研での定期検診でした。CT検査はなしで、血液検査と主治医の診察だけ。 血液検査の結果は、ヘモグロビンA1Cの値が6.0で、正常値4.3~5.8を少し上回ってい […]
  • 血糖値が下がらない !血糖値が下がらない ! 膵臓がんだって! 7年前に直腸がんの摘出をした私が、今度は膵臓がんになってしまった。 さまざまな出来事があり、悩みがあり、心の大きな葛藤があった。 そんなできごとを、淡 […]
  • 告知宣言 今日から私はがん患者になった告知宣言 今日から私はがん患者になった 妻には内緒で家を出た 妻には千葉に車で出張だと偽って家を出た。 あいにくの雨模様の天気だ。車で癌研に向かうと途中からフロントガラスに雨粒が当たりだした。癌研の地下駐車場に […]
  • 転移ではなかった転移ではなかった サードオピニオンで四次元ピンポイントの放射線治療をする予定だったが、植松先生の提案でもう一度CTを撮ることになった。 昨年のすい臓がんを見つけたときにお世話になった山王の伊 […]
  • 『がんワクチン治療革命』中村祐輔 ペプチドワクチンOCV-C01の第Ⅲ相臨床試験が再開されました。カクテルワクチンの最終段階の試験が始まり、私たち膵臓がん患者にとっては期待が高まる一方です。日刊工業新聞の次の記事 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA