スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

ASCO 2009 膵臓癌関係の発表

ASCO2009も終わったようです。今年はすい臓がんに関するビッグニュースはなさそうですが、パンキャンによると74題の演題があったようです。

  • 術前・術後補助化学療法     7
  • 局所新興膵癌                  12
  • 進行膵癌(1st Line)          32
  • 進行膵癌(2nd Line)           3
  • 免疫療法                         2
  • 治療効果・予後予測          10
  • 腫瘍マーカ                        4
  • 研究                                4

との内訳が出されていました。

ASCOの今年のテーマは「がん治療の個別化」で、ASCO会長のオープニング基調報告では、がん治療のオーダーメイド化(個別の患者にあった治療法を選択する)を訴えています。
「がん患者は、一人一人が生物学的・臨床的に異なり、また、社会的・経済的にも異なるなかで、すべての患者をひとつの方法でマネジメントすることは適切ではない」。新しい診断ツールにより、患者の薬物代謝など予後に関連する特性で容易に分類できるようになったことが指摘された。こうした薬物代謝の違いは遺伝的な多様性からきていることもわかってきた。血液検査を行うことで、副作用が少なく、予後が改善される治療へと患者を誘導することが可能だ。

年齢や性別、がんの進行状態に関わりなく、一律に抗がん剤を投与して副作用で苦しませる治療方法は、もはや見直されるべきだということでしょう。がん患者個別の状態に応じた『さじ加減』が必要だということです。こんなことは本来当たり前のことであり、これまでの「標準的抗がん剤治療」が患者の立場に立っていなかったということです。日本での今後の治療法にも影響することを期待したいと思います。

膵臓癌に関する発表では以下のものが注目されます。

  1. このブログの4月21日で紹介したセレンクリニックの樹状細胞療法がASCO2009でも発表されています。「The 2009 ASCO Annual Meeting」参加のご報告 ~膵がんに対する樹状細胞ワクチン療法について報告~
  2. 膵がん術後の補助化学療法、ゲムシタビンと5-FU/FAの間で生存期間に差なし (がんナビ)
  3. ESPAC-3(v2) 試験:膵管腺癌切除後患者において術後補助化学療法としての5-FU/LV療法とgemcitabine療法を比較する国際的多施設共同非盲検無作為化第III相試験
  4. 進行膵臓がん患者に第一選択薬とエノキサパリンを併用で静脈血栓塞栓症リスクが有意に低下  (がんナビ)
  5. 進行膵癌に対する化学療法±低分子量ヘパリン(エノキサパリン)同時併用のランダム化比較試験: CONKO 004試験

2と3、4と5は同じ発表のリンク先が違うものを挙げてあります。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 持続血糖測定器(CGM) FreeStyleリブレが保険適用に持続血糖測定器(CGM) FreeStyleリブレが保険適用に アボットジャパン社からは、FreeStyle […]
  • エビデンスは誤解されているエビデンスは誤解されている ガイドラインはエビデンス(科学的な根拠)ではない UMSオンコロジークリニックに「私たちが治療のガイドラインを重要視しない理由」という文章がアップされています。 UM […]
  • AIを使って膵臓がんを早期発見AIを使って膵臓がんを早期発見 自覚症状がなく、見つけにくい膵臓がんですが、ステージ0やⅠで早期発見されれば、生存率は大きく向上します。 日本では「尾道方式」などの現場での工夫がされていますが、ア […]
  • 『モモ』で考える、時間と死『モモ』で考える、時間と死 ミヒャエル・エンデの『モモ』は、灰色の男たち=時間どろぼうを登場させることによって、時間の節約=効率主義が、人々から人生のゆとりと生き甲斐を奪うということを、ファンタジーの形式で […]
  • 変異株対策にN95マスク変異株対策にN95マスク インドでは新型コロナウイルスの新規感染者が1日あたり40万人以上に達するなどの影響で、各地で医療崩壊が起きている。死者の数もものすごい勢いで増加。 現地では1つのウイルス […]
  • 今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏 膵臓に関心がない糖尿病専門医 「20年間も大病院の糖尿病専門外来に通っていたのに、気づいたら膵臓がんの末期でした」とか、「糖尿病の治療はずっと続けていたけれど、膵臓の検査を […]
  • 『患者さんのための膵がん診療ガイドラインの解説』 改訂版が出たので、リンクを変更しました。 このたび膵癌診療ガイドライン改訂委員会では、膵癌診療ガイドライン2013の市民向け解説書として『患者さんのための膵がん診療ガイドラ […]
  • 朝日新聞の報道は「終末期患者ビジネス」の利益を代弁か?朝日新聞の報道は「終末期患者ビジネス」の利益を代弁か? 朝日新聞のペプチドワクチンに関する記事に関する情報です。少し食傷気味なのですが、膵臓がん患者にとっても大事な問題ですし、紹介する記事は、これまでのいろいろな情報と比較しても非常に […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す