がんの治療は、がんを忘れるため

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
6月19日10:00AMまで参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

DP1M1930

そろそろ桜も終わりか。


Sho(がん治療の虚実)先生のブログ「何のためのがん治療か理解していますか」の記事が良い。是非一読をお勧めします。

再発・転移したがんは、基本的に完治することはない。ならば、なぜ治療をするのか。一般的な答えは「少しでも延命効果があるから」「がんによる苦痛をやわらげるため」ということであろう。なかには抗がん剤で完治するものと勘違いしている患者もいる。宝くじに当たる程度の確率で完治する例もあるから、それを期待している場合もあるだろう。その結果は逆に寿命を縮めたり、副作用でよれよれになって、がんと闘っているのか副作用と闘っているのか、分からない状態になってくる。

今効いている抗がん剤も、いずれは効かなくなる。目の前に命の終わりが見えてきて動揺する。いわば与えられた「ロスタイム」である。そのロスタイムがどのくらいあるのかは、誰にも分からない。いずれは終わりの時が来る。死と闘って勝った人間は一人としていない。だから、ロスタイムを、命の終わりを迎えるための準備期間と考えてはどうか。死に対する恐怖におののいて生きるのはいかにも勿体ない。毎朝目覚めたときに、今日一日の人生を貰ったと考えれば良い。

ステージⅣの頭頸がんで余命1~2ヵ月と言われ、二度の千日回峰行を満行した天台宗大阿闍梨 酒井雄哉さんも『一日一生』でこう述べている。

今日一日歩いた草履を脱ぐ。明日は新しい草履を履く。今日の自分はもう今日でおしまい。明日はまた再生される。

だから、「一日が一生」と考える。「一日」を中心にやっていくと、今日一日全力を尽くして明日を迎えようと思える。一日一善だっていい。一日、一日と思って生きることが大事なのと違うかな。

たとえば、今日のメインイベントを考えてみる。小さなことで良い。近くへ桜吹雪を見に行く。味噌汁のだしに凝ってみる。好きな曲を大音響で堪能する。妻の買い物のを代わってやる。何だって良いから、今日一日、これがやりたいというイベントを考えて実行する。他人からえらく見られたいとか、世間に名を残そうとか、そのような馬鹿なことは考えない。自分の人生の時間を、自分が納得できるできごとで過ごすこと。どうしてもがんのことが頭を離れないのなら、(多くの人がそうだと思うが)それは一番最後に考えるようにすれば良い。どうすれば死なずに済むかなんて、考えたって無駄。答えなどあるはずがないと分かっているのだから。だから、治らないがんを治療する目的は、がんを忘れるためだとSyo先生も言われる。

このブログのタイトルにも『がんとは闘え。死とは闘うな! しかし、がんとの闘いだけに捧げた人生なんて、つまらない。「今ここに」ある自分を生きる。』と書いてある。

どうすればもう少し生き長らえるのかということは、今日の一日を自分らしく大切に生きることと同じでしょ。なぜなら人生とは時間だから。命を一日長くすることと、今日の一日をありがたく、有意義に過ごすことは同等なのです。そして、明日、元気で目覚められたのなら、また新しい一生を貰ったと考える。

散る桜 残る桜も 散る桜  良寛


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 金スマ 「異端の医師」近藤誠金スマ 「異端の医師」近藤誠 以前にも撮った場所だが、HDRで撮り直してみた。背景の絵はたぶん十日町市の美人林だろう。 木曜日はチェロのレッスンに自分のチェロを持っていった。車で行ったのでレッス […]
  • 「あきらめる」と「がんばらない」「あきらめる」と「がんばらない」 台風一過、風が強くて空は不気味です。 7年前、超音波検査で膵臓に異常が見つかり、CT検査で膵臓がんにほぼまちがいないと告知を受けたとき、意外と冷静だった。頭の中が真 […]
  • 規則正しい睡眠でがんを治す規則正しい睡眠でがんを治す 大西睦子さんの「夜更かしは遺伝子の働きを乱す!」 体温、血圧などのリズムを調整している体内時計が乱れが、がんや糖尿病などの疾患のリスクに関係しているようです […]
  • がんと微小環境がんと微小環境 牧野植物園(高知市)できれいに咲いていたニンファエア「紫式部」(スイレン科)。 横から鑑賞するのが一番お勧めらしいので、横からのショットも。 なるほど、優雅にすらっと立ってい […]
  • がんと運動:アピタル夜間学校がんと運動:アピタル夜間学校 アピタル夜間学校の「がんと運動」のビデオがYouTubeにアップされています。気にはなっていたのですが、実際の講義のときには見ることができませんでした。 夜 […]
  • 医療費に関するウソ医療費に関するウソ 明月院門前のアジサイ、クラシックブルーで現像 国保の保険料通知が届いた。年収は減ったはずなのにまた上がっていた。 医療費について政府やマスコミが流している […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です